構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Morita Minoru 2 | トップページ | Morita Minoru 4 »

Morita Minoru 3

起訴された事件の有罪判決99%のおかしな国
法務省は特殊な官庁=検察官の省
事務次官はトップではない
①検事総長 ②東京高検長 ③最高検事長の三職が君臨

国家の最後の芯たるべき検察が腐っている

アメリカ流の管理が日本の警察・検察を蝕んでいる
かって、警察大学校の幹部研修会500人x1年間合宿の友情と人脈が犯罪捜査に大変プ­ラスとなっていた。
現在はアメリカ流の考え方(予算仕分け?)で研修期間も2ヵ月に短縮 2ヵ月では友情は残らない 
捜査力は落ち、検挙率も下落
団塊世代の退場は更に組織のほころびとモラル倫理の低下を招いている

2010年9月22日 赤坂区民センター

|

« Morita Minoru 2 | トップページ | Morita Minoru 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49586125

この記事へのトラックバック一覧です: Morita Minoru 3:

« Morita Minoru 2 | トップページ | Morita Minoru 4 »