構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« North East Asia | トップページ | Railroad crossings »

Diffusion of facts, truth and justice

史実を世界に発信する会の茂木事務局長からの連絡である。日本語版のサイトを一新したようである。外務省がやらないからなどとの嘆き節はない。他がやらなければ自分がやるとの気概が充ち満ちている。当方ブログの読者の皆様、史実を世界に発信する会のご支援をなにとぞよろしくお願いします。それにしても、英文にして、それを発信して行こうというのですから、大変な努力です。しかし、ネットの時代になって有効な手段になってきました。当方ブログなど、外国語による主張を目指しましたが、三日坊主でくたびれてしまいました。国家を上げた政治宣伝などに負けてはなりません。真実を史実を書くだけで、嘘と偽の世界が吹き飛んでしまうのですから。

下記は、その連絡である。

「史実を世界に発信する会」の第一目的は、日本の主張、正しい歴史事実
を海外に向けて発信するところにあります。そのために、English speaker
に読みやすいように、英文のみのサイトを立ち上げ、そこに英語文献を
掲載して発信することに最重点を置いて活動してまいりました。

        http://www.sdh-fact.com

日本語版サイトも立ち上げましたが、レイアウトも最初のままであり、
英文版との連携が出来ていないものである上に、更新がほとんどされず、
従って、多くの方々へのアクセス、アピールができないままでした。
唯一、Newsletter を毎号ブログ形式で載せると言う事で、連携と更新
を図っているという状況でした。

このほど一新して登場したサイトでは、英語版に掲載されている書籍・
論文、主張は、原則としてすべて日本語原文でも読めるようになっており
ます。海外発信=国内発信の形となり、また史実に関する日本語の情報源
としてご活用いただくこともできるようになりました。更新もしやすい
ものになりましたので、最新情報、主張をどんどん載せていきたいと
思います。URL も新しくなりました。
     
         http://hassin.org
    
是非とも皆さんにご覧いただき、ご活用いただくとともに、ご意見、ご提言
をいただければ幸いです。

また、発信する会は心ある有志の皆さんからの浄財を唯一の頼りとして運営
されております。皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

平成22年12月10日」

|

« North East Asia | トップページ | Railroad crossings »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50264391

この記事へのトラックバック一覧です: Diffusion of facts, truth and justice:

« North East Asia | トップページ | Railroad crossings »