構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« An excellent speech in Indonesia | トップページ | Norwegian Wood »

Thai Prime Minister in Tokyo

Thai_prime_minister

Mr Abhisit Vejjajiva, Prime Minister of Thailand delivered a speech about the current situation in Thailand at the Foreign Correspondents's Club of Japan in Tokyo in the afternoon of November 14th.

[More than six months after red-shirted protesters posed a serious challenge to his rule, the Prime Minister  of Thailand, Abhisit Vvejjiajiva, is still struggling to make progress in healing the woulds with his five-point road map to national conciliation, introduced in June, that seeks to address the social and economic despartieis that have divided the nation.

Since assuming the post of prime minister in a parliamentary vote in December 2008, Abhisit has been facing the twin challenges of political turmoil and ecnomomic crisis. Meanwhile as the Thai economy emerges from the chaos caused by public disorder, the global economic slowdown casts a new shadow over its future, while part of the country now faces a serious natural disaster as floods have swamped vaset areas of southern Thailand.

Abhisit , born in Newcastle, Englnad, was educated at Eton and Oxford, where he studied economics, politics and philosophy. After teaching economics at Thammasat University, he joined the Democratic Prty in 1992 and was elected to parliament at the age of 27. At the age of 44, he became one of the youngest prime minister in Thai history.

The Prime Minister was in Japan to attend the APEC summit held in Yokohama.]

Thai_prime_minister_3

Thai_prime_minister_2_2

最近もミャンマーを訪れた総理大臣であると述べた上で、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー女史の解放があったミャンマー情勢について「特定の出来事をもって大きな変革の兆しだととらえるわけにはいかない」と慎重な見方を示し、タイは隣国でもあり、「(民主化を求める)国際社会の期待とミャンマー軍政が行うことの間にはギャップがある」ことを指摘した上で、人道支援をはじめとする対ミャンマーへの関与を継続すると述べた。

 同首相はこのほか、タイ経済に関し、エネルギー、鉄道、テレコムなどのインフラの質的な向上を図る為に公共投資を継続すると同時に、所得格差の縮小を目的とした新たな福祉政策を含めた経済対策を打ち出す方針を明らかにした。また、総選挙の日程については、平和裏に選挙を行いたいとして、来年の早期を目指すと言及した。首相の父親は、医者で、タイで厚生大臣を務めたことがあるという。

なお、12日には、タイ首相は、広州において開かれているアジア大会を訪れ、中国の温家宝首相との間で、高速鉄道の建設を共同で検討することを合意したとの報道があった。

なお、14日の当日は、サマック前首相が昨年11月24日に肝臓ガンで逝去したが、タイの習慣に従って、火葬がバンコックのテープシリン寺で執り行われたという。

 サマック元首相は、長年にわたり料理番組に出演してタイ料理の腕前を披露するなど庶民的な一面もあり、支持者も多かった。実に雄弁な政治家であった。

Samak_2

ベテラン政治家のサマック氏は1980年代から中堅政党の党首として国政で活躍していたが、2000年にバンコク都知事選に出馬し当選。1期4年務めた。07年12月の総選挙を前に、「党の顔」を必要としていたタクシン派・市民の力党の党首に起用され、同党の総選挙勝利に伴い08年1月に首相に就任。タクシン元首相や党首脳部とのあつれきが報じられる中、08年9月にテレビの料理番組出演が「副業」とみなされ、憲法違反で有罪となり、首相の座を失った。肝臓ガンが見つかり、昨年年11月24日にバンコック市内の病院で死去した。

外国特派員協会のひな壇には、随行の閣僚が並んだが、左側が外務大臣である。

|

« An excellent speech in Indonesia | トップページ | Norwegian Wood »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50039680

この記事へのトラックバック一覧です: Thai Prime Minister in Tokyo:

« An excellent speech in Indonesia | トップページ | Norwegian Wood »