構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Russian Revisionist Action is Unjust and Unfounded | トップページ | Kuroshio 33 »

Reinventing Thailand---aBook Break

人気ブログランキングへ

八月30日の夕刻6時半から東京有楽町の外国特派員協会、通称外人記者クラブで、著者に聞くとでも題する、ブックブレイクがあり、タクシン元タイ首相の政治的な功罪について書いた単行本をシンガポールで出版したPavin chahavalpongpun氏の講演会があった。著者は、中立であると主張して、また、経済的な評価はできないとも述べたが、当方ブログが聞いた限りでは、タクシンのシンパではないかと疑う読者がいてもおかしくないと感じたことであった。タイ人の著者による行事は珍しいが、どうにも関心が低いらしく、出席者は少なかった。また、タイの政治情勢もあり、基本的にはオフレコになったから、当ブログが当時の講演内容を事細かに書くことはできないし、また、録音も実際していないから再現することもできない。

著者は、現在シンガポールのASEAN研究センターに所属しているが、タクシンは、ASEANの存在をそれほど重要視していなかったことは興味深い。タクシンは、北京を第一の訪問国としており、また隣国のミャンマーに対する援助を行ったことなど、ASEANの団結とは、距離をおいている。中国との関係が背後にあることは間違いない。

タクシンの市場原理主義は、タイに特有なことではなくて、ラテンアメリカや、その他の国々でも強行された市場原理主義の典型的な陰謀であったのではないかと、当ブログは感じたことであった。著者の本は、大部であり、日本円で五千円以上もする高価な本であり、タイのタクシンの功罪を時系列で追うためには便利な本である。しかし、、皮相な分析にとどまり、タクシンの背景にある壮大な陰謀と虚妄については、触れられていない。日本の小泉首相のポピュリズムなど、アジアの市場原理主義との比較分析は行われていない。いずれにしても、タクシンは指名手配の対象であり、今回の読書会の出席者数が物語るようにもう過去の人かも知れない。タイの文化と伝統はずたずたに引き裂かれたことだけが現実として残るが、タイの叡智は安定と反省を必ずもたらし、しかも強靱な独立心がタイには残っているものと確信する。綱渡りのようなタイの流麗な外交は有名であるが、また復活する可能性が高い。

当方ブログの邪推の追加に過ぎないかも知れないが、タイやカンボジアなど南東アジアに対する市場原理主義の作戦は、オーストラリア発で行われている可能性がある様に感じるが、読者の皆様はどのようにお感じだろうか。

ブックブレイクの案内には次の様に書かれていた。

「Thai politics has sunk into deep turmoil since former Prime Minister Thaksin Shinawatra took over hte reigns from 2001 to 2006.He was toppled by a military coup in September 2006. Thai experts have documented how Thaksin, more than any previous civilian prime ministers, has sought to impose his personal agenda leading to a demestic situation that has gone form bad to worse as profound polarization has continued to dictate Thailand’s political well-being. At this time, Thaksin, now a fugitive from Thai law and charged in absentia with corruption and abuse of power, ahs allegedly manipulated politics form his overseas base. 

This is the backdorop that Dr. Pavin Chachavalpongpun, a former diplomat, seeks to explain and alnalyze in his book, Reinventing Thailand.The well-researched book, hoto out of the printing press this month, focuses on Thaksin’s business-oriented foreign policy, noting with great detail and analysis the natiopnal and personal ambitions in the global and regional context. The flowing starin of the book is aquestioning Thaksin’s flair for reinventing Thailand and raising the pertinent question of whether such politicals would be long-lasing and sustainable. 

Indeed, the upcoming book break is a rere opportunity for the Foreign Correspondent’s Club of Jpaan to host a guest speaker form Thailand. The evening is a unique opportunity to update and bring to memebers in Tokyo a perspective on the current situation in Thailand and itus future at this time given the country's limelight in the news for the past several months.」

This blog humbly extends its book review as follows: Market Fundamentalism created a hero of the times of economic cult.

Capitalsim needed capital but at the same time loss of culture and traditions.

Overseas Chinese people should respect the prestige and pride of the land, but Thaksin misunderstood that his ancestory can be more important than the truly Free Thai people.

Thakshin pretends nationalism but it is now clear by the reading this book that he represented the interests of the foreigners and he was made to act so by becoming an billionaire by the introdution of the mobile phone business into Thailand.

It is not yet clear what is behind the Thaksin conspiracies, but there is a hope that Thailand can be again independent from the foreign interventions.

Thaksin is now a  fugitive and he should convert his conviction to become true citizen of Thailand and defend the authority of the nation which is definitely separated from the power games.

The book seems to side Thaksin though it insists to be neutral but unintentionally illuminates where the cardinal principles of Thailand exists.
This book ascertained again that the Thai diplomacy to oust the Thaksin factors after the days of euhoria of market fundamentalism and those days when fools' gold was sought after, succeeded again in being a rare feat of foreign policy flexibility and adherence to independence as in the past.
 

|

« Russian Revisionist Action is Unjust and Unfounded | トップページ | Kuroshio 33 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49321774

この記事へのトラックバック一覧です: Reinventing Thailand---aBook Break:

« Russian Revisionist Action is Unjust and Unfounded | トップページ | Kuroshio 33 »