構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« From Tokyo to the Up-north | トップページ | Chinese Fist Basketball »

Video Records of the Chinese attack on the coast gurard patrol boat should immediately be released to the general public in Japan and the rest of the world

尖閣諸島をめぐる紛争のひとつとして発生した、中国漁船の日本巡視船に対する衝突などを記録していると見られるビデオを、即刻全面公開すべきである。海上保安官を銛で突いているなどとの噂も出回っているし、一方ではビデオを編集しているのではないかとの指摘もある。検察が提供したことになっているが、海上保安庁そのものも、資料のビデオがあれば、全てを提供すべきである。日本の海上保安庁が裁判に、しかも国際紛争をあらかじめ想定して、会自国再訪を前提にしない警備行動をするとは思えないが、これまで、素手で、暴力的な中国漁船に立ち向かってきて、縛られて海に放り込まれたことがあるとの話があるが、国民にちゃんと実態を説明する必要がある。日中関係が悪化するから、ビデオを公表しないなどと馬鹿げた理屈もあるというが、そんなことでは、暴力と闘うことはできない。即刻ビデオを、国民に公表すべきである。既に、総理と官房長官はビデオを見たそうではないのか。日本国民に見せられない内容とは何なのか。何故、そこまで、北京の暴虐の肩をもつのか。酔いどれだったと言われる船長は、道徳模範として、福建省では表彰されとの報道である。そんなことなのか。日本は、中国と違って全体主義の国ではない。情報管制などいらない。国民は判断力を維持しているのだ。マスコミは、何故、公表を主張しないのか。おかしなおかしな、くさいものには蓋の日本になってしまったのか。

|

« From Tokyo to the Up-north | トップページ | Chinese Fist Basketball »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49866849

この記事へのトラックバック一覧です: Video Records of the Chinese attack on the coast gurard patrol boat should immediately be released to the general public in Japan and the rest of the world:

« From Tokyo to the Up-north | トップページ | Chinese Fist Basketball »