構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Decay | トップページ | Postal Crimes and men in the dark times »

Market Fundamentalism steals a Park in Tokyo

公園の私物化である。外国勢力に対する売り渡しである。ウィーンでは、オーストリア国民の反対で大問題になり失敗した。カナダではトロントで、これまた大問題になった。解決策は、不買運動をすることでしかないのかも知れない。ナイキというミサイルの名前の会社の広告宣伝戦略である。マインドコントロールの世界でもある。

|

« Decay | トップページ | Postal Crimes and men in the dark times »

コメント

宮下公園の問題を採り上げて下さりありがとうございます。
宮下公園は渋谷駅に近く、市民団体の各種デモの集合場所として大変貴重な公園です。
ここがナイキという私企業に奪われてしまうのは市民活動にとって大変な痛手であり反対運動が起こっています。
都民全般へのアピールを拡げると共に
渋谷区の再考を要請します。

投稿: mahorobajapan | 2010年9月25日 12時18分

 宮下公園問題の写真等をいただけないでしょうか?
 特にナイキ側の広告戦略(ポスター等)と、反対運動をしている方々の様子など。

投稿: 小野 公久 | 2010年9月25日 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49554145

この記事へのトラックバック一覧です: Market Fundamentalism steals a Park in Tokyo:

« Decay | トップページ | Postal Crimes and men in the dark times »