構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Five years after Katrina and Disaster Capitalism | トップページ | Arabic traditional music »

Maurice Jarr --The message, an Islamic music

デイビッド・リーンの映画音楽を担当したモーリス・ジャールの音楽である。当方ブログは、音楽の細かな違いはわからないが、イスラムの音楽を基調としているらしい。優美な音楽である。アラビアのローレンスの映画音楽もこうした音楽が基調になっていたのであろうか。

十二回に音楽が分かれている。相当な長編の音楽である。魅力的な音楽であるが、当方ブログに十二回のリンクを貼るのは煩雑に過ぎるので、どうか、YouTubeを読者ご自身で検索するなりして、お聞き下さい。ネットの速度もあがり、音質も改善されてきたので、音楽として本当に楽しめるし、モーリス・ジャールの音楽は、ロマンがある。

人気ブログランキングへ

« Five years after Katrina and Disaster Capitalism | トップページ | Arabic traditional music »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Maurice Jarr --The message, an Islamic music:

« Five years after Katrina and Disaster Capitalism | トップページ | Arabic traditional music »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク