構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Kuroshio 37 | トップページ | Nicovideo and Ozawa Ichiro »

Kuroshio Culture and Tradition

月に2回ずつ黒潮文明について書きためているが、37回目の文章を加える。

那須の殺生石が、恐ろしい妖怪の話と関係あるようで、大陸につながる脊梁山脈に残る五葉の松から着想を得て、日本の伝統が、朝鮮半島で主流の血縁ではなく、地縁の関係になっていくことにに思い至った。その点からも、夫婦別姓論は採ることができない。奥の細道をたどる街道筋の寺などに、武装した女性の彫刻像が残されていることに気づくが、長刀を振るうのも東国では武蔵坊弁慶ばかりではない。いや、長刀は元々女性のものであり、男女の優劣はなかった可能性がある。南の島では、女王がいたことも思い出していいし、卑弥呼は女性であろう。

江戸の読み方が、いどであれば、日本の歴史形成の理解が大きく代わるかもしれない。確かに、漢の古地図には、東海の海中に日本と委奴が別々に書かれているものがあるという。小日本に八百万の神々が加わって大日本(おおやまと)となって、分け隔てがなくなっていくのが日本の国柄であり、人間一人一人のアトム化ではないことに特徴がある。

さて、九尾の狐という支那の妖怪は神と人とが一体となって初めて退治できるようだ。那須高原の茶臼嶽、つまりはウラルアルタイの故地を思い出させる山の麓で、外国から飛来して潜伏していた妖怪を退治することに成功している。

 これまで、書いた黒潮文明論が、リンクも飛び飛びになり、書いた本人すらどこに文章が残っているのか判らない位になったので、いちいち検索するのも面倒であるから、整理して下記にまとめて掲示するようにした。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-11.html

⑫ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/kuroshio-12.html

⑬ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-13.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-14.html

⑮  http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-15.html

⑯ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-16.html

⑰ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-17.html

⑱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-18.html

⑲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-19.html

⑳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-20.html

㉑ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/kuroshio-21.html

㉒ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-22.html

㉓ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-23.html

㉔ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-24.html

㉕ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-25.html

㉖ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-26.html

㉗ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-27.html 

㉘ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-28.html

㉙ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-29.html

㉚ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-30.html

㉛ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-31.html

㉜ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/kuroshio-32.html

㉝ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-33.html

㉞ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-34.html

㉟ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-35.html

㊱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-36.html

㊲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/kuroshio-37.html

 黒潮の流れに着想を得た、民族文化論を目指している。学者の検証ではない。黒潮が洗う島々の岸辺の人々の生活について、過去、現在、未来と想像しながら、自由奔放にと心得ている。ささやかな共同幻想の一端を担いたい、神がかりでもいいが基本には科学的な探求心を据えておきたいとの気持ちがある。

黒潮文明の広がりは想像以上に大きい。日本列島だけでも実は、全ヨーロッパの地図にぴったりとはまる。大日本と書いて、「おおやまと」と読むことに不思議はない。

さて、日本の国の成り立ちにご関心の向きは、コメントをお寄せ頂ければ幸いだ。ただ、誹謗中傷は、黒潮の民とは無縁であるから、厳にお断りする。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« Kuroshio 37 | トップページ | Nicovideo and Ozawa Ichiro »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49927760

この記事へのトラックバック一覧です: Kuroshio Culture and Tradition:

« Kuroshio 37 | トップページ | Nicovideo and Ozawa Ichiro »