構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Bank | トップページ | Foreign Interventin into Japan's Postal Services and its Assets »

Chinese Conspriracy?

日本国債を外国で売ると、文字通りの売国になる可能性があるのであれば、売ることをやめるべきである。国債を投機の対象にすることもないし、日本を弱体化するために外国の謀略のために買われるのであれば困ったことだ。国債と土地や、北海道などの日本の会社の株を、そうした陰謀のあるなしを判定して、売ることを禁止するなり、規制してはどうだろうか。米国で、北京が石油会社を買収しようとして、ワシントンの議会で問題になり、売らなかったことがあった。

リンク: 日本国債購入は中国の「陰謀」だった?!円高演出し日本の競争力を削ぐ―中国紙 - 速報:@niftyニュース

しかし、本当のところは、宮崎正弘氏の解説であろう。

http://blog.kajika.net/?eid=997055

« Corrupt Bank | トップページ | Foreign Interventin into Japan's Postal Services and its Assets »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Chinese Conspriracy?:

« Corrupt Bank | トップページ | Foreign Interventin into Japan's Postal Services and its Assets »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク