構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Japan's Independence | トップページ | 40th Anniversary of the Manifesto »

Super Bullet Train

JR東海の葛西会長の会見が外国特派員協会で、24日昼に開催された。2027年に開業を目指す、リニアモーターによる中央高速新幹線は、25年ないし30年で5兆1000億円の投資を回収できるとした。しかも初年度から黒字で有り、毎年、2500億円から3千億のキャッシュフローが生じて返済に回せるとした。しかも、これまでの東海道新幹線では、ひかり号の増発が可能となることから、浜松など、中間の都市の利便性が高まるとの見通しを示した。また、東京屋名古屋を含めて大深度の地下を走ることで、土地代を軽減することとして、しかも、8割5分方が、トンネルを通過することになるとの見方を示した。

また、、中国にリニアモーターの技術を移転することはないとの見方を明言した。 「われわれのプライオリティーは米国でリニアを販売することであり、中国で販売する計画は今のところ全くない」と述べている。米国の高速鉄道計画のうち、ボストン─ワシントン間などの北東回廊で適しているとみているとの見方を述べた上で、米国において完成が早くなっても良いとの見方を示した。

更に、日本のリニアモーターの技術は、超電導技術を基本として技術を確立したとしており、上海の空港で中国が、ドイツのシーメンスから導入したリニアモーターの技術は、古い技術の常電導の技術であり、ドイツでも採用されなかった技術であると指摘して、中国に対する技術移転の件については、靖国問題とは関係が無く、また関心もないことを披瀝した。さらに、外国の車両メーカーとは異なり、システム全体の運用などを含めての技術を米国に提供することを考えていると述べていた。日本の企業は、日本車輌がイリノイ州に工場を持っており、その他の企業も米国での生産と雇用についても前向きに検討することを言及した。

Mr Yoshiyuki Kasai, chairman of the Central Japan Railway Company(Jr Tokai)  said it is possible to recoup the cost of constructing a 360 kilometえr magnetic levitation train line between Tokyo and Nagoya and further to Osaka within 25 or 30 years and with the scheme of combining operation with the existing Tokaido bullet train system, it can start the first year with black ink or profit of 250 to 300 billion yen to return the initial investment annually.

To open in 2027 at a cost of 5.1 trillion yen ($61.4 billion), the maglev rail link dan be funded from the company's internal  cashflow, and commented "We will have about 250 billion to 300 billion of (annual) cashflow considering 3 to 4 percent of depreciation of capital investment"

Mr Kasai also disclosed that the company as a part of a Japanese consortium, is promoting the technology for a proposed route on the the U.S. east coast connecting Washington and Boston, and further commented as an answer to a question by a reporter that the company is not interested at all in offering the technology to China, and he said "Our priority is to promote the maglev in the U.S. We have absolutely no plans now to promote the train in China"

Floating on powerful superconducting magnets 8 centimetres above its track, the linear motor train can travel at speeds of up to 581 km per hour (361 miles per hour), which will allow it to cut the travel time between Japan's capital and Nagoya in central Japan to 40 minutes, and the technology is now established and the linear motor car connecting the Shanghai city and airport constructed by a German company is now old technology now discarded even in Germany and planned Japanese maglev train is established on a different concept and system.

He further commented that the earlier possible completion in the US is not a hindrance for Japan and it is ready to promopte the production in the US for the increased jobs. In Japan to reduce the cost, more than 85% will be more than  40 meters deep underground or thuru Japan Alps tunnel routings, but it may not be necessary in case of the consruction in the US,

|

« Japan's Independence | トップページ | 40th Anniversary of the Manifesto »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50148066

この記事へのトラックバック一覧です: Super Bullet Train:

« Japan's Independence | トップページ | 40th Anniversary of the Manifesto »