構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Confusing electoral system | トップページ | Imperial Cruise to Okinawa »

Political Wisdom

政治評論家の森田実先生から、森田塾新書1と銘打った、新書版の本を頂戴した。表題は、菅民主党欺瞞政治を斬るという、かなり過激な題をつけておられ、副題は、詭弁・逃げ・だましの倫理なき菅政治は日本を滅ぼす、としている。

中に、挟み込まれた、お手紙には、次の様に書かれている。

七・一一参院選を前に訴えます。全ての有権者が欺瞞の政治を行う欺瞞の菅政権への批判者になることが、日本の政治をよくする道です。

最近の政治には、姑息な「からくり」が多すぎると思います。マスコミ操作 も度が過ぎています。「正直」さがなくなっています。二〇〇九年八月、多くの国民は政権交代によって政治がまともなものになるとの期待を持って民主党に投票し、政権交代を実現しました。しかし、この国民の期待は裏切られました。少なくとも三つの点で、日本の政治は、自民党時代より悪くなりました。

第一に国会運営の乱れです。国会は民主政治の命です。菅政権は国会を踏みにじりました。民主党は選挙に勝ったことで民主党の存在そのものを国権の最高機関にしてしまいました。国会を無視し、法律を無視するようになりました。第二にトリック、からくり、欺瞞、逃げ、偽装の政治がさらにひどくなりました。とくに菅政権になってひどくなりました。菅首相は、「政治とカネ」と普天間の問題から国民の目をそらすために「消費税」を持ち出したと私は思っています。その上、官首相は無責任発言をつづけています。

(具体的には、森田先生は、菅内閣発足直後に、衆参両院の予算委員会の総括質問をつぶしたのは、議会制民主主義の破壊であると指摘している。

戦後六五年間の政治を見てこられて、新首相登場直後の衆参両院の予算委員会を首相と政権与党の民主党が、多数の暴力でつぶすなどと言うことはあり得なかったとする。民主党は、新首相の政治信条、理念、政策についての議論を自ら封殺して、民主政治を壊したとする。)(また、参院本会議で採択すべき菅新首相の問責決議案と荒井国務大臣への問責決議案を、議院運営委員会の多数決で本会議採択を阻止してしまったことについても、国会を無視したことであり、憲法違反であり、とうてい許すことができない狼藉であると指摘しておられる。この二つの暴挙の責任をとって、菅首相は辞職すべきである、辞職しないのであれば、参院選挙で、けじめをつけなければならないと主張されておられる。

第三に、二〇〇七年夏の参院選と二〇〇九年夏の衆院選の公約(国民生活第一)を変更して、「国家財政第一」に転換しました。これで、国民生活は破壊されてしまいます。

(国会で議論もせずに、消費税10%を提案したことは余りに唐突であり、乱暴である。争点を、政治とカネの問題から、そして、普天間の安全保障の問題を消費税に切り替えた。このやり方は独裁強権的であり、しかも、自民党の選挙公約に便乗したやり方はフェアではないと指摘している。また、「増税で景気回復」と言うのは、珍妙な経済理論であ理、あまりにも無責任であるとしている。)

菅政権はトリックを使いすぎます。偽善と欺瞞の政治をやりすぎています。国民がこのトリック政治を止めないと、日本の政治だけではなく、日本社会全体が崩れてしまいます。(中略)

と、「謹呈します、読んでください」とのお手紙が入っていた。

(政治において最も危険なことは、政権が平然として国民をだまし、嘘をつくことであり、これをマスコミが批判せず偽善政治を応援することである。嘘の政治を許してはならない。国民は偽善と欺瞞の菅政治を止めなければならない。私は、偽善・欺瞞の政治を許さない。私は嘘の政治と戦う、2010年6月21日、と書いておられる。)

なお、森田塾新書の発行所は、東京都港区東麻布一-一四-九-二〇一の住所で、電話は、東京の5570-2461である。本の定価は、本体600円+税となっている。以上、ご参考まで。

森田実先生のホームページのアドレスは、http://www.pluto.dti.ne.jp/mor97512/

である。

|

« Confusing electoral system | トップページ | Imperial Cruise to Okinawa »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/48862713

この記事へのトラックバック一覧です: Political Wisdom:

« Confusing electoral system | トップページ | Imperial Cruise to Okinawa »