構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Donation | トップページ | Postal Crime »

Russian Injustice and Norhtern territories

ロシアの大統領が、北方領土訪問をした。ロシア側の報道が示唆していたこともあり、日本の国内には、対ロ牽制を迅速に行うべきだとの意見があったにもかかわらず、菅内閣は、たいした抗議も対策もしないで、無為無策のままに、ロシア大統領の間隙をぬった北方領土訪問を許してしまった。

菅首相は、日本領土であることを主張して、北方領土に大統領を迎えに行くべきであるとの奇策すら提案されていたが、日本外交のアンテナの低さと情報収集力の低下と、外交問題への問題対処能力のなさを見せつけた。中国漁船に対する領海侵犯、衝突事件に対する日本側の弱腰と無策とを、注意深くロシア側は見ていたに違いない。

ロシアとの交渉に政治生命を懸けてきた鈴木宗男外交委員長を収監する決定を日本側が行ったことも、日本の領土問題に対する弱腰あるいは迎合を見て取った可能性がある。尖閣では検察任せにしたといい、鈴木議員の収監では最高裁任せにしたとしたと主張したが、尖閣諸島問題で外交と政治の基礎体力が弱っているすきをロシアに付け込まれてしまった。

北方領土を実効支配しているロシアの大統領による現地訪問は、これまでの北方領土交渉に反する行動である。ロシアが、先祖返りをしつつあることは、昨年あたりからの動きで予測されたことであるが、日本は毅然(きぜん)とした態度でロシアに抗議すべきだ。今回の大統領の行動は、正義と国際法に反するものであり、対抗措置を執るべきである。

尖閣が動き北方四島が動いた。国際政治の教科書を読む思いである。力の空白があると、必ず、国家権力は空白を埋めようとする。軍事力であり、国家の威信であり、諸々の力である。中国も、ロシアも、そして、おそらく米国も日本の国力が低下している空白をついた。

韓国が実効支配している竹島をめぐる領土問題も動く可能性がある。要注意である。連動する可能性のある北朝鮮情勢に、最大の注意を継続しなければならない。大東亜戦争が精算されていないのは北朝鮮だけであるという旧宗主国としての自覚を念頭にたたき込んでおくことが重要である。

さて、日米同盟であるが、領土問題では何らの抑止力にもなっていないことが明らかになった。残念なことである。当方ブログが従来から指摘しているように、北方四島を日米安保の対象にするわけがない。尖閣が安保条約の対象だとヒラリー長官と前原外相が発言しただけで、ロシアはひとつの対抗措置に踏み切ったと考えられる。実効支配を追認するだけの論理は、ロシアの強硬外交を誘発しただけの話で、それをアメリカがどうするとの話も聞こえないから、むしろ、ロシアの強行策を阻止できなかった日本外交は、尖閣で口だけの同盟をとなえた犠牲を被ったわけである。思いやり予算など、もう増額する必要も必然性も根拠を失ってしまった。

自分で自分を守ることが国際社会でもいかに大切か身にしみて判ったという点では、戦後の隷属から脱却して、自立・自尊の日本を追求する覚醒を与えたことになるかも知れないが、希望的観測になりかねないから、まずは、こうした外交失態を許した菅内閣は、然るべき閣僚を、少なくとも引責・抗議の意思を表明した上で、辞任させるべきである。メルトダウンする永田町政治であるから、衆議院を解散して再度、政界再編を追求することが必要ではないだろうか。菅政権の統治能力の劣化が、露呈した。

尖閣の漁船衝突ビデオなどの映像資料を、即刻日本国民と世界に公開すべきである。こうした危機の状態においては、国際法と正義とは何かを徹底的に追求することである。失われた日米関係、日中関係、日露関係を、再度、とりもどすためにも、その端緒となった尖閣の事件の決着を、法と正義に基づいて追求することが必要である。大国の対立に振り回されながらも、台湾や東南アジアやラテンアメリカの諸国を含め日本を支持する世界の友好国との信義の為にも、毅然とした主張を続けなければならない。

|

« Donation | トップページ | Postal Crime »

コメント

“日本外交のアンテナの低さと情報収集力の低下と、外交問題への問題対処能力のなさを見せつけた。”

リンクした私の2年前のブログ読んでぞ~っとします。何にも変わっていないことを示す事件の連続ですね。

投稿: 渡辺日出男 | 2010年11月 1日 23時21分

コメント有り難うございます。

ロシアは、早速、日米安保の尖閣適用の発言を受けて、対抗措置として大統領訪問を敢行しました。日本は米国に引きずられて、一定の行動をしたが、その影響について考えず、無為無策の典型です。

NYTに先月末から、経済学者のポール・クルーグマン先生が、コラムで、効果のなかった日本の金融緩和政策と、ミルトンフリードマンの日本に対する当時の意見について、批判の声を上げています。渡辺さんは、どうご覧になりますか。小生は、マネタリストの意見に追従して、日本は破綻の道を歩むようになったのではと推測していますが。

ORWELL


投稿: Orwell | 2010年11月12日 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49909014

この記事へのトラックバック一覧です: Russian Injustice and Norhtern territories:

« Donation | トップページ | Postal Crime »