構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« A Milk Shop in a Tokyo train station | トップページ | A Mail from Los Angels »

A Totalitarian Society

週刊朝日の記事を、グーグルの翻訳にかけてみた。どの程度の翻訳になっているか判らないがおもしろい。日本語がどんどん翻訳にかけられて海外に出て行けばいい。

「尖閣諸島沖の衝突事件やノーベル平和賞授賞などをめぐり、中国の強硬ぶりが目立つ。「オレ様外交」に怒りを覚えた人も多かっただろう。だが、ジャーナリストの富坂聰氏は、中国こそが国際的に追いつめられ、焦っているのだと指摘する。強気の裏にある実情を聞いた。

 尖閣沖の事件では、「戦後最大の外交敗北だ」と強い調子の批判が、国内では目立っています。中国に屈服し、逮捕した中国漁船の船長を釈放させられたことに、情けなさと怒りを感じている人も多いでしょう。

 でも、冷静に考えてみてください。今回の騒動で、日本は本当に何かを失ったのでしょうか。

「存在しないはずの領土問題に世界の目を向けさせてしまった」

 そんな指摘もありますが、日本が実効支配する状況は変わっていません。

 むしろ中国のほうが日本の対応に焦り、国際的に傷つき、経済的な損失を招きながら、何とか「日本に勝った」という形を取り繕ったのが実態なのです。

 なぜ焦ったのか。それは、菅直人首相や民主党の外交音痴ぶりが、中国の想像を超えていたためです。

 中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突したのは9月7日。翌8日の未明に船長が日本側に逮捕されたとき、中国は2、3日で釈放されるとみていました。

 04年3月、中国人の活動家7人が尖閣諸島に上陸して逮捕されたときに、「日中関係に悪影響を与えない大局的な判断」(当時の小泉純一郎首相)により、起訴されずに強制送還された先例があったからです。

ところが、菅内閣から聞こえてきたのは、

「尖閣諸島には領土問題は存在しない」(仙谷由人官房長官)

「法に基づき粛々と対応していく」(岡田克也外相=当時)

 という原則論ばかり。中国政府は、外務次官から外相へと格を上げながら抗議を繰り返したが、返ってくる反応は変わらない。

 9月12日にはついに、副首相級の戴秉国・国務委員が、未明に丹羽宇一郎・駐中国大使を呼び出し、「賢明な政治判断」を促しました。これは、中国にすれば「SOS」を伝えたつもりだったのです。

 ところが、菅内閣はこのメッセージも読み取ろうとしませんでした。

「こういう時間帯に呼び出したのは遺憾だ」

 翌日の会見で仙谷氏がそう述べたときには、びっくりしたことでしょう。

 この時点で、中国には日本向けの穏当なカードがなくなりました。

 菅内閣は素晴らしい外交力ではなく、思考停止に陥ることで中国に音を上げさせたのです。

 中国が解決を急いだ背景には、国内事情の変化があります。

 今回の事件で、中国の人たちがインターネットに書き込んだ内容は、小泉元首相の靖国神社参拝をきっかけに盛り上がった反日運動とは大きく違っています。

 当時は、ほぼすべてが「日本を許さない」という内容でした。中国政府にすれば、怒りが日本だけに向く分には怖くありません。

 しかし、今回はざっと3分の1は冷めていました。

「あんな小さな島が返ってきても、おれの土地は少しも大きくならないよ」

「尖閣に使う知恵と時間があれば、物価と不動産価格の高騰をなんとかしろ」

 これは中国政府にとっては恐ろしいことです。

 中国は有力な国有企業の幹部が5千万~6千万円の年収を得る一方で、月2万~3万円で暮らす人も多い。この不公平社会の受益者たちは、格差を知りながら放置している自分たちの「ずるさ」を認識している。だから尖閣の問題をきっかけに、そこに火がつくことを恐れていたのです。

 これはハンドルを誤れば政権を揺るがしかねない危険な問題です。火種は一刻も早く消さなければ──。中国の恫喝外交は、そんな中国の本気の危機感に裏打ちされたものだけに迫力が違う。それほど深刻でない日本はその剣幕におののいたに過ぎないのです。

 実は、中国は裏で米国にも働きかけていました。

 訪米した温家宝首相は、9月23日の国連総会で、領土問題では「屈服も妥協もしない」と宣言しました。一方、米国が台湾に武器の売却を決めたことで中断していた米中の軍事交流では、再開に向けゲーツ米国防長官の訪中を招請。オバマ米大統領との会談では、米国が望む人民元の対ドル相場切り上げで、改革を進める意欲を表明しました。

 思い返せば、尖閣諸島の問題が起こるまでは、東アジアでは米中の対立が最大の懸案でした。その米国に頭を下げ、人民元や軍事交流の問題で譲歩することは、中国にとっては外交的な敗北ですし、国際競争力が低下して、経済的な損失も招きかねません。

 そうであっても、米国から日本に働きかけてもらって早く船長を釈放させ、国内の火種を消すほうが望ましいというのが、中国政府の判断だったのです。

今回、レアアース(希土類)の輸出が停滞したことにも、「経済を人質に取るのか」と批判が集まりました。日本が得意な自動車や家電の生産に欠かせない資源で、中国が生産量の97%を占めているためです。

 ただ、停滞が中国政府の判断だったのか、私は疑念を抱いています。中国政府はレアアースが必要な外国企業を国内に呼び込み、投資と雇用の創出、技術の移転を狙っていたからです。

「レアアースが安定的に供給されるなら、中国へ工場を移そうか」

 今回の措置は、そんな気になりかかっていた各国の企業に「チャイナリスク」を思い出させ、レアアースを使わない技術の開発や、中国以外での資源獲得へ目を向けさせました。

 中国は個人消費が育っていないので、外国からの投資が欠かせません。成長のエンジンを失うリスクを負ってまで、日本との交渉カードにするでしょうか。

 中国はこれまで、「韜晦外交」を貫いてきました。大国だと威張るのではなく、身を低くして実力を隠していきましょうという姿勢のことです。

「世界の工場」として外国の企業や投資資金を呼び込み、さらなる成長につなげる。そのために、無用な警戒心を抱かせないよう注意を払ってきたのに、尖閣の事件で一気に崩れ去ってしまいました。

 中国にとって、さらに誤算だったのは、天安門事件にかかわり、刑務所に収監している人権活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞の授与が決まったことです。

「天安門」は「日本」以上にセンシティブな問題です。決定を伝えるテレビ番組の国内での放映を止め、ノルウェー政府に抗議すれば、国際的な威信がさらに傷つくことはわかっていたはずですが、恥をさらしても、国内の世論を抑え込まざるを得ませんでした。

人民元をめぐっても、国際的に対中包囲網が作られつつあります。中国はすでに尖閣をめぐる交渉で、米国に対ドル相場での切り上げを約束させられました。表向きは反発の姿勢を示しつつ、すでに元は上昇していて、今後も切り上げが進んでいくでしょう。中国が、経済面でも難しいかじ取りを迫られることは避けられない状況です。

 尖閣事件後の1カ月半で、中国は国際的な信頼や経済的利益など多くのものを失いました。それに比べれば、最初に述べたように、日本が失ったものはほとんどありません。

 ただ、菅首相と民主党は今回の事件への対応を猛省すべきです。密使として訪中した細野豪志氏も、本来であれば第三国で会うべきでした。あれでは、一方的に頭を下げに行ったようにしか映りません。

 菅政権は、「中国」という国が一枚岩でないことを理解する必要があります。

 いま自分が交渉しているのは党中央なのか、地方政府なのか、人民解放軍なのか、商務部なのか。中国の名のもとに、利益の異なる複数の“主語”が存在し、競いあっています。その間をうまく渡り歩いて交渉できれば、いまより有利な立場に立てるはずです。」


和诺贝尔和平奖在冲突和外海的岛屿,有许多第一次的中国公司。 “我喜欢外交”,将许多人感到愤怒。但潘基文聪记者被驱赶到什么财富国际中指出,他们没有耐心。我听到身后公牛的事实。

尖阁列岛的事件了,“这是最大的二战战败后的外交政策”的强烈的批评,站在国家。屈从于中国,被迫释放了一个中国渔船船长被捕,许多人会感到痛苦和愤怒。

但请考虑平静。在此风暴中,日本的真正失去了一些东西。

“我让世界对领土问题的关注不应该存在”

有的指出,在日本并没有改变局势的有效控制。

日本的反应更加迫切需要中国,而容易受到国际经济,造成的损失,不知何故“,荣获”日本是一个现实是取日缮TTA的形式。

为什么令人担忧。这是第一次在总理和民主党外交政策意义菅直人是华人,因为它是超乎想象。

日本海上保安厅巡逻艇相撞9月7日中国渔船。当日本船长被逮捕了未来八天凌晨,中国预计将在几天公布。

03月04日,当人们被逮捕七名中国活动家的岛屿登陆“,而不是综合决策产生不利影响,中国的关系”(首相小泉纯一郎在时间),被告不因为我们已经被驱逐到的先例。

但是我听说从内阁侃

“没有在尖阁群岛的领土纠纷”(森谷芳登内阁官房长官)

“处理依据法律悄悄地”(冈田克也,外交部部长在时间)

原理只是理论。中方政府曾多次抗议,外交部长,同时提高从外相评级,返回相同的响应。

9月12日最后,副总理级,内阁成员戴秉的国家,中国驻日本大使丹羽Uitirou黎明前打电话,“一个明智的政治决定,”提示。这是,如果中国的“救命”我说我要去。

然而,阚内阁甚至没有尝试读取这个信息。

“时代呼唤这样的令人遗憾的那种”

所以,当战国先生在接受采访时说,第二天会感到很惊讶。

在这一点上,中国卡不再对日本合理的。

简,内阁是不是一个伟大的外交技巧,他对一个中国的声音,到停止思考属于它。

中国是急于解决的背景下,在内部变革。

在这种情况下,什么人写在中国互联网上,并提出了小泉参拜靖国神社后的反日运动有很大的不同。

当时,几乎所有的“允许”日本的话。如果中方政府向井分钟六合不仅担心在日本的愤怒。

但是这一次,大约有三分之一是冷的。

“即使这样一个小岛屿回来,我的地我有一个大些”

“如果你有时间用智慧和尖阁列岛,如何在房地产价格和价格”

这是中方政府的可怕的事情。

中国有50万 - 高级,而领先的国有企业,从而让许多人从周一的60亿日元,20000日元的年收入在30000生活。社会不公是我们的受益者,他们知道留下的空白“狡猾”是公认的。作者:尖阁列岛问题之后,所以我不敢有火。

这是一个严重问题,可能动摇政府应该处理的错误。 ──必须擦除火花尽快。中国的外来威胁,唯一的区别就是力量,在中国由一个严重危机的支持。日本是不是很严重,只是颤抖了威胁的态度。

事实上,中国还敦促美国在幕后了。

国务院总理温家宝说,访问期间,联合国大会9月23日的领土争端,是“不妥协,甚至放弃在”声明。与此同时,美国 - 中国的军事交流已被决定向台湾出售武器,美国暂停,美国国防部长罗伯特盖茨邀请访问中国恢复。在与奥巴马,但人民币兑美元升值希望美国会议上宣布,它愿意进行改革。

回想起来,为有尖阁群岛问题,是在东亚地区冲突中的美国最大的问题。迫于美国军队,在同一交换或发行人民币的优惠,为中国外交的失败已经与国际竞争力下降,经济损失Kanemasen领先。

即便如此,船长将被释放不久就到日本工作,从美国,这是可取的消除家庭不和,这是中方政府的决定。

这一次,稀土(稀土),在出口放缓,以及“或采取经济人质”,并招致批评。为汽车和家电在日本生产的基本资源是在中国97%的产量,因为它占好。

但是我确定,中国政府停滞,我有疑问。中国政府吸引外国公司在日本的稀土需要,投资和创造就业机会,因为他们在技术转移的目的。

“如果这是稀土的稳定供应,或是转移到中国的工厂。”

这项措施是一个全国性的公司,把关心和风险“中国”会提醒你,用科技和稀土,让我对中国以外的资源,以赢得看看。

中国消费开支没有增长,外国投资是必不可少的。直到失去了增长的发动机,与日本进行谈判或将卡上的风险。

中国至今,“外国韬晦”已经坚持。权力的傲慢,而不是它的态度,我们将虚心隐藏的能力。

“世界工厂”,吸引导致进一步的增长为外国公司和投资基金。因此,我有感觉的谨慎避免不必要的恐慌,但它突然在尖阁案崩溃。

对于中国,这是进一步计算错误,是在天安门广场参与屠杀,人权活动分子被监禁,因此决定,诺贝尔和平奖颁发给龙福先生晃波。

“天安門”“日本”是一个比较敏感的问题。停止在日本的电视节目播出的决定传达抗议挪威政府,如果它伤害更是国际威望就会知道,即使是暴露的耻辱,一个国家公众舆论抑込没有得到。

也超过人民币迅速建立了一个国际联盟来中国。中国已经在对尖阁谈判,被迫答应在兑美元升值。虽然表面上显示的反对态度,他们已经升值人民币升值将在未来我们去。中国,但要被迫面对困难的经济卡基取是不可避免的。

在一个半月后,尖阁列岛和中国的事件,如失去了信任和国际经济利益的事情很多。相比,由于在开始时所说,日本几乎没有损失。

然而,简和民主党要应对这一事件中认真反省。他还参观了作为中国特使杂細野剛志,应在第三国见面,如果不是原来的。在它的唯一途径,单方面作出映鞠躬。

简政权,“中国”必须明白,国家不是铁板一块。

我试图通过谈判什么现在是党的中央和地方政府做的,是解放军,就是商务部。在中国的名字,以不同的利益“主体”存在,也有竞争。如果你能谈判成功巨魔的同时,您现在应该做更有利的位置。

|

« A Milk Shop in a Tokyo train station | トップページ | A Mail from Los Angels »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49823879

この記事へのトラックバック一覧です: A Totalitarian Society:

« A Milk Shop in a Tokyo train station | トップページ | A Mail from Los Angels »