構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Ugly Propaganda book | トップページ | Postal Crimes »

Tropical Storm 2

台風が、東シナ海から朝鮮半島の南端をかすめ、日本海に入って北海道上陸のような進路を辿っている。

台風の進路予報については、もうテレビもラジオも色々あるが、世界的な視野でインターネット上で見ると、ハワイ大学のサイトあたりが便利である。http://www.solar.ifa.hawaii.edu/Tropical/tropical.html

このサイトが面白いのは、直撃率を数字で出してくるところである。

http://www.solar.ifa.hawaii.edu/Tropical/StrikeProb.html Strike probabiliteisとなっていて、国名が出る。例えばジャパンをクリックすると地名が出る。この地名は嘉手納などが真っ先に入っていて、岩国などもあるから、米軍の関係があることがわかる。

まあそれでも、便利ではある。空欄に、緯度・経度を入力すると計算して送り返してくる。

東京の台風直撃率、60海里、120海里、240海里の距離に入る確率。風の強さはノット。時間は世界標準時。http://www.solar.ifa.hawaii.edu/cgi-bin/StrikeProb?city=tokyo

自分の住んでいるところの緯度経度を入力すると何時間後に何マイル以内に入ってくる確率が表示される。こんなサイトが日本語であると便利なのにですね。それともどなたかが、ハワイ大学と相談して、日本国内に日本語サイトを立ち上げる。(それは本質的な解決にはならないかもしれない、計算機能は、ハワイにあるわけだし、安全保障を他人にゆだねることになる?)気象庁の立派なサイトにもうすこし、細かいデータを出せるようにすると問題解決ですが。

|

« Ugly Propaganda book | トップページ | Postal Crimes »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49127920

この記事へのトラックバック一覧です: Tropical Storm 2:

« Ugly Propaganda book | トップページ | Postal Crimes »