構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« War of Words in Osaka | トップページ | Opinion Survey 3 »

Opinion Survey 2

民主党代表の民主党員などの選挙が9月14日に行われる予定で、菅直人現総理と、小沢一郎前民主党幹事長との一騎打ちになっている。大手の新聞やテレビは、対立軸を、菅善玉、小沢悪玉のような図式に仕立て上げて、僅かに、千くらいの母集団の電話調査を世論調査と呼んで、菅総理が圧倒的に優勢なる報道を続けている。しかし、ネットの仮想投票では圧倒的に小沢氏の優勢であり、新宿や大阪梅田の立ち会い演説会の状況が各種動画像で伝わっているところを見ると、圧倒的に小沢氏の優勢であった。

2005年9月の小泉郵政刺客選挙の時に酷似しているのは、マスコミが揃って官から民へ、中央から地方へ、大きな政府から小さな政府へ等と叫びだして、郵政民営化を推進する、しかもB層と呼ばれる社会階層を宣伝で攻略する手法をとったように、小規模で誤差の高い世論調査を乱発して、情報操作をしていることである。偏ったマスコミ情報は、人心を踊らせて、格差の拡大、地方の疲弊、財政デフレ政策の推進といった、逆噴射の政策を構造改革と持ち上げて、日本を破壊する政策に手を貸してしまったのであるが、今回の民主党の大行政において、小沢悪玉の一方的なラベル貼りの状況は、小泉選挙の独裁の手法が再来したかのようであり、民主党代表が総理大臣になる与党の選挙であるだけに、マスコミの偏向は、民主主義と敵対するものである。

 菅政権は、経済政策を誤り、参議院選挙で大敗北を喫した。消費税の増税を主張して敗北したわけであるが、財政改善を主張する点でも、2010年度の基礎的財政収支は、40兆の赤字だから、これを10年でゼロにするという菅内閣の政策は、構造改革の二倍のデフレ政策であり、日本を、体力の弱った日本を崩壊させるデフレ政策となっており、菅内閣は小泉・竹中内閣よりももっとたちの悪い政策である。しかも、急激な円高を放置するなど、外国の一方的な利益を黙認して、中小企業の対応を放置するかのような無策ぶりであった。

 菅内閣は、アメリカの大恐慌を何も学んでいないかのようである。フーバー大統領が、緊縮財政と増税をして、大恐慌を引き起こしたことは、アメリカでは小学生にも学校で教えている、とるべきではない失策の典型である。フーバーは、世界一の債権国であったにもかかわらず、消費税を新設して増税政策をとり、株価は10分の1にして、国民の所得を半分にしてしまった。菅総理は日本のフーバーになろうとしているのだろうか。冗談にもならない。

 当方ブログは、民主党の代表選挙そのものが、外国人の参加可能性があるなど、欠陥がある制度であると考えているが、それにしても、小沢一郎氏に対するマスコミの誹謗中傷については、見ぬ振りをするわけにはいかない醜態である。マスコミが偏向すれば、国民の判断が誤る。国民の判断が誤れば、国の行く末を誤る。郵政民営化など、小泉・竹中政治が、国の方向を誤ったことはもう国民は身にしみて理解しているから、政権交代を引き起こしたのであるが、一部マスコミは依然として、外国勢力の走狗のように市場原理主義を礼賛する論調が見られるのは、既に破綻した拝金の勢力の亡霊を礼賛するかのようである。

 冷静な政策論争としてみれば、いまのところ、全体としては、小沢氏の方が民主党代表、そして内閣総理大臣としての適性が高いものと考えられる。また、小沢一郎氏が従来から主張していて問題のある外国人参政権については、国民新党と連立を組み限りにおいて成立しないので、その点は小沢氏が勝利する場合には、国民新党の連立残留がより健全な枠組みとなるから、場合によっては政界再編成のきっかけとなり、小沢一郎氏と亀井静香氏とが協力する救国の連立政権を成立させることになる。郵政民営化の見直しの観点では、(自分が首相になれば郵政改革法案を成立させると)公言した小沢氏に分があることは明らかである。菅内閣には、市場原理主義者の残党が閣僚として残存しているが、市場原理主義はまさに疑似左翼であり、自立・自尊の日本を追求する勢力ではなく、外国勢力の礼賛の傾向があることが見て取れるように民主党内の色分けが行われた点では、選挙を行うそれなりの意味があるのかも知れないが、選挙制度自体に欠陥があるので、「小沢政権」の正統性は、支持する国会議員の数と、衆参両院における賛成票の数に求める以外にない。万一、民主党代表選挙において、小沢一郎氏が敗北するのであれば、直ちに脱党して、新党を結成して新たな政界再編のひとつの中心となることが、よっぽどマシな自立・自尊の日本を明快にする政治手法であると当方ブログは考えるものである。

人気ブログランキングへ

|

« War of Words in Osaka | トップページ | Opinion Survey 3 »

コメント

4日の新宿西口街頭演説会では圧倒的に小沢一郎が勝っていました。それでもテレビ報道では国民世論の7割が菅支持だと騒動する始末でした。全く偏向報道が酷くなっています。
今回の民主党代表選での偏向報道には怒りが湧きます。
Orwell様の仰る通りですよ。
ここまで小沢一郎を貶めて、敗北させるなら小沢一郎は脱党すべきです。
そして政界再編して、真の国益を考える同士が新たに政党を作ったほうがいいと思います。
そして真実を伝えない報道機関は廃止すべきだと思います。今の菅政権では民主党というが自民党と変わりませんし、寧ろ菅首相の民主党は自民党より悪質ではないでしょうか。政権交代させた国民の期待を裏切っているのですから。

投稿: 高橋敏男 | 2010年9月 7日 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49378676

この記事へのトラックバック一覧です: Opinion Survey 2:

« War of Words in Osaka | トップページ | Opinion Survey 3 »