構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Remembering you | トップページ | Trial 1 »

Rule of Law

フレッドジンネマンの映画、の一場面である。イギリスのトーマス・モアの生涯を描いた映画である。名場面である。法の支配について議論する。今の日本の政治状況にも当てはまる。法を刈り取ってしまえば、悪魔が攻めてきたときにどこに隠れるというのかと、さとす。しかも、法を守るべき者が、偽計を働くのは、国を誤ることになる。トーマス・モアは、最後にはロンドン塔に送られたが、そのときに初めて、ヘンリー八世の部下であることはもちろんだが、それよりも、神のしもべであると吐露している。

人気ブログランキングへ

|

« Remembering you | トップページ | Trial 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49395617

この記事へのトラックバック一覧です: Rule of Law:

« Remembering you | トップページ | Trial 1 »