構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Suzuki Muneo is innocent | トップページ | Bureaucratic Apathy »

Suzuki Muneo is innocent

当方ブログとしては、一冊の本を紹介しておきたい。

鈴木宗男著、ムネオの闘い、で、今年の四月28日に、月刊日本を出版しているK&Kプレスから出版された単行本である。北方領土問題はもとより、鈴木宗男つぶしの背景について、実にわかりやすく書かれている。しかも、戦慄する表現もある。

一読をお勧めする。いつものように、左側の方に図書館ならぬアマゾンへのリンクを貼っているので、地方などで近くに本屋さんがない向きは、そこからの購入できる。通信販売は、できるだけせずに本屋が地方に残ることが一番であるが窮余の一策である。

Photo

|

« Suzuki Muneo is innocent | トップページ | Bureaucratic Apathy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49414605

この記事へのトラックバック一覧です: Suzuki Muneo is innocent :

« Suzuki Muneo is innocent | トップページ | Bureaucratic Apathy »