構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Restoration 3 | トップページ | No! Chinese Arrogance and Expansionism »

Stop China's Expansionism

支那帝国と化しつつある中国の拡張主義に反対するデモが、全国各地で開催される。当方ブログの読者の皆様、ご関心の向きは、ご参加になって下さい。

【参加を】中国が恐れる日本国民の怒りを!―10・2「中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」でともに立ち上がれ!


■なぜ中国は日本の世論が怖いのか

尖閣海域での九月七日の中国漁船の拿捕、そして船長の逮捕は、中国政府には予想外の日本側の強硬措置だったらしい。

そこで翌八日の環球時報(中共機関紙人民日報の姉妹紙)の社説は「日本の世論では最近、中国に強硬姿勢を求める声が不断に聞かれる。日本政府はこうした声に応え、中国との海上問題に関する姿勢を変えたのではないか」と疑って見せた。

日本の政府は世論に押されて強い姿勢に出たと中国は見ているわけだ。日本政府の性格をよく把握する中国側がそう言うのだから、おそらく間違ってはいないのだろう。

そもそも中国政府は日本の世論が苦手だ。なぜなら自分が悪さをしても、中国人民なら宣伝でごまかせる。あるいは恫喝で批判を封じ込める。日本政府が相手でも、そうした自己正当化の宣伝を呑ませることができる。しかし日本国民となるとコントロールが利かない。下手な宣伝をしても逆効果で、かえって反中国感情を高めてしまう。だから中国には苦手だし、怖い。

■反中国感情が日本の国を強くする

一例を挙げれば中国の嫌がる中国脅威論だ。日本政府は中国への配慮で、「脅威はない」との公式見解まで示しているが、日本国民ははっきり脅威には「脅威だ」と騒ぎ立てる。中国が「永遠に脅威にならない」と宣伝すれば、ますますあの国を信用しなくなる。

そしてこのたび、その日本の国民世論が、東支那海、尖閣諸島の領海、領土を侵そうとする中国に猛反発しているのである。

対日報復の一環としてSMAPの中国公演中止が取り沙汰されると、普段はあまり外交問題に興味を示さない女性層までが関心を抱き、反中国ナショナリズムを高揚させる結果となっている。

だから中国側は東支那海戦略において、日本政府の譲歩、従属を前提に組み立ててきた恫喝路線を見直さなければならなくなっているはずだ。なぜなら中国の「柔らかい土を掘る」民族性は硬い土壌に鍬は入れたがらないからである。

これを見てもわかるだろう。日本の反中国感情=国防意識の高まりは、媚中政府を戒めているだけでなく、中国に抑止力を発揮しているのである。一言で言えば「日本の国を強くしている」だ。

■東京と名古屋は実施が決定!

だが、まだまだ実践が足りない。もっともっと反中国で国民を動員し、さらなる国防強化を図らなければならない。

そこでこのたび急遽実施が決まった「10・2中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」への参加を呼びかけたい。

これはこの日(十月二日)、全国各地でいっせいにデモ行進、街頭演説会、ビラ配り等々、何らかのアクションで出て、日本国民の断固たる意志を内外に見せようというものだ。

東京では十四時から「代々木公園けやき並木」(NHK放送センター横)で集会、十五時半からデモ行進(代々木公園→渋谷駅→青山通り→表参道→原宿駅→代々木公園)、そして十七時から渋谷駅ハチ公前で街頭演説会を行う(終了は十九時)。主催は「頑張れ日本!全国行動委員会」。東京ではこ
れまでない規模の反中国デモにしたいと張り切っている。

一方名古屋でもデモ行進が予定されている。十三時半ごろに白川公園を出発し大須→上前津→栄というコースだ。主催は「中国の尖閣侵略糾弾!愛知実行委員会」。詳細は「日本李登輝友の会愛知県支部」など諸団体のHPに載る予定である。

■十月二日―待たれる全国各地の呼応!

そのほか、関西や北関東でも行動計画があるそうだ。

また「頑張れ日本!全国行動委員会」では各地の「決起」を呼びかけている。呼応できる方は同委員会までご一報を(電話:03-5468-9222 http://www.ganbare-nippon.net/ )

規模の大小は問わなくていいと思う。大事なのは国土を守り抜くぞとの強固な精神だ。

当日はとても楽しみである。全国で日本民族の気概を示そう! 

********************************************

10・2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動に参加を!

参加呼びかけ動画
http://www.youtube.com/watch?v=UalvQytIaFI&feature=youtube_gdata ←転送歓迎

平成22年10月2日(土)

【東京】※史上最大規模の反中デモをやろう!

集合場所 : 代々木公園けやき並木(NHKスタジオパーク入口横)

13時00分 準備
14時00分 東京集会
15時10分 隊列準備
15時30分 出発 けやき並木~渋谷駅前~青山通り~表参道~原宿駅~けやき並木
16時30分 けやき並木到着
17時00分 ハチ公前広場街頭宣伝活動(~19時00分)

全国各地でデモ・街宣・ビラ配り等の抗議行動を同時に行いたいと思います。
ご協力いただける方は「頑張れ日本!全国行動委員会」事務局までご連絡下さい。

主催 頑張れ日本!全国行動委員会 草莽全国地方議員の会

ご連絡先 頑張れ日本!全国行動委員会 TEL 03-5468-9222
※ チラシ(PDF版)は こちら →
http://www.ch-sakura.jp/sakura/protest-aggression-senkaku10-2.pdf

--------------------------------------------------------------------------------

【全国各地】

秋田県秋田市 「秋田」駅前 13時00分 チラシ配布
栃木県宇都宮市 「東武宇都宮」駅前 11時00分 街宣・チラシ配布(東武デパート前)
神奈川県横浜市 「横浜」駅 西口 14時00分 街宣・チラシ配布
神奈川県鎌倉市 「鎌倉」駅前 13時00分 チラシ配布
愛知県名古屋市中区 白川公園 13時30分 集合 / 14時00分~15時30分頃 デモ行進
徳島県徳島市 「徳島」駅前 14時30分 チラシ配布
愛媛県松山市 いよてつ高島屋前 13時30分 チラシ配布
岡山県岡山市 「岡山」駅前 12時00分 チラシ配布
熊本県熊本市 下通りダイエイ前 12時00分 街宣・チラシ配布

|

« Postal Restoration 3 | トップページ | No! Chinese Arrogance and Expansionism »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49613795

この記事へのトラックバック一覧です: Stop China's Expansionism:

« Postal Restoration 3 | トップページ | No! Chinese Arrogance and Expansionism »