構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Ozawa: Is WSJ 'simple-minded' and prejudiced? | トップページ | B layer »

Dissemination of Historical Facts

史実を世界に発信する会から次の様な情報の提供を受けた。ご参考まで。

「日本が韓国を併合した事情を考えるとき、韓国が破産状態に近い財政危機に
あったという事実を押さえておく必要があります。その証拠に、併合翌年年(1911)
の歳入3565万円のうち韓国内からの税収は1330万円、すなわち37%に
すぎませんでした。残りの63%は日本からの支援金で賄われていたのです。
破産寸前の会社を吸収合併した、というのが韓国併合の実態であったのです。
 その後状況は改善されましたが、昭和14年でも日本からの補充金は予算の
25%を占めていました。つまり「植民地支配の収奪」などというのは事実無根、
常識的にいえば、収奪されたのは日本人だった、という結論になるわけです。
 松木論文は、豊富な1次資料に基づいて、上記の事実をはじめとする日本の
朝鮮統治の実態を明らかにしております。
 英訳文を発信する会サイトにアップし下記の通り世界の識者4千余に案内しました。
日本語原文をご希望の方にお送りします。(無料)(中略)

 Japan' Annexation of Korea:It Was the Japanese Who Were Forcibly Deprived

   Following Mr. Ko Bunyu’s essay on the annexation of Korea, we will present
Mr. Matsuki’s essay which dispels the myth that Korea was grievously harmed
during the period of Japanese Korean annexation. Rather Mr. Matsuki points out
that Japan went out of her way to treat Korean culture with respect and
encouraged its revival during the annexation period.
   The essay provides abundant primary source materials, which will
convince any fair-minded person, without prejudice or preconceptions, that
Japan had no ill-intentions in the Korean Peninsula. Rather one will recognize how great the Japan’s contributions were to the modernization of Korea.
You can read his essay in our site;

*Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/76_S2.pdf
*Full text:http://www.sdh-fact.com/CL02_1/76_S4.pdf

Questions are welcome.

(後略)」

世界に史実を発信する会のホームページのアドレスは、 http://www.sdh-fact.com であり、日本語のページのアドレスは、http://hassin.sejp.net/ である。

人気ブログランキングへ

|

« Ozawa: Is WSJ 'simple-minded' and prejudiced? | トップページ | B layer »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49277757

この記事へのトラックバック一覧です: Dissemination of Historical Facts:

« Ozawa: Is WSJ 'simple-minded' and prejudiced? | トップページ | B layer »