構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Disclose the Collision Video | トップページ | Roppongi Crossing in the night »

A Dental Clinic in the Tokyo Roppongi

東京の町は、深夜にも歯医者さんが開いている。当方ブログも世話になっている。六本木のビル街に小雨が降っている。札幌で初雪が降り、木枯らしが近畿で吹いたとの便りだ。旧防衛庁の跡地には、三井の高層ビルが味気なく建っている。帰りがけに、おまわりさんが四人、外国人の用心棒みたいな連中を誰何していた。当方ブログは、警察官に、がんばってくださいねと声をかけたらうなずいた。同盟国のような顔をして、日本を破壊しようと用心棒を送り込んでいるのが実態だ。見るからに乱暴な連中だ。六本木駅は、深夜になると、横須賀方面から、横浜、中目黒と直通でこれるから、外国の兵隊さんのたまり場になっているようだ。治安が悪化するなかで、日本の警察はけなげにもがんばっている。検察のように、魂まで抜かれているようなことはない。外国軍隊の構成員の動きも規制せず、野放しにしているのもおかしな国だ。東京の六本木はがどんどん沖縄の基地の前の歓楽街のようになってきたのかも知れない。池袋や新宿は、半島や大陸の租界になりつつあるし、夜は遅い時間になると、怖くて歩けなくなる。日本の良さが失われつつある。それを、政権交代があって自立自尊の日本を求めて、外国勢力の横暴を規制することを国民は期待したが、逆コースとなって、小泉政治よりも追従するという劣化が起きた。幸いにして、最前線で日本の警察はがんばっている。海上保安庁もがんばっている。早く早く、ビデオを航海して、巡視船のみずきとよなくにが命がけで海上警備をやっていることが国民に知らされると良い。そして、北京が暴虐の全体主義の体制にあることが天下に知れ渡る方がいい。日中関係など、もう良くならなくてもいい。六本木でも、警察官が用心棒の荒くれを、ちゃんと誰何している。六本木が租界になって、荒くれ男の不法滞在者が極端に多い用心棒だらけの野放しの町になるのであれば、同盟関係などいらないのではない。日本には、インディアンを根絶やしにした西部の粗野な風体の荒くれ男も、卒倒するような女々しさもいらない。

2010_1026_193953cimg0090_3 2010_1026_194341cimg0092_2 2010_1026_194406cimg0093_2

|

« Disclose the Collision Video | トップページ | Roppongi Crossing in the night »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49855759

この記事へのトラックバック一覧です: A Dental Clinic in the Tokyo Roppongi:

« Disclose the Collision Video | トップページ | Roppongi Crossing in the night »