構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« The Collision Video--a scientific patirotism | トップページ | Postal criminal intervention »

Censorship in China and Youtube

中国国内では、検閲が行われていることもあり、YouTubeの動画像を、通常のやり方では見ることができない。

しかし、あるソフトを入れると、見ることが可能である。もし、当方ブログで、中国からアクセスしている読者の方がおられば、是非、試して頂きたい。http://blog.livedoor.jp/tianjinll/archives/826877.html

尖閣諸島の問題を通じてわかるのは、中国が情報統制国家であると言うことであるが、日本を中国のような国にしてはいけない。ビデオは、迅速に公開されるべきであった。外交的には、各国当局にも、ビデオを配布してどちらが違法行為をしているのかを、世界の世論に判定して貰おうではないか。日本は、正義と法の支配を尊重する国であることがいよいよ明らかになる。


ご参考まで。人気ブログランキングへ

|

« The Collision Video--a scientific patirotism | トップページ | Postal criminal intervention »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49942333

この記事へのトラックバック一覧です: Censorship in China and Youtube:

« The Collision Video--a scientific patirotism | トップページ | Postal criminal intervention »