構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Crime | トップページ | Censorship in China and Youtube »

The Collision Video--a scientific patirotism

流出したとされる、ビデオの映像である。 事実であれば、明らかに、中国漁船の違法行為であり、許してはならない。こうしたビデオを隠匿しようとした動きがあったとすれば、それは、確立された国際法にも反することである。北朝鮮の不審船事件の時には、迅速に映像が公開され、日本の立場が強化された。今回も、このビデオが公開されたことによって、中国漁船の海事のルールを守っていないことが明らかになった。最初の衝突が、万一偶発的であったにしても、海上交通ルールからは、中国漁船が直進を避けるべきであるし、二度目の衝突の映像は、明らかに急に左に舵を切っていることを示している。海上保安庁は、この映像が本物であるか、そうでないのかを至急明らかにすべきである。日本国に対して忠実であれば、至急この映像の信憑性について事実を発表すべきである。 この映像が、本物であれば、それを隠そうとした菅内閣は、全く国益を守ろうとせず、外国の意向に唯々諾々と従ったことになる。事実であれば、中国に抗議すべきである。日本国民は、冷静であるが、しかし、怒っている。このビデオによって、中国側の主張は根拠の無いものである。単なる違法行為をした者を、中国の英雄にすることは愚かなことである。日本は、中国内部の対立に巻き込まれてはならない。国際法を尊重して、法の林の中に逃げ込んで、鬼が攻めてくるのであれば、世界に友人に、助力を求めて、まずは自分の力で、我が身を守ることにしよう。

尖閣はだれのものか

第一

第二

第三

第四

第五

第六

|

« Postal Crime | トップページ | Censorship in China and Youtube »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/49940423

この記事へのトラックバック一覧です: The Collision Video--a scientific patirotism:

« Postal Crime | トップページ | Censorship in China and Youtube »