構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

Mahoroba Japan 004

Market Fundamentalism and Disaster Capitalism

AMY GOODMAN: The credit crunch is spreading to financial markets around the world. Nearly 160,000 jobs were lost here in the United States in September. That’s not including losses directly resulting from the financial meltdown. Wall Street might be breathing a little easier since Congress passed the more-than-$700-billion bailout plan Friday, but there are no signs of an easy or quick recovery.

Today we take a look back at the economic philosophy that championed the kind of deregulation that led to this crisis. We spend the hour with investigative journalist and author Naomi Klein, bestselling author of The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism.

Naomi Klein spoke at the University of Chicago last week, invited by a group of faculty opposed to the creation of an economic research center called the Milton Friedman Institute. It has a $200 million endowment and is named after the University’s most famous economist, the leader of the neoliberal Chicago School of Economics.

    NAOMI KLEIN: When Milton Friedman turned ninety, the Bush White House held a birthday party for him to honor him, to honor his legacy, in 2002, and everyone made speeches, including George Bush, but there was a really good speech that was given by Donald Rumsfeld. I have it on my website. My favorite quote in that speech from Rumsfeld is this: he said, “Milton is the embodiment of the truth that ideas have consequences.”

    So, what I want to argue here is that, among other things, the economic chaos that we’re seeing right now on Wall Street and on Main Street and in Washington stems from many factors, of course, but among them are the ideas of Milton Friedman and many of his colleagues and students from this school. Ideas have consequences.

    More than that, what we are seeing with the crash on Wall Street, I believe, should be for Friedmanism what the fall of the Berlin Wall was for authoritarian communism: an indictment of ideology. It cannot simply be written off as corruption or greed, because what we have been living, since Reagan, is a policy of liberating the forces of greed to discard the idea of the government as regulator, of protecting citizens and consumers from the detrimental impact of greed, ideas that, of course, gained great currency after the market crash of 1929, but that really what we have been living is a liberation movement, indeed the most successful liberation movement of our time, which is the movement by capital to liberate itself from all constraints on its accumulation.

    So, as we say that this ideology is failing, I beg to differ. I actually believe it has been enormously successful, enormously successful, just not on the terms that we learn about in University of Chicago textbooks, that I don’t think the project actually has been the development of the world and the elimination of poverty. I think this has been a class war waged by the rich against the poor, and I think that they won. And I think the poor are fighting back. This should be an indictment of an ideology. Ideas have consequences.

    Now, people are enormously loyal to Milton Friedman, for a variety of reasons and from a variety of sectors. You know, in my cynical moments, I say Milton Friedman had a knack for thinking profitable thoughts. He did. His thoughts were enormously profitable. And he was rewarded. His work was rewarded. I don’t mean personally greedy. I mean that his work was supported at the university, at think tanks, in the production of a ten-part documentary series called Freedom to Choose, sponsored by FedEx and Pepsi; that the corporate world has been good to Milton Friedman, because his ideas were good for them.

    But he also was clearly a tremendously inspiring teacher, and he had a gift, like all great teachers do, to help his students fall in love with the material. But he also had a gift that many ideologues have, many staunch ideologues have—and I would even use the word “fundamentalists” have—which is the ability to help people fall in love with a perfect imagined system, a system that seems perfect, utopian, in the classroom, in the basement workshop, when all the numbers work out. And he was, of course, a brilliant mathematician, which made that all the more seductive, which made those models all the more seductive, this perfect, elegant, all-encompassing system, the dream of the perfect utopian market.

    Now, one of the things that comes up again and again in the writings of University of Chicago economists of the Friedman tradition, people like Arnold Harberger, is this appeal to nature, to a state of nature, this idea that economics is not a political science or not a social science, but a hard science on par with physics and chemistry. So, as we look at the University of Chicago tradition, it isn’t just about a set of political and economic goals, like privatization, deregulation, free trade, cuts to government spending; it’s a transformation of the field of economics from being a hybrid science that was in dialogue with politics, with psychology, and turning it into a hard science that you could not argue with, which is why you would never talk to a journalist, right? Because that’s, you know, the messy, imperfect real world. It is beneath those who are appealing to the laws of nature.

    Now, these ideas in the 1950s and ’60s at this school were largely in the realm of theory. They were academic ideas, and it was easy to fall in love with them, because they hadn’t actually been tested in the real world, where mixed economies were the rule.

    Now, I admit to being a journalist. I admit to being an investigative journalist, a researcher, and I’m not here to argue theory. I’m here to discuss what happens in the messy real world when Milton Friedman’s ideas are put into practice, what happens to freedom, what happens to democracy, what happens to the size of government, what happens to the social structure, what happens to the relationship between politicians and big corporate players, because I think we do see patterns.

    Now, the Friedmanites in this room will object to my methodology, I assure you, and I look forward to that. They will tell you, when I speak of Chile under Pinochet, Russia under Yeltsin and the Chicago Boys, China under Deng Xiaoping, or America under George W. Bush, or Iraq under Paul Bremer, that these were all distortions of Milton Friedman’s theories, that none of these actually count, when you talk about the repression and the surveillance and the expanding size of government and the intervention in the system, which is really much more like crony capitalism or corporatism than the elegant, perfectly balanced free market that came to life in those basement workshops. We’ll hear that Milton Friedman hated government interventions, that he stood up for human rights, that he was against all wars. And some of these claims, though not all of them, will be true.

    But here’s the thing. Ideas have consequences. And when you leave the safety of academia and start actually issuing policy prescriptions, which was Milton Friedman’s other life—he wasn’t just an academic. He was a popular writer. He met with world leaders around the world—China, Chile, everywhere, the United States. His memoirs are a “who’s who.” So, when you leave that safety and you start issuing policy prescriptions, when you start advising heads of state, you no longer have the luxury of only being judged on how you think your ideas will affect the world. You begin having to contend with how they actually affect the world, even when that reality contradicts all of your utopian theories. So, to quote Friedman’s great intellectual nemesis, John Kenneth Galbraith, “Milton Friedman’s misfortune is that his policies have been tried.”

AMY GOODMAN: Naomi Klein, author of the bestselling book The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism. We’ll come back to her speech at the University of Chicago in a minute.

[break]

AMY GOODMAN: We return to Naomi Klein, bestselling author of The Shock Doctrine, talking at the University of Chicago on Wednesday about the current economic crisis and the legacy of Milton Friedman.

    NAOMI KLEIN: This process of measuring an elegant perfect, beautiful, inspiring ideology against a messy reality is a painful process, and it’s a process that anyone who has tried to free themselves from the confines of fundamentalist thinking, from ideological constraints, has faced. My grandparents, for instance, were pretty hardcore Marxists. In the ’30s and ’40s, they believed fervently in the dream of egalitarianism that the Soviet Union represented. They had their illusions shattered by the reality of gulags, of extreme repression, hypocrisy, Stalin’s pact with Hitler.

    I bring this up, because the left has been held accountable for the crimes committed in the name of its extreme ideologies, and I believe that it’s actually been a very healthy process for the left, one that isn’t over, that is continuing. But I think that the process of having to examine the unacceptable compromises that were made in the name of hard ideology, that they are paying off in the way the left today is being reborn and re-imagined.

    You know, the most left-wing place on the planet at the moment is, interestingly enough, the first place where Chicago School ideology made that leap from the textbook into the real world, and that’s Latin America. And that happened for a very specific reason, as you know. This—in the 1950s, there was great concern at the State Department about the fact that Latin America, then as now, as it seems to do, was moving to the left. There was concern about what they called the “pink economists,” the rise of developmentalism, import substitution, and, of course, socialism. And, of course, this was a concern because it greatly affected American and European interests, because the crux of the argument of import substitution was that countries like Chile and Argentina, Guatemala, should stop exporting their raw natural resources to the north and then importing expensive processed goods to the south, that it didn’t make economic sense, that they should use the same tools of protectionism, of state supports, that built the economies of Europe and North America. That was that crazy radical idea, and it was unacceptable.

    So, this plan was cooked up—it was between the head of USAID’s Chile office and the head of the University of Chicago’s Economics Department—to try to change the debate in Latin America, starting in Chile, because that’s where developmentalism had gained its deepest roots. And the idea was to bring a group of Chilean students to the University of Chicago to study under a group of economists who were considered so extreme that they were on the margins of the discussion in the United States, which, of course, at the time, in the 1950s, was fully in the grips of Keynesianism. But the idea was that there would be—this would be a battle to the—a counterbalance to the emergence of left-wing ideas in Latin America, that they would go home and counterbalance the pink economists.

    And so, the Chicago Boys were born. And it was considered a success, and the Ford Foundation got in on the funding. And hundreds and hundreds of Latin American students, on full scholarships, came to the University of Chicago in the 1950s and ’60s to study here to try to engage in what Juan Gabriel Valdes, Chile’s foreign minister after the dictatorship finally ended, described as a project of deliberate ideological transfer, taking these extreme-right ideas, that were seen as marginal even in the United States, and transplanting them to Latin America. That was his phrase—that is his phrase.

    But today, we see that these ideas are reemerging in Latin America. They were suppressed with force, overthrown with military coups, and then Chile and Argentina, Uruguay and Brazil all became, to varying degrees, laboratories for the ideas that were taught in the classrooms of the University of Chicago. But now, because there was never a democratic consent for this, the ideas are reemerging.

    But one of the things that’s interesting about the new left in Latin America is that democracy is at the very center. And, you know, the first thing that Rafael Correa did when he was elected president of Ecuador, for instance—well, the first thing he did was give an interview. They said, “What can we expect of your economic program?” He said, “Well, let’s put it this way: I’m no fan of Milton Friedman’s.” And then he called a constituent assembly. He created an incredibly open political process to rewrite the country’s constitution. And that’s what happened in Bolivia, and that’s what’s happened in many Latin American countries, because democracy is being put at the center of these projects, because there has been a learning process of looking at the mistakes that the left has made in the past, the ends-justify-the-means mistakes.

    So, I think all ideologies should be held accountable for the crimes committed in their names. I think it makes us better. Now, of course, there are still those on the far left who will insist that all of those crimes were just an aberration—Mao, Stalin, Pol Pot; reality is annoying—and they retreat into their sacred texts. We all know who I’m talking about.

    But lately, particularly just in the past few months, I have noticed something similar happening on the far libertarian right, at places like the Cato Institute and the Reason Foundation. It’s a kind of a panic, and it comes from the fact that the Bush administration adapted—adopted so much of their rhetoric, the fusing of free markets and free people, the championing of so many of their pet policies. But, of course, Bush is the worst thing that has ever happened to believers in this ideology, because while parroting the talking points of Friedmanism, he has overseen an explosion of crony capitalism, that they treat governing as a conveyor belt or an ATM machine, where private corporations make withdrawals of the government in the form of no-bid contracts and then pay back government in the form of campaign contributions. And we’re seeing this more and more. The Bush administration is a nightmare for these guys—the explosion of the debt and now, of course, these massive bailouts.

    So, what we see from the ideologues of the far right—by far right, I mean the far economic right—frantically distancing themselves and retreating to their sacred texts: The Road to Serfdom, Capitalism and Freedom, Free to Choose. So that’s why I’ve taken to calling them right-wing Trotskyists, because they have this—and mostly because it annoys them, but also because they have the same sort of frozen-in-time quality. You know, it’s not, you know, 1917, but it’s definitely 1982. Now, the left-wing Trots don’t have very much money, as you know. They make their money selling newspapers outside of events like this. The right-wing Trots have a lot of money. They build think tanks in Washington, D.C., and they want to build a $200 million Milton Friedman Institute at the University of Chicago.

    Now, this brings up an interesting point. It’s an interesting point about the think tanks, in general, which has to do with the fact that it does seem to take so much corporate welfare to keep these ideas alive, which would seem to be a contradiction of the core principle of free market ideology—I mean, and particularly now, in the context of the Milton Friedman Institute. I mean, I could see it in the ’90s, but now, is the world really clamoring for this? Is there really a demand that you are supplying here? Really?

    I think this points to a larger issue, and this comes up—has come up for me again and again in talking about this ideology, this ideological campaign. You know, is it—is it really fueled by true belief, and—or is it just fueled by greed? Because it’s not—the thoughts are so very profitable. So they are distinctive in that way, distinctive from other ideologies. And, of course, you know, certainly we know that religion has been a great economic partner in imperialism. I mean, this isn’t an entirely new phenomenon. But this is a question that comes up a lot. And I think it’s very difficult to answer, and it’s clear, certainly at this school, that much of it is fueled by belief, by true belief, by falling in love with those elegant systems.

    But I think we also need to look particularly at this moment, who this ideology benefits directly economically, keeping it alive in this moment, and how, even in this moment, when everybody is saying, you know, this is the end of market fundamentalism, because we’re seeing this betrayal of the basic tenets of the non-interventionist government by the Bush administration—you know, I believe this is a myth and that the ideology has just gone dormant, because it’s ceased to be useful. But it will come roaring back, and I’ll talk a little bit more about that.

    But, you know, I was interested that yesterday the Heritage Foundation, which has always been a staunch Friedmanite think tank, that they came out in favor of the bailout. They came out in favor of the bailout; they said it was vital. And what’s interesting about that is, of course, the bailout is creating a crisis in the economic—in the public sphere. It’s taking a private crisis, a crisis on Wall Street, which of course isn’t restricted to Wall Street, and it will affect everyone, but it is moving it, moving those bad debts, onto the public books.

    And now the Bush administration has already left the next administration, whoever it is, with an economic crisis on their hands, but with this proposed transfer, they’re dramatically increasing that crisis. So, we can count, I would argue, on the Heritage Foundation refinding their faith, refinding their faith when it becomes necessary and useful to once again argue that the way to revive the American economy is to cut taxes, cut regulation, to stimulate the economy—and, by the way, we can’t afford Social Security; we’re going to have to privatize it, because we’ve got this terrible debt and deficit on our hands. So, the ideology is far from dead, and what we are, I think, seeing with this proposed monument to Friedmanism is really a way of entrenching it and making sure that it is always available to come back, to come roaring back.

    So, I said I would talk a little bit about Friedmanism and the links to the current crisis. And, you know, it’s pretty direct. Milton Friedman is pretty much accepted as the godfather of deregulation. And this was—this ideology was the rationale for turning the financial sector into the casino that we see today. You know, Milton Friedman was clear about this. He believed that “history took a wrong turn,” and that’s a quote; it’s a quote from a letter he wrote to Augusto Pinochet. He said, “History took a wrong turn in your country, as well as mine.” And he was referring to the responses to the Great Depression. In Chile, it was the rise of import substitution and developmentalism. But in the United States, he was of course referring to the New Deal.

    And I think that the Chicago School of Economics is properly understood as a counterrevolution against the New Deal, against regulations like Glass-Steagall, that was put in place in 1934 after having seen people lose their life savings to the market crash, and it was a firewall, a very simple, sensible law that said if you want to be an investment bank, if you want to gamble, gamble with your investors’ money, but the government isn’t going to help you because it’s your own risk. You can fail. And if you want to be a commercial bank, then we will help you. We will offer insurance to make sure that those savings are safe, but you have to restrict the risks that you take. You cannot gamble. You cannot be an investment bank. And a firewall was put up between investment banks and consumer banks.

    And now we look at the way in which this crisis is supposedly being solved, and what we see, actually, is a wave of mergers in the banking sector, a wave of mergers with the banks getting bigger and bigger until ultimately—you know, the Financial Times was predicting today that eventually the United States will have three big banks, just like Japan does. That’s where it’s heading. And, of course, all of those banks will be too big to fail. So they all have this implicit guarantee; it’s not just Fannie and Freddie. It’s any function that is too important to fail has this implicit guarantee.

    Phil Gramm is the person, you know, on the legislative side who did the most to create the legislative context for what we’re seeing right now in the financial sector. You know, I think everyone knows that Phil Gramm, most famously, recently is the one who said that America was in a mental recession and a bunch of whiners and all of that. And so, he’s not officially an adviser to McCain, but there is talk that if he were to win the elections, he would be Treasury Secretary. You know, I point—I bring him up because Phil Gramm was a Milton Friedman fanatic. I think you know this. In 1999, the same year that he led the charge to strike down Glass-Steagall, he also—Phil Gramm—pressed Congress to get the Medal of Honor for Friedman. When he ran in the—when he made his 1996 presidential run, McCain was the co-chair of his campaign. Phil Gramm was asked, “If you had to rely on a single person as your foremost economic policy adviser, who would it be?” And he replied, “Dr. Milton Friedman.” So we see the connections between deregulation and Friedmanism.

    I also think there’s something else at play in the kind of politicians that are attracted to this particular ideology. You know, Reagan was the first really to embrace it, and Nixon was the great disappointment to Friedman. I’m sure you all know that. You know, he writes in his memoir that when Nixon was elected, he was euphoric. I mean, he couldn’t imagine an American president more closely aligned ideologically than Richard Nixon. But Richard Nixon insisted on governing, and he wanted to win elections, and he imposed wage and price controls. And Milton Friedman sort of had a bit of a temper tantrum and declared him the most socialist president in modern American history. But, you know, it was—so it was really Reagan who campaigned, you know, with his copy of Capitalism and Freedom on the campaign trail, who was the first person to really put Friedmanism into practice.

    And I raise this because, you know, one of the things that we hear about McCain is that he doesn’t really know about economics, and so I think that makes us inclined not to take his economic ideas seriously, not to think he would be a really serious economic force. I think just the opposite. And I think if you look at his campaign platform, you see just the opposite. He wants to privatize Social Security. He is saying that in the first 100 days they’ll look at every single government program, and they will either reform it or shut it down if it is not serving taxpayers. I mean, they are talking about a sort of hundred-day economic shock therapy period. And I think it’s the fact that he doesn’t know about economics, and that Sarah Palin, I suspect, knows a little less, that actually makes them so dangerous.

    And I don’t—you know, I don’t think it is—not to be too flippant—I’m sure that I’ve, you know, offended everyone, so I may as well just say bad things about Ronald Reagan—but I do think that, you know, that it isn’t a coincidence that, you know, a movie star president champions these ideas, or a body-builder governor, you know, who says, “Dr. Friedman changed my life”—I don’t know if you’ve seen Arnold Schwarzenegger’s introductions to Freedom to Choose, but they’re good. You should. YouTube them. But the appeal of these ideas, I think, to politicians who are actually in over their head on economics—and, by the way, this goes for military dictators, too, like Pinochet—who get control over a country and are totally clueless about how to run an economy, is that it lets them off the hook completely. It says government is the problem, not the solution. Leave it to the market. Laissez-faire. Don’t do anything. Just undo. Get out of the way. Leave it to us.

AMY GOODMAN: Naomi Klein is author of The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism, speaking at the University of Chicago against the naming of the economics institute there after its most famous economist, Milton Friedman. We’ll come back to the conclusion of her address in a minute.

[break]

AMY GOODMAN: We go back to the final portion of Naomi Klein’s address at the University of Chicago last week, invited by a faculty group opposed to the creation of a $200 million Milton Friedman Institute, a research center honoring the ideals of the late Chicago School economist.

    NAOMI KLEIN: This crisis moment, of course, is going to play out in a lot of different ways. And, you know, the other major contribution—another major contribution of Friedmanism to the policy framework is not just deregulation, but privatization, of everything. And, you know, in Capitalism and Freedom, he lays out his wish list, everything from the post office to national parks. So I think it’s interesting to think about how this crisis will effect future plans for privatization.

    And, in fact, it already is, because the next big bubble—and, by the way, this idea of bubbles is intimately connected to the idea of governments who think that their role is simply to create the context for maximum profit seeking—I mean, that you just get out of the way; anything that makes money is good, even if, you know, it’s entirely divorced from the real economy, if it inflates—your GDP is still going up. And the next big bubble—they went from dotcom to housing—is projected to be infrastructure.

    The crisis, you know—and this is where Friedmanism becomes a kind of a self-fulfilling prophecy, because you neglect the public sphere and—because you have tax cuts and because you’ve derided the public sphere, and we certainly saw this in New Orleans during Hurricane Katrina, which was not a natural disaster; it was a disaster borne of a collision between heavy weather and a weak infrastructure. But then, that was used to rationalize really just erasing the public sphere altogether, closing Charity Hospital, the only hospital that treats the uninsured in New Orleans, closing down the public housing projects. Richard Baker, Republican congressman, said, “We couldn’t clean out the housing projects, but God did.”

    Milton Friedman—and I start the book with this story—wrote a piece; it was one of his last pieces of writing, his last major policy recommendation. He wrote a piece for the Wall Street Journal, saying that it was an opportunity, the fact that parents and teachers and children were scattered across the United States after Hurricane Katrina, an opportunity to radically remake the education system. Now, that—and, of course, turned into a voucher system.

    Now, that neglect of public sphere that we saw in New Orleans is, of course, a national crisis. The American Society of Civil Engineers estimates that there is a deficit, an infrastructure deficit of between $1.5 trillion and $2 trillion, just to bring the roads and bridges up to safety standards. And the solution, up until very recently, that was being held up, was public-private partnerships, was privatization of essential infrastructure. You know this in Chicago, because the airport is one of the ones on the block.

    But one interesting thing that happened today is that the biggest—the biggest test case for infrastructure privatization is the Pennsylvania Turnpike, which was on the verge of being handed over to a consortium of private companies on a seventy-five-year lease, and that deal fell through today. And I think part of the reason why it fell through is because one of the companies leading the consortium was Citigroup. And the idea of putting more essential services, more things that are far too important to fail, in the hands of the same people that have made such a mess of the financial sector suddenly seems like insanity. But on the other hand, the economic pressures on states, on the federal government, is only going to increase, right? Because it seems inevitable that those private debts are going to be transferred onto the public books. So, nothing can be taken for granted in this moment.

    The other way where we—the other place where I think we see the legacy of Friedmanism in this moment is in the backlash to the Wall Street bailout, the backlash that essentially killed the bill in Congress, although it’s clear that it’s going to be revived. People got very, very frightened yesterday when the stock market had its worst day, and they called their Congress people with another message. And I just want to say, on that front, that it’s easy to conclude from that that people are just untrustworthy, and they shouldn’t really have a say in the economy, which is, I think, probably what Milton Friedman would say. And this was part of the impulse toward specialization and treating everything economic as hard science, because that means, you know that it’s out of reach of democracy. It’s not subject to any debate; these are hard rules.

    Now, I think that the sort of volatility we’ve seen on the—in the markets the past few days is at least partially the result of the incredible recklessness of the Bush administration in dangling a $700 billion bailout, just free money, saying we’re going to do this, before they had any guarantee that they were going to be able to do it. So, of course, the stock market rallies at the prospect of free money. Why wouldn’t it? And then, when it falls through, of course, it dips. And I’m not saying this is all planned, but this sort of rollercoaster we’ve been on has just been part of this pattern of incredibly poor management, poor government, that infuses every aspect of this crisis.

    And this, of course, is also part of the ideology, because the Bush administration, far from being an aberration, is really the culmination of the idea that government is the problem, not the solution. I think they really believe that and totally abdicate it, their responsibility to manage, to govern. The popping of the housing bubble was a surprise to no one. But the only preparation was a two-and-a-half-page plan presented by Henry Paulson that said, “Give me $700 billion, and don’t ask any questions.” That is not preparing, right? This was laissez-faire in action, a really scary kind of laissez-faire.

    But the anger is, of course—the anger at Wall Street, this sort of—you know, there was a vindictive quality to a lot of what the Congress people heard from their constituents: “Why should we bail them out? Look at what they’ve done to us.” And it was Main Street versus Wall Street. And this is—you know, this is another failure of Friedmanism, because the idea of the ownership society was that class-consciousness was supposed to disappear, right? Because union members were not going to think of themselves as workers, because everybody owned a piece of the stock market, and everybody was going to have a mortgage, so they would think like owners, they would think like bosses, they would think like landlords, not like tenants, not like workers. Class is suddenly back in America, with a vengeance, and it is the result of this class war that was waged from this school.

    Now, interestingly, there is another Chicago boy, and Barack Obama is responding to the market crisis by turning his campaign really into a referendum; though he wouldn’t call it a referendum on Friedmanism, he seems to be turning it into a referendum on Friedmanism. He’s saying that essentially what we’re seeing on Wall Street is the culmination of an ideology of deregulation and trickle-down economics—give a lot at the top and wait for it to trickle down to the people at the bottom—and that is precisely what has failed. And what’s interesting is that the more he says that, the higher his ratings go in the polls.

    So I think we can see a couple of scenarios for the future. One, McCain wins, and it’s economic shock therapy. You know, the thesis of The Shock Doctrine is that we’ve been sold a fairy tale about how these radical policies have swept the globe, that they haven’t swept the globe on the backs of freedom and democracy, but they have needed shocks, they have needed crises, they have needed states of emergencies. It doesn’t necessarily have to be an outright military coup, which are the conditions in which this ideology had its first laboratories. It can just be a bad-enough economic crisis, a bad-enough hyperinflation crisis, in an electoral democracy that allows politicians to say, “Sorry about everything we said during the campaign. Sorry about the usual ways in which we make decisions, debate discussion. We’re going to have to haul up, form an emergency economic team and impose shock therapy,” usually with the help of the International Monetary Fund and the World Bank.

    Milton Friedman understood the utility of crisis. And this is a quote—you know, I use it a lot, but I’ll use it now again, because I think it’s important—which he has at the beginning of the 1982 edition of Capitalism and Freedom: "Only a crisis, actual or perceived, produces real change. When that crisis occurs, the actions that are taken depend on the ideas that are lying around. That, I believe, is our basic function: to develop alternatives to existing policies, to keep them alive and available until the politically impossible becomes politically inevitable.”

    Now, because I’ve been studying the utility of crisis for this free market project, which I consider to be very anti-democratic, it’s really attuned me to looking for the ideas that are lying around. And I’ve been paying really close attention to people like Grover Norquist, Newt Gingrich, the Republican Study Committee, these past few weeks. And I have an “ideas lying around” file, which are the ideas that they are floating right now in the midst of this economic crisis. And a lot of them are familiar, but the point is is that they’re being repackaged now as the way out of this economic crisis. So, it’s suspending the capital gains tax, getting rid of the post-Enron regulations, getting rid of mark-to-market accounting. In other words, more deregulation and less money in the public coffers. And it is interesting that the way in which this bill—the way the senators were trying to get the bailout bill through the Senate, after it had failed to go through Congress, was by adding tax cuts, a package of $118 billion worth of tax cuts. Some of them are good, some of them are not. But it’s a deepening of this crisis.

    So, we know that the crisis is coming, and the question is, how are we going to respond? I think there needs to be better ideas lying around. I think the Milton Friedman Institute is about keeping the same old ideas that have been recycled so many times, that actually make these public crises worse, making sure that they are the ones that are ready and available whenever the next crisis hits. I think that is what—at its core, that’s what so many of the right-wing think tanks are for, and that’s what the Institute is for. And I think that is a waste of the fine minds at this university. I think it is a waste of your minds, your creativity, because all of these crises—climate change, the casino that is contemporary capitalism—all of these crises do demand answers, do demand actions. They are messages, telling us that the system is broken. And instead of actual solutions, we’re throwing ideology, very profitable ideology, at these problems. So we need better ideas lying around.

    We need better ideas responding to what a Barack Obama presidency would absolutely face. As soon as he comes to office, “Yes, you can” turns into “No, you can’t; we’re broke.” No green jobs, no alternative energy, no healthcare for everyone. You know, his plan for—to give healthcare to every child in America costs $80 billion. Bailing out AIG cost $85 billion. They’re spending that money. They’re spending those promises. So, the people who are going to say, “No, you can’t,” who are going to use this crisis to shut down hope, to shut down possibility, are ready.

    And I think it would be so wonderful to have the brilliant young economists of the University of Chicago—I don’t know if any of them bothered to come out tonight—but to have your minds at work meeting this crisis. We need you. We need open minds. We need flexible minds, as creative as possible. The Milton Friedman Institute, in its name and essence, is about trying to recapture a moment of ideological certainty that has long passed. It has long passed because reality has intervened. It was fun when it was all abstract. It was fun when it was all in the realm of promise and possibility. But we are well past that. Please, don’t retreat into your sacred texts. Join us in the real world.

AMY GOODMAN: Naomi Klein, author of The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism. She was speaking at the University of Chicago against the naming of the economics institute there, the Milton Friedman Institute, invited by a group of faculty.

Good Luck, Japan

すぎやまこういち氏による「頑張れ日本」の歌である。綺麗な曲である。

最初の写真は西表島の珊瑚礁の浜辺、2番目が石川県の白山の峡谷、3番目が岩手・宮古の経が浜、4番目が四万十川、5番目が埼玉の長瀞のつつじ、6番目が日光の谷川で、最後が宮崎県の南郷の海の景色の写真である。

人気ブログランキングへ

Saito Takao

Postal Crime Revealed

郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子元厚生労働省局長が、大阪地検特捜部による違法な逮捕・起訴で精神的苦痛を受けたとして、国と前特捜部長大坪弘道被告(57)=犯人隠避罪で起訴=ら3人を相手取り、計約3670万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を27日、東京地裁に起こした。代理人の弘中惇一郎弁護士が同日、記者会見し明らかにした。
 他に訴えられたのは元特捜部主任検事前田恒彦被告(43)=証拠隠滅罪で起訴=と、捜査を担当した国井弘樹検事(35)。
 訴状では、村木氏が無実であることを容易に知り得たのに、ストーリーに沿った調書を作り上げて村木氏を逮捕、勾留した大阪地検や担当検事らの行為は不法行為に当たると主張。起訴休職中に支払われなかった約1年2カ月分の給与計約2100万円の他、精神的苦痛に対する慰謝料として1000万円などを請求している。
 弘中弁護士は、訴訟の対象に大坪被告ら個人を含めたことについて「事件の責任の所在を明確にしたかった。無実の人が追い込まれていった経過を知りたい」と説明した。 

郵便不正事件の真犯人は誰か。無実の罪をつくろうとした背景は何か。

Justice?

「murakamimasakuniikensho.pdf」をダウンロード

人気ブログランキングへ

平成22年12月21日
司法・検察の抜本的改革の実現をめざすために

躍進日本! 春風の会
日本の司法を正す会
村上正邦

 新聞報道によれば、大林宏検事総長が、大阪地検特捜部の証拠改竄・犯人隠避事件の責任をとって辞任し、政府は後任の検事総長には笠間治雄東京高検検事長を充てる人事を固めたとのことである。
 大阪地検特捜部の事件を「検事個人の不祥事」にとどめず、組織全体の問題として受け止め、最高責任者たる検事総長が責任をとること事態は評価したい。
 しかし、今回の事件を検事総長の辞任で終わらせるようなことがあってはならない。いま国民が求めているのは、厳しい批判に晒された特捜検察の在り方そのものを根本から変革することではないのか。
 今回の大阪地検特捜部の事件をはじめ、一連の国策捜査を生んだ特捜検察そのものの病根を剔抉することなく、東京地検特捜部長経験者である笠間治雄氏を後任の検事総長に就かせる人事、つまりトカゲのシッポ切りのくり返しには大いに疑問がある、と言わざるを得ない。
 2001年3月、私はKSD事件で受託収賄容疑で逮捕・起訴されたが、当時の東京地検特捜部長が、今回検事総長に擬せられている笠間治雄氏であった。
 当時、東京地検特捜部は、「ものつくり大学」設立を目指していたKSD創立者の古関忠男氏が代表質問で取り上げるよう私に請託し、見返りに5000万円を供与したというストーリーを作り、ストーリー通りに調書を捏造したのだ。
 請託の事実がないにもかかわらず、請託の日時・場所を「作り上げ」、古関氏には執行猶予を条件に嘘の自白調書にサインさせたのである。
 私は終始一貫無罪を主張、古関氏も公判廷で「請託の事実はない。このままでは死にきれない」と証言したが、東京地裁で2年2月の実刑判決を受けた。私は直ちに控訴したが、控訴棄却、最高裁も上告棄却で実刑が確定した。
 私は自ら身の潔白を証明するため、今後再審請求を行ってゆく決意だ。
 この他にも笠間氏は東京高検次席検事の時、日歯連闇献金事件を担当した。
 この事件も不可解な経過をたどった。
 1億円の小切手を受け取った時に現場にいた橋本龍太郎元総理、青木幹雄参院自民党幹事長の両氏は証拠不十分で不起訴、野中広務元自民党幹事長は起訴猶予となったが、現場にいなかった村岡兼造・元官房長官が在宅起訴された。 この検察の処分について検察審査会が「起訴猶予は不当である」とする議決を行ったように、当時の特捜検察の捜査、処分には幾多の疑問が残る。
 この事件を担当したのが笠間氏であったことを、ここで明記しておきたい。村岡氏は一審では無罪だったが、東京高裁では逆転有罪となり、上告棄却で有罪判決が確定した。
 笠間氏の検事総長就任人事を報ずる新聞各紙は、笠間氏は特捜検察の経験が長く、東京
地検特捜部長として辣腕をふるい、4人もの政治家を逮捕したことを「実績」として高く評価している。
 しかし、この「実績」に問題があるのだ。笠間氏自身が、いま国民の批判に晒されている特捜検察の捜査手法を駆使し、ストーリーありきで幾多の事件を作り上げてきた中心的存在の人物なのではないか。
 いま我が国の検察が直面しているのは、今回の大阪地検特捜部の「事件」が何故起きたのか、そしてその根本にある「検察文化」とは一体、如何なるものだったのかを、自ら真摯に問うことである。
 あわせて、笠間氏が指揮をとった全ての「事件」の検証があってしかるべきことは、論をまたない。
 以上、笠間氏の検事総長就任に異議を申し立てる所以である。

Postal Crimes

To prosecute and rectify the situation

http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0907/ronbun2-1.html

人気ブログランキングへ

Ranking

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂ければ幸いです。

人気ブログランキングへ

Wait for Spring in the midst of bitter cold wind

人気ブログランキングへ

Ozawa Ichiro over the Internet

101223小沢一郎衆議院議員 from iwakamiyasumi on Vimeo.

書き起こしたテキストがあった。http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/12/post_b53d.html

下記のランキングのバナーのクリックもお願いします。

人気ブログランキングへ

Merry Christmas to you

人気ブログランキングへ

国会図書館

Libarary

Postal Privatization Conspiracies

人気ブログランキングへ

Imperial Cruise 3

Imperial Cruise 2

Imperial Cruise 1

Mahorobajapan Extra

Mahorobajapan 003

Mahorobajapan 002

Mahorobajapan 001

Beautiful Mountain

Photo_3

新潟県村上市の隣町の関川村女川の友人から、光兎山のすばらしい写真を送って頂いた。

光兎山と関川村立女川中学校(7年前に統合により閉校)跡地。一昨年の今頃、佐渡から飛んできたトキが暮らしていたのがこの一帯のたんぼと里山でした。個体番号3番のメスのトキは本土と佐渡を4往復し現在は佐渡で暮らしています。

Photo_4

 

日本海沿いに新潟県を北上する国道7号線から113号線に東折し、関川村に入るとすぐ北東12kmにある鋭峰が光兎山(こうさぎさん)966.3メートルである。残雪の頃、頂上直下に兎の形をした雪形が現れる。円仁慈覚大師によって開山され、戦前までは女人禁制の山。

       

花飾り

お堀端

楠正成銅像


半蔵門から有楽町まで徒歩で散歩して、桜田門を抜けて、広場の外苑に楠正成の像を見た。住友家が寄進したものだ。臣 住友吉左右衛門と裏に書いてある。郵政民営化の首謀者の元頭取などは、逆賊に入るのだろうか。住友の家名からすれば恥じ入るべきことであろう。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%8F%8B%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

中国からの観光客が多い。結構なことだ。しかし、広場の芝生の中にどんどん入って、刈り込んだ芝を踏み荒らして二重橋から自分のバスまで帰ろうとするマナーの悪さは、ガイドさん当たりがやんわりと注意した方がいい。

人気ブログランキングへ

Corrupt Court

最近、とある元裁判官の話を聞いて、あきれかえるばかりではなく、絶句したことがあります。その裁判官は、裁判官を辞めて弁護士になったのは給料がいいからなどとも言いましたが、”検察尊重の原則”があるとも発言しました。同じお役人の仲間意識からくるものだとの話でした。裁判官の時には、検察の取り調べの実態についても知らなかったとのことでしたし、上級審は下級審の判断をひっくり返すことが役割のように思っている。八王子支部や、宮崎支部が左遷ポストなどとの話でした。当方ブログなどは、裁判官の給料が高いのは、賄賂の誘惑から守る為にいい制度だと勘違いしていました。裁判官は忙しすぎて、判断をする余裕も内容です。勉強も足りませんから、司法試験に合格した、試験の優等生と言うだけで、大津事件の児島惟謙の話も知りませんでした。

すっかり腐敗してしまった、司法の制度をよくするにはどうすればいいのか。日本とドイツを比較したブログがありました。ご参考まで。http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/cd0800a3a1e8080f5390c0ac73f97abd

人気ブログランキングへ

Takenaka Heizo and Criminal Prosecution

[竹中平蔵こそ証人喚問を]、というズバリの題をつけた単行本が出版された。著者は、佐高信氏で、出版社は、七つ森書館という。低価は1500円+税である。Summon_witness

序 竹中平蔵をこそ証人喚問すべきである、と言う文章が三頁から32頁までつづき、その後は、I 竹中平蔵の罪の履歴書と題して、二つの節に分けている。

五つの詰問状という小節をつくって、竹中平蔵氏への詰問状ーー得た果実と「痛み」との大きな落差、再び竹中平蔵氏への詰問状ーー「特等席の経済学」を語ってください、竹中平蔵氏への三度目の詰問状ーー企業の表面しか見ていない、竹中平蔵氏へ第四の詰問状ーー”逃税”義絵枠と名誉毀損訴訟について、竹中平蔵氏への第五の詰問状ーーあなたのことを新自由主義と言うのが不思議です、となっている。第二の節が、罪の履歴書と題がつけられ、”政商“ならぬ”学商”の群れ、自分だけがトクをする無法経済学、竹中流経済学は他人に痛みを負わせる、”逃税”の達人・竹中平蔵大臣に辞職を勧告する、”居直り平蔵”という呼称も贈ろう、とどまることなき無責任さと図々しさ、中立・公正という幻想、「郵政米営」を押しつけた小泉・竹中、と言う題が並ぶ。逃税などと言う造語もおもしろい。

II”竹中組”の同じ穴のムジナという、題をつけて、木村剛、宮内義彦、福井俊彦、村上世彰、堀江貴文、という実在の人物の名前を小節にしている。

III 小泉”改革”の側用人と言う題の下では、猪瀬直樹、田中直毅、御手洗富士夫、三木谷浩史、林真理子、渡辺恒雄、佐藤政明とこれまた、実在の人物の名前を小節にしている。

ともあれ、話題が、証人喚問の問題を直撃する本である。佐高信氏は、週刊金曜日を発行する会社の前社長を務めた評論家である。

当方ブログの参考図書館にもリンクを貼ったので、当方ブログの読者の皆様に一読を勧める。

「竹中を証人喚問すべきだと思う理由は主に3つある。●1つは木村剛を金融庁の顧問にし、彼が会長となった日本振興銀行が破綻したのに、その責任を問われてコメントを回避していること。●2つ目は、郵政「民営化」に絡む「かんぽの宿」のオリックスへの払い下げ問題。●そして、3つ目が”逃税疑惑”等の個人的な問題である」と、以上表紙に大書してある。

Suzuki Muneo and Justice

12月6日に共同通信との単独インタビューの記事がなんと広島の中国新聞社が掲載していた。ご参考まで。

「消費期限はまだ残っている」 収監前に鈴木氏 '10/12/6

 収監される新党大地の代表

鈴木宗男

すずき・むねお

元衆院議員は6日までに共同通信の単独インタビューに応じ、検察捜査への強い危機感などを語った。

 ―収監前の心境は。

 真実が明らかにならず、何とも言えぬ悔しさと無念さがある。「鈴木ありき」の事件だった。検察の暴走、青年将校化は、民主主義の危機だと感じている。

 ―特捜捜査の問題は。

 検事は司法試験に合格し勉強しているから自分でストーリー、シナリオをつくり、それに合わせて関係者を脅し誘導して都合の良い調書を取る。私の事件でも「家族に捜査が及びますよ」と脅された人がいた。

冤罪

えんざい

をなくすため、特捜事件は可視化すべきだ。

 ―事件当時、外務省の極秘公電漏えいの見返りとして主任分析官だった

佐藤優

さとう・まさる

氏に飲食代を提供したとの疑惑も出た。

 見返りに飲食代を渡したことはない。検察は(佐藤氏への)贈賄容疑で捜査したが、事件にならなかった。佐藤氏は(当時の)事務次官に言われて公電を持ってきただけだ。ただ、歴代総理は私を経由して佐藤氏に日ロ外交のため、内閣官房機密費を渡していた。

 ―刑期終了後も5年間は選挙に出られない。

 逆に自由に動ける面もある。北方領土問題はライフワークで、与えられた環境で死ぬまでやっていきたい。

 ―日ロ外交の打開策は。

 まず2島返還を認めてもらい、残り2島も話し合いのテーブルに着かせればいい。現実的にやっていくしかない。決断できるのは強いトップリーダー。それは小沢一郎民主党元代表だ。

 ―今後の活動は。

 逮捕され天国から地獄に落ちた。がんも患った。もう権力闘争はいらない。私の役目は権力に打ちのめされた人に「負けるな、生きていればいいことがある」と発信すること。賞味期限は終わったかもしれないが、消費期限はまだ残っている。あきらめない。これからも闘っていく。

A half million views

当方ブログをささやかに始めてから3年になる。ブログの読み物として、黒潮文明論が、月に2回連載として加わったが、相も変わらず、感想文の域を出ないが、月一回は、世間並みの評論にふさわしい記事をと心がけている。毎日毎日雑文を書いて、病気をした間だけは、さすがにコンピュータの画面を見るわけにはいかないので、間が開いたが、その他は、雑文や感想や、世界の情報に聞き耳を立てた。ブログを始めたときから、カウンターをつけて、数えている。見た数である。人の数とは違うが、カウンターの数で、もうすぐ、50万を超える。

5の後に、0がいつつ続く数字である。50万のヒットの画面を見た方は、メールでご連絡を頂けないものだろうか。一区切りではある。そうしたら、次は、100万のヒットを目指したいと思う。市場原理主義の虚妄と対峙するために開設したささやかなブログである。サイトそのものの維持費は、月に数百円にしかならないが、世界に繋がっていることを実感する。元々外国語で発信をと意気込んで始めたから、少しずつ初心に戻ることも必要かも知れない。

このブログを始めてから、市場原理主義の虚妄が破綻したわけであるから、世界が常道に戻るのは結構早いのかも知れないから、楽観的に考えることも必要である。

また、天網恢々疎にして漏らさずで、悪いことは長続きはしない。天罰が下ることも実感している。市場原理主義の烏天狗の残党がまだ日本では、あちらこちらにうろうろしているが、むしろ、その連中は追われる側になっている。戦争は終わりました、兵隊さん、戦争は終わりました。白旗を揚げて出て来なさいと、アメリカ軍の将校は太平洋の戦線でマイクで呼びかけたと、米人の先生から聞いた覚えがあるが、郵政民営化や構造改革と称する日本を破壊することに加担した、政治家や、官僚や、民間人や、経済界の連中に対して、拝金の市場原理主義は終わりました。矛を収めて降伏しなさい。過ちを認めて、反省して罪滅ぼしをしなさい、残党は早く消え失せなさいと呼びかけたい気分である。

50万ヒットになるためには、3年が懸かった。文章もやはり練習で、書き慣れると書くのが早くなるような気がする。

読者の皆様、ご感想をコメントとしてお寄せいただければ幸いです。

人気ブログランキングへ

Postal Decay

臨時国会が12月初めに閉会して、すっかり政局の様相を呈している。その混乱のなかで、郵政改革法案は一度も審議されることなく継続審議となった。民主党と、郵政民営化の見直しを党是とする国民新党との間では、これまで何度も法案成立を確認する文書が交わされてきたが、今国会においても反故にされた。

カラ証文の連発であった。公党間の約束とか、連立における誠心誠意の政権運営とかの表現は、全く空しいもので、日本の政治に信義が失われていることを如実に示している、悪しき証拠となった。

今回は、カラ証文すら交わされていない。民主党の幹事長から、国民新党の幹事長に当てた、「上記の通り実現します」と書いてある一枚の紙が送られ、「通常国会で予算成立後、総務委員会で他の法案に先駆け成立させる。委員会審議は四月の早い定例日に行い、四月中の参院での成立に向け政府、民主党、国民新党が努力する」となっている。岡田幹事長は、郵政民営化を強行に主張していた政治家であり、野党の意見を十分に反映させるなどとも書いてあるのが特徴である。

ところで、来年の通常国会は一月下旬に召集され、会期は150日間であり、まず、来年度予算が審議され、予算が成立すると、予算関連法案、そして一般の法案の審議の日程となる。郵政改革法案を成立させるためには、参議院は野党が多数を占めることから、憲法第59条の、衆議院で可決され手参議院に送られ60日以内に議決しない場合には、衆議院の三分の二以上の再可決で成立するとされるから、四月下旬には衆議院で可決しておかなければならない。

郵政事業の民営化から、早くも3年の歳月が過ぎたが、ねじれ国会のあおりを受けて、民営化を見直す法案をまともに議論しようとの意気込みが、菅政権には見られず店ざらしとなったし、また、政局の成り行きでは、菅政権そのものの存続が不透明であり、余談を許さない状況にある。

しかし、そのなかでも、民営化された日本郵政の基礎体力は、どんどん落ち始めている状況にある。経常利益は一兆円の大台を維持していても、郵政公社時代の決算に比べて、なんと22.5%もの利益を失っており、収益力は大きく低下している。郵便貯金の残高は、十年間で31.7%減(平成11年のピーク時との比較)である。かんぽの契約件数は、なんと、ピーク時の43.9%も落ち込んでいる。総資産も、どんどん減少しており、百兆円割れぎりぎりと指摘されている。

民営化された郵貯部門は、ファミリーバンクなどと称して、商品構成の多様化などを主張してきたが、全くの失敗ではなかったのか。貯金金利も、民間銀行以下の低金利に抑えられて魅力があるはずもなく、要すれば、郵貯つぶしが組織的に行われただけの可能性も指摘されている。経営形態変更に伴う持ち株会社への出資金が6000億円以上かかった上に、国庫納付金として一億円の置き土産を強いられたとされるが、そんな踏んだり蹴ったりの民営化の実態がマスコミの報道の対象になっただろうか。国鉄の清算事業団に拠出した一兆円の行方なども、国民利用者にちゃんとした説明がないままに、帳消しになったのではないかとの指摘も成されている。トラスティサービス信託銀行に対する巨額の預け入れの問題なども、闇の中にある。かんぽの宿の売却の問題は、当時の鳩山邦夫総務大臣の時にマスコミを賑わしたが、その闇の捜査は刑事告発が行われただけで、その後検証委員会が開かれても、何ら進展がなく沙汰やみになっている。郵便事業のゆうパックの問題についても、日本通運の不採算のペリカン便との合併の不透明な事案との指摘があり、しかも、巨額の赤字を計上することが予想されている。最近では、マスコミも少しは気づいて者もあるらしく、大新聞の中にも、郵政民営化は失敗だったのではないかとうすうす気づいたような記事もみかけられるようになったが、巨悪の闇に光を当てるような報道は皆無である。

民営化後3年が経過して、看板の書き換えに膨大な資金が無断に使われ、それに烏天狗が群がっている構図が見て取れる。民営化の破壊は、未だに継続されており、民主党政権が成立したが、国民の期待はすっかり裏切られて、郵政民営化・分社化は間違っていたと言うことが明白になっているにもかかわらず見直しが行われないまま年を越すことになった。郵政民営化による国損の実態を、与野党が加担して放置して、政治の無責任と怠慢が継続するという異常な事態である。

Kuroshio and seawomen

◎)海女 高齢化進み激減 「10年後消滅」の懸念も

漁に出ている現役の海女は32年前に比べて全国で約7000人減り、 18道県で2160人になっていることが17日、三重県鳥羽市の「海の博物館」の調査で分った。

8都県では海女がゼロになった。同博物館の石原義剛館長は「海女の高齢化が進行し、 10年後には海女が消滅する可能性が高い」と懸念している。

水産庁が1978年に実施した調査では、26都道県で9134人の海女が確認されていたが、4分の1以下に激減した。

今年4月から、水産庁が前回調査した30都道府県と山形県を対象に、漁連などへのアンケートや現地調査を実施した。海女の人数が最も多かったのは三重で973人。次いで石川197人▽千葉158人▽静岡139人▽山口127人--の各県の順。静岡は前回1059人だったが、大きく減少した。

前回調査で現役海女がいたが、今回0人になったのは、新潟=前回140▽高知=同122人▽東京=同114人▽愛知=同64人▽宮崎=同35人▽富山=同30人▽神奈川=同17人▽茨城=同3人=の8都県に上った。

激減の要因について石原館長は「藻場が荒れ、海女漁の対象となるアワビやサザエなどの資源の減少が大きな影響を与えている」などと分析している。毎日新聞 12月18日(土)2時44分配信

以上 ご参考まで。 済州島の海女さんはどうなっているのだろうか。勿論、沖縄では男の世界であるが。

Ozawa Seiji

Kamei Shizuka and Independence of Japan

http://www.pjnews.net/news/490/20101216_5

月刊日本主催の講演会の模様である。亀井静香国民新党代表が、平成の中野正剛となるような形相を示した講演会であった。メルトダウンする日本を救おうとする救国の政治家であることを示した講演会であった。

ビデオ映像の公開が待たれる。講演会の広報でマスコミ、テレビ会社のカメラが回っていたが、何の為の撮影なのだろうか。報道しないカメラとは何だろうか。監視カメラにでもなっているのだろうか。

Significant Materials reveal the True nature of war

Giant Database

Sweet Freedom

動画にリンクを貼った。これまで、怠けて、サイズの調整をしていないが、とある知人のアドバイスを得て、大きさが、このブログにちゃんとはまるように試みた。

それにしても、拘置所に長々と放り込んでおくようなことはしない。イギリスと比べて、日本は一体どうなったのだろうか。拘置所に何日も留め置かれて、自白を強制される恐ろしい国にしてはいけない。今回のイギリスの司法手続きは、参考になる場面である。

Korean Peninsula

Fccj_a_meeting Gavan McCormack,
Emeritus Professor, The Australian National University
Hideshi Takesada,
Professor & Executive Director, The National Institute of Defense Studies
Haruki Wada
Professor Emeritus, The University of Tokyo

attended a luncheon speech held at the Foreign Correspondents Club Tokyo on December 15th.

The background of the holding the session is described as follows:

Last month the two sides of the Korean Peninsula came closer to full-scale conflict than at any time since the 1953 armistice that ended the war between them. Although both sides have pulled back from the brink, they remain in a state of hair-trigger tension amid florid saber rattling by Pyongyang and warnings from Seoul that it has reached the end of its patience.

The latest crisis was sparked by the shelling of the southern island Yeonpyeong, Pyongyang says the shelling – aimed at a military base – was provoked by military exercises on the southern side. Undeterred, Seoul plans more drills in the area.

The international media has concluded that the spat was another sign of the growing irrationality of the North's crumbling regime, but is that the only side to the story? The disputed Northern Limit Line, where this and several other clashes have taken place, was unilaterally drawn up by the Americans and has never been accepted by Pyongyang because it hugs the coast line of North Korea rather than continuing westerly along the 38th parallel. Pyongyang maintains it merely wants this dispute settled and a non-aggression pact from the United States.
 
興味深い議論であったが、

オーストラリア国立大学のマコーマック教授http://japanfocus.org/-Gavan-McCormackは、Japan Focusに既に色々な意見を表明している。北朝鮮は、一貫して戦争状態にあって、米国との不戦を確認しない限り解決は困難では無いかと指摘していた。http://japanfocus.org/-Wada-Haruki/3458

武貞秀士、防衛研究所統括研究官は、http://www.nids.go.jp/research/profile/anzen/03-takesada.htmlスライドを示しながら英語で説明したが、英語がなかなかわかりにくくむしろ日本語で通訳を使用した方が明快であったと思われることは残念である。私見であることを再三にわたって強調していたが、こうした会合ではむしろ誤解を招きかねない。北方の限界線を北朝鮮もこれまで認めてきたと解説は、重要な指摘である。

和田教授は、http://japanfocus.org/-Wada-Haruki北朝鮮の砲撃は、島の居住地区にも着弾するものであり、従来の抑制した反撃の範ちゅうを超えているのではないかと指摘した。また、北朝鮮の核兵器戦略を解説した。朝鮮半島の安定の為に日本が仲介の一歩を踏み出すべきではないのかとの意見があった。

Bill Richardson goes to North Korea

ニューメキシコ州知事のビル・リチャードソン氏が、北朝鮮を非公式に訪問する。朝鮮半島情勢の緊張が高まる中で、注目される。リチャードソン氏は、民主党の大統領候補となった。顧問に、トニーナムクン氏がついている。

The governor of the U.S. state of New Mexico, Bill Richardson, begins an unofficial visit to North Korea amid increased tensions following North Korea's shelling of a South Korean island last month.

The State Department has said Richardson is not delivering a message to North Korea for the U.S. government.

However, Richardson, who has made more than half a dozen unofficial trips to North Korea, has said he expects to be given a message by officials in Pyongyang.

Richardson is traveling to North Korea following talks in China, the North's sole major ally.

Meanwhile today, South Korea's military said that in the coming days, South Korean troops will hold a live-fire artillery drill on Yeonpyeong Island, where four people were killed when the island was shelled by North Korea last month.

The South Korean military has faced strong criticism for its perceived feeble response to the artillery attack.

Structural Destruction

政権交代があり、構造改革と称する日本の政治経済の破壊をどう修復するかが期待されたが、新政権は全く反応しないまま推移している。その中で、金融庁が、9月に経営破綻した日本振興銀行の一連の経緯を検証するため、有識者による検証委員会を近く設置する方針を明らかにしたことが注目される。

 自見金融相は、木村剛被告(検査忌避による銀行法違反で起訴)に加え、設立当時の金融相だった竹中平蔵氏が、「中心的役割を演じていて、責任は重い」などと批判した上で、検証委員会でが「しっかり検証し、国民の失われた信頼を回復したい」と強調したとの報道である。自見大臣は、検証委の内容について「第三者委員会だ」との説明にとどめ、検証範囲や結論を出す時期について具体的な言及はしていない。

http://news.livedoor.com/article/detail/5201379/

http://mainichi.jp/select/biz/news/20101211k0000m020028000c.html

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101210/fnc1012101238012-n1.htm

http://news.livedoor.com/article/detail/5209630/

http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/897.html

当方ブログは、検証委員会の設置が、市場原理主義の虚無の闇に光が当てられて、りそな銀行の事件や、郵政民営化の闇の解明の端緒になり、日本再興の契機となることを心から祈念する。また、総務省が設置して、検察OBのコンプライアンス専門の大学教授が座長を務めた総務省の郵政民営化検証委員会のように、刑事告発が有りながら、それを回避して腰砕けの検証委員会の再来にならないことも併せて祈念するものである。また、権威と信用を失墜した検察も、引き続き、日本振興銀行を一例とする、壮大な構造改悪の虚妄を解明することで信頼回復を図るべきである。かんぽの宿の問題などは、既に刑事告発が行われているのであるから、検察は速やかに捜査に着手べきではないだろうか。

Kuroshio Culture and Tradition

月に2回ずつ黒潮文明について書きためている.

いよいよ40回目の文章を加える。正月は休みだから、次の掲載は一月中旬になる。

ハマユウを題にした。黒潮の流れに、世界に広がっている植物である。日本の列島は、黒潮に乗ってかすめるだけだが、例えば、伊勢志摩と済州島との交流をはっきりとさせている植物である。今回は、私事の要素が加わっているので、筆がなかなか進まなかった。参考文献にした、中西弘樹著「海から来た植物」(2008年、八坂書房)には、大いに助けてもらった。感謝する。それにしても、日本には、色々なことを考えている人がいるものだ。ハマユウの艶やかな花は、黒潮の女の強さと、歌を生む力を象徴しているようだ。ネットに、田中一村の絵が、ハンカチのデザインとなって掲載されていたので、それを挿絵にしている。赤い方の花は、ひぎりと言う名前の植物だそうだ。

 これまで、書いた黒潮文明論が、リンクも飛び飛びになり、書いた本人すらどこに文章が残っているのか判らない位になったので、いちいち検索するのも面倒であるから、整理して下記にまとめて掲示するようにした。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-11.html

⑫ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/kuroshio-12.html

⑬ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-13.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-14.html

⑮  http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-15.html

⑯ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-16.html

⑰ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-17.html

⑱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-18.html

⑲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-19.html

⑳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-20.html

㉑ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/kuroshio-21.html

㉒ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-22.html

㉓ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-23.html

㉔ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-24.html

㉕ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-25.html

㉖ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-26.html

㉗ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-27.html 

㉘ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-28.html

㉙ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-29.html

㉚ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-30.html

㉛ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-31.html

㉜ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/kuroshio-32.html

㉝ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-33.html

㉞ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-34.html

㉟ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-35.html

㊱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-36.html

㊲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/kuroshio-37.html

㊳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/kuroshio-38.html

㊴ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/kuroshio-39.html

㊵ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/kuroshio-40.html

 黒潮の流れに着想を得た、民族文化論を目指している。学者の検証ではない。黒潮が洗う島々の岸辺の人々の生活について、過去、現在、未来と想像しながら、自由奔放にと心得ている。ささやかではあるが、 しかし確固として揺るぎのない共同幻想の一端を担いたい、神がかりになっても、害を与えない話であるから、どこからも指図をうけることはしないが、科学的な探求心を基本に据えて書きたいとの気持ちはある。センチメンタルな回顧談であるとか、事大主義的な、文化優越論ではない。むしろ、黒潮文明の広がりは想像以上に大きく、その中での民族文化論であるから、必然的に謙遜になり、自らを客観的な観察の対象とする皮肉も併せ持っている。

さて、コメントをお寄せ頂ければ幸いだ。ただ、誹謗中傷は、黒潮の民とは無縁であるから、厳にお断りする。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

Kuroshio 40

浜木綿咲き匂う黒潮の岬にて、との題がついた。挿絵は、田中一村の絵である。白い方がはまゆう、後方の紅の花はヒギリである。Photo

 黒潮洗う列島沿岸に自生する浜木綿(ハマユウ)(学名Crinum asiaticum)のことはいつかは書かなければならないと思っていた。黒潮の流れに乗って、種が海を渡り、漂着して根をはやして群落をつくるハマユウは、東南アジアを中心として、西は、インドの半島の南部、スリランカを含め、インド洋のココス諸島であり、東はハワイ諸島からクリスマス島を経て、ニューギニア近くの海を越えて、オーストラリアの大陸の東岸から北部の岬の海岸に分布する。その北限が日本列島だが、朝鮮半島を含まず、山東半島から上海の揚子江の河口にもない。台湾と海南島にはあり、ベトナムの沿岸に広がる。マレー半島の砂浜にはなじみの植物であるが暹羅(シヤム)湾にはない。支那大陸とは疎遠な黒潮の植物である。

 北限の線が本州の南岸沿いにあり、年平均気温摂氏一五度で、最低気温の平均がマイナス三・五度であるという。三浦半島・房総半島南部以南の線だ。ハマユウの分布北限は黒潮の影響を受けて南方から侵入する生物の典型的な分布境界線と考えられ、ハマオモト線とも呼ばれている。西端は敦賀湾、東端は千葉県の銚子である。九州の西岸の壱岐にも、甑島にも五島にも自生するのに、対馬にはないから不思議だ。済州島にはハマユウが繁茂自生する属島がある。韓国では文殊蘭との名が付けられ、天然記念物になっているが、れっきとした同じハマユウである。伊勢志摩の記念切手が発行され、海女とハマユウの群落がデザインされて、印刷技術の世界で優秀作品となったことがあるが、黒潮文明論として伊勢志摩と済州島との海女の昔からの往来を知るものにとっては、不思議ではない。

 ハマユウの種は珍しく大型の、海水に長い期間浮いて漂流することができる種である。発芽の仕方が変わっていて、土に埋めなくても、水の少ない海岸の乾燥地でも発芽する強さがある。しかも、百パーセント発芽する。夜咲きの白色の花を咲かせて芳香を放つ。月下美人のように一夜限りではなく、毎日数花を咲かせて、寿命は二、三日続いて、全体で二週間くらい咲き続ける艶やかさがある。昼にも咲いていてアゲハ蝶を寄らせ、夜はスズメ蛾が蜜を吸いに来る。ハマユウは、有毒の植物で、普通の昆虫から食べられることはないが、ハマオモトヨトウという蛾の幼虫だけが天敵である。南の島では、その毒を利用して、吐剤に使ったり、焼いた葉を化膿した皮膚の膿の吸い出しに用いていた。バショウの木と同じように、鱗茎であるから、切って長方形の形にすれば、熱を吸い取るための氷枕の代用にもなった。

 ハマユウは万葉集にも詠われ、柿本人麻呂の「み熊野の浦のハマユウ百重なす心は念へど直ぐに逢わぬかも」という歌がある。伊勢神宮の儀式に用いる木靴である鶏足には大化の改新の頃からハマユウの葉が用いられていたという。防腐剤代わりに、雉の肉を包んだともある。葉を薄く剥がして乾燥すれば、筆で文字が書けるから、紙の代わりにも使われた。花の様子が木綿(ゆふ)を垂らしたようで、コウゾなどの樹皮を細く裂いて作った繊維から作った糸で、古代から神事などに用いられてきた榊についた交互に垂らされた紙垂(しで)の原型がハマユウの葉を乾燥したものに違いない。しでるとは、蛇が抜け殻を脱ぎ捨てて脱皮する様を示している可能性もある。

 ハマユウが市の花・町の花に指定されているのは、神奈川県の横須賀市、三浦市、真鶴町、静岡県の沼津市、三重県 紀伊長島町、和歌山県の新宮市、太地町、すさみ町、山口県の下関市、徳島県の牟岐町、高知県の室戸市、大月町、福岡県の芦屋町、熊本県の苓北町があるという。三重県では県の花はハナショウブであるが、郷土の花にハマユウが選ばれている。戦後一世を風靡した映画「君の名は」の撮影が志摩の和具大島で満開のハマユウの群落を背景にして行なわれたという。菊田一夫原作のNHKラジオドラマの放送時間には銭湯がガラ空きになったというが、テーマ曲(古関裕而作曲)の三番は「海の果てに、満月出たよ、浜木綿の、花の香りに、海女は、真珠の涙ほろほろ、夜の汽笛が、かなしいか」と、志摩の海をイメージして織井茂子が唄った。宮崎県では宮崎交通の故岩切正太郎氏が、フェニクスと共にハマユウを推奨して、県の花となって観光地を推進・発展させた。青島が黒潮との出逢いの島との意味があるだけに、ハマユウが日向の浜に繁茂する素地はあった。ハマユウは漂着しながら故郷に帰ることをしないで根を生やし、逞しく生きる黒潮の艶やかな女を象徴している。

 そろそろ浜木綿のことを書かなければとの思いは、今年九月二三日に満九〇歳になった母親の壽山武都(ひさやま むつ)が先月、短歌集(ISBN978-4-9905547)を出版し、奄美の同好会の名前が浜木綿短歌会だったからである。浜木綿が海鳴りのする海神の宮を出自とすることと、遣唐使を最後に日本文化を古今和歌集として編纂して平安時代を成熟させたこととは、糸(ゆうゆ)が繋がっていると感じている。本号のハマユウの生態等の記述は中西弘樹著『海から来た植物』(二〇〇八年、八坂書房刊)を参考文献とした。(つづく)

China Risk: Peace and Development

中国外交部のホームページに、戴秉国国務委員(副首相級)の論文が12月6日に掲載された。前触れもなく掲載されたので、関心を呼んでいる。当方ブログは中国問題の専門ではないので、その内容の評価は出来ないが、激動する東アジア情勢の中で、中国の世界戦略が、右から左へ、強行から柔軟へ、柔軟から強行への揺れ動いている中での論文である。ご関心の向きは、そのホームページをご覧頂いて内容を吟味されてはいかがかと思う。また、当方ブログの読者の中にご専門の方がおられれば、感想を寄せていただければ幸甚である。国務委員は、その論文掲載直後に、北朝鮮を訪問している。閉鎖社会における論文などは、貴重な情報であり、上下左右裏表を見て、その内容分析を行わなければならない。

http://www.mfa.gov.cn/chn/gxh/tyb/zyxw/t774662.htm

http://www.mfa.gov.cn/chn/gxh/tyb/zyxw/t775621.htm

House Arrest

ノーベル平和賞受賞者は、投獄されているが家族は北京に住む。映像で見る限りでは立派なアパートである。アルジャジーラの取材による映像である。

Discarded Postal Reform

郵政民営化見直し廃案で奴隷化寸前まできた日本人、について、高橋清隆氏が書いている。郵政民営化とは、世界最大の資産の外国勢力による強奪の陰謀とと私物化のの事件である。海老蔵様のから騒ぎで、国民の目と耳をそらして、外国勢力と結託した陰謀を覆い隠そうとしているが、そうは問屋が卸さないだろう。天佑である。逆説ではあるが、郵政民営化の見直しは改革の本丸である。郵政民営化は完全に失敗したことが明らかになった。郵政の国民資産を確保して、活用することは救国の好機となったが、阻止されている。しかし、凍結法が成立しているために、外国持ち出しの陰謀は実行できない。天の助けである。

http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/

【PJニュース 2010年12月4日】臨時国会が3日閉会し、郵政改革法案が廃案になった。国民の金融資産300兆円を守るための法案だが、外からの命令に忠実な政治家とマスコミにより阻まれた。来年の通常国会で成立を目指すことで国民新党の亀井代表と菅総理が合意したが、国民はいよいよ追い詰められている。

国民を愚弄する郵政改革法案の廃案劇
菅総理は2日の昼、首相官邸で亀井国民新党代表と会談した。その際、民主党は岡田幹事長名の文書を国民新党の下地幹事長に提出。文書には、郵政改革法案について来年4月中の成立に向けて努力し、採決に当たっては憲法に基づいた手続きを視野に菅総理が強い政治決断を行うことが明記されている。衆議院の3分の2条項を使う対応を示唆するものだ。

しかし、今回の民主党の表明を信じる国民がどれだけいるだろうか。今回の廃案劇は、全く国民を愚弄(ぐろう)しているからである。

国民を愚弄する第1点は、公党間の約束を形骸化したことである。今国会での郵政改革法案の成立は、国民新党と民主党両党が文書まで交わして約束していた。社民党とともに連立政権を樹立した09年9月9日と通常国会での廃案が決まった10年6月11日、菅内閣改造時の9月17日の3回もである。今度こそ民主党という党の本質が試されていたはずだ。

第2点は、民意を無視したことである。政権交代を果たした09年の総選挙で民主党は「郵政民営化を抜本的に見直す」ことをうたった。マスメディアは「民業圧迫」などの宣伝文句を大量に流し、銀行業界の意見ばかり載せる。これを「民意」と呼ぶには無理がある。あなたの周りに、どれだけ見直し反対の人がいるか。わたしがある講演会で意向を聞いたら、8割以上が見直し賛成だった。反対はゼロ。地方都市に住む、政治と無縁な市民たちだった。

第3点は、郵政民営化自体が、国民生活を疲弊させるものだからだ。戦後60余年の日本人の汗の結晶である郵貯・簡保資金合わせて350兆円を略奪するために米国金融資本家が企てたものであり、指図の内容は米国から毎年出される『年次改革要望書』に明記されてきた。「四分社化」の狙いには、金融資産の略奪とともに郵便局会社に集約した不動産の略奪もある。

民営化を契機にゆうちょ銀行の貯金とかんぽ生命の保有契約数の目減りは著しい。貯金はピーク時の250兆円台から170兆円台に、簡易保険は約8000万口からおよそ4000万口に減った。経営形態が定まらない中で従業員の士気低下も広がっている。

郵政法案をめぐる約束破りが許せないのは、できることもしなかった点が大きい。6月の約束破りは、世論調査で民主党の支持率が高かったことが理由にされた。選挙を急ぎたい民主党が通常国会の会期延長を認めなかった。今回は「会期を延長しても委員会を開ける保証はない」(民主党の羽田雄一郎参院国対委員長)との理由だ。「野党のさらなる攻撃にさらされるのを避けた」と漏らす議員もいた。いずれも理由にならない。約束相手に合わせる努力が皆無だからである。

【PJニュース 2010年12月5日】(上)からのつづき
数々の問題でっち上げ、国会審議を停止

今臨時国会では、「思わぬ」問題が持ち込まれたことが審議時間を浪費させた。中国漁船衝突事件のビデオの取り扱い、柳田稔法相の「問題」発言、小沢一郎元民主党代表の国会招致要求、仙谷官房長官らの参院での問責決議など。これらに北朝鮮の砲撃事件が拍車を掛けた。これらが外国勢力に操られた自民党と民主党の一部による合作とみるのは、勘繰りすぎだろうか。

中国漁船の衝突があったのは尖閣諸島だが、東シナ海一帯はアーミテージ元米国国務副長官が役員を務める石油会社が中国と合弁で採掘に乗り出している場所だ。子会社の探査会社ミトラエナジーは、南沙諸島の領有権を主張する国々との利害調整で利益を上げている。彼は漁船乗組員の拘束中、東京で仙谷氏と会談している。

柳田氏の発言など、本来取るに足らないものだ。「法相は2つの答弁だけ覚えておけばいい」とは、自嘲(じちょう)的な冗談として述べたにすぎない。責めるなら、これを実践している閣僚の方ではないのか。この一件が言い掛かりにすぎないのは、仙谷氏の「暴力装置」発言も火がつきかけたことが物語る。しまいには、中井洽(なかい・ひろし)議員の「不敬」問題をねつ造している。誰でもいいから揚げ足を取って時間を稼ぎたかったのではないか。

小沢氏の扱いは司直の判断に委ねるべきもの。そもそも市民団体を使った強制起訴に作為を感じる。告発したのは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」代表の桜井誠氏との情報がある。桜井氏が自身のブログで明かしている。在特会は京都朝鮮第一初級学校に対する威力業務妨害で逮捕されているが、朝鮮学校への攻撃と郵政民営化はともに米国資本の利益になる。アジアに分断と対立をもたらし、収奪できる環境をつくるからだ。

北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃にも、米国の影がちらつく。鳩山政権は日本の自主独立を模索して失脚したが、それは国防と金融の両面においてのこと。同じように、今回は沖縄知事選での仲井真氏再選と郵政改革阻止の両方があったのではないか。

ネオコンで知られる米国防長官だったラムズフェルドは2000年に北朝鮮が合衆国本土を5年以内に攻撃すると騒ぎ立てたが、その一方で役員を務めるABB社に「核爆弾製造工場」と呼べる軽水炉の建設を北朝鮮から受注させている。日本に本来要らないMDの配備の検討と、構造改革要求をのませるのを促した。

05年の「郵政選挙」では、5000億円の広告費が米保険業界からもたらされた。350兆円を略奪できると思えば、ほんのわずかな額である。北朝鮮の砲撃費用がいくらか知らないが、全額米国が提供しても微々たるものだろう。

もっとも、東アジアに混乱を生む北朝鮮自体が国際金融資本の産物とみることもできる。建国の父である金日成は19歳から満州で抗日ゲリラ活動をしていたが、ハバロフスクに逃れ、旧ソ連極東軍の88特別旅団に入る。これは朝鮮人と中国人による部隊で、金は小隊の指揮官になった。ソ連はかいらい政権をつくるため、扱いやすい彼に名前を与え、指導者に採用した。

そもそも、ソ連を誕生させたのが世界の金貸し連中だ。ロシア革命はロマノフ王朝を倒すためにロックフェラーやロスチャイルド(正確には系列のクーン・ロエブ商会)財閥が資金提供して実現したもの。クーン・ロエブ商会はスイス銀行のレーニンとトロツキーのための口座に、5000万ドルを振り込んでいる。さらに同商会のジェイコブ・シフの孫は、2人に2000万ドルの融資をしたことを1949年2月の『ニューヨーク・アメリカン・ジャーナル』で語っている。

【PJニュース 2010年12月6日】郵政資金守るため祈るしかない国民
好・不況、戦争や飢餓(きが)も資金流通の蛇口を開けたり閉めたりすることで操れる。そして実際、近代の革命や恐慌、戦争を起こしてきた。それを念頭に置けば、3度にわたる郵政見直しの頓挫(とんざ)は自然の結果と思えなくなる。世界で権勢を振るう金貸し団は、人類を半減させて雑種化し、奴隷にすることを最終目標にしているとの指摘がある(デーヴィッド・アイクやジョン・コールマンなど)。グローバリズムに肯定的で、地域共同体やTPPに熱心な民主党の姿勢は、彼らのアジェンダにより沿うものだ。

しかし、支配者連中は日本人を働きバチとして位置付けている。そのためには戦後の稼ぎを略奪してからでなければ、国境をなくしたりIDを体に付けたりすることができない。それで7月の参議院選で自民党やみんなの党に加勢したのではないか。忘れ物を取りに行くための一時退却である。

私見では、6月の鳩山前首相の辞任は普天間の県外・国外移設を実現できなかったからではなく、郵政改革法案をつぶせなかったからだと考える。もともと普天間飛行場の移設を言い出したのは米国の側である。国際金融資本家連合はいずれ米国の力を弱める算段と確信するが、郵政改革の中身が注目されると困るので、今回はカムフラージュに基地問題を使ったのではないか。

代わった菅政権は、郵政改革法案の廃案だけを使命に担がれたとみる。選挙前にわざと消費税引き上げ発言をし、国民の支持を減らした。9月の民主党代表選では、亀井氏と親しく党内に影響力のある小沢氏を排除するために工作をした。サポーター票をつくば市で「区分」して集計。お金を払ってサポーターになったのに、33%超に及ぶ棄権は異常だ。小沢派とみられていた多くの議員が寝返った。小泉政権のときと似ている。お金が動いた可能性がある。

2日夕方からの民主党会見で、わたしは岡田幹事長に尋ねた。「今国会、わざと野党の批判に付き合ったのではないか」と。岡田氏は「この国会を振り返れば、そのような批判が当たらないのは明らかだ。つい最近まで、補正予算を議論していた。補正が上がらないと法案審議できないのが国会のルール」だと否定した。真剣な顔付きで、怒りをこらえているようだったが、彼は演技できるような人に見えない。だまされているのだろう。

さらに岡田氏は「われわれが郵政改革法案を軽視しているということは全くない。国民新党にとって重要法案であるとともに、郵政事業をどうするかは日本経済にとっても、国民生活にとっても非常に大きな影響を及ぼしうる話」と明言した。

普通、3度裏切った者を信じる人はいない。ここには国会議員が6人しかいない国民新党の置かれた苦しい状況がある。6月の裏切りに遭ったとき、亀井代表は連立離脱を誰よりも主張した。連立にとどまることを決めたのは、郵便局長会(全特)の柘植芳文(つげ・よしふみ)会長に泣かれたから。行き先不明の船に乗ったが最後、降りることもできない。野党は社民党以外すべて、同法案に反対だからだ。

数の上でキャスティングボートも握れない国民新党としては、民主党を信じるしかない。もっとも、郵政民営化で苦しむのは国民である。もはや国民は自分たちの資金を守るため、民主党に良心があることを祈るしかない。【了】

Prime Miniser's Residence, Tokyo

2010_1210_143052cimg0176

Early winter evening

Railroad crossings

Diffusion of facts, truth and justice

史実を世界に発信する会の茂木事務局長からの連絡である。日本語版のサイトを一新したようである。外務省がやらないからなどとの嘆き節はない。他がやらなければ自分がやるとの気概が充ち満ちている。当方ブログの読者の皆様、史実を世界に発信する会のご支援をなにとぞよろしくお願いします。それにしても、英文にして、それを発信して行こうというのですから、大変な努力です。しかし、ネットの時代になって有効な手段になってきました。当方ブログなど、外国語による主張を目指しましたが、三日坊主でくたびれてしまいました。国家を上げた政治宣伝などに負けてはなりません。真実を史実を書くだけで、嘘と偽の世界が吹き飛んでしまうのですから。

下記は、その連絡である。

「史実を世界に発信する会」の第一目的は、日本の主張、正しい歴史事実
を海外に向けて発信するところにあります。そのために、English speaker
に読みやすいように、英文のみのサイトを立ち上げ、そこに英語文献を
掲載して発信することに最重点を置いて活動してまいりました。

        http://www.sdh-fact.com

日本語版サイトも立ち上げましたが、レイアウトも最初のままであり、
英文版との連携が出来ていないものである上に、更新がほとんどされず、
従って、多くの方々へのアクセス、アピールができないままでした。
唯一、Newsletter を毎号ブログ形式で載せると言う事で、連携と更新
を図っているという状況でした。

このほど一新して登場したサイトでは、英語版に掲載されている書籍・
論文、主張は、原則としてすべて日本語原文でも読めるようになっており
ます。海外発信=国内発信の形となり、また史実に関する日本語の情報源
としてご活用いただくこともできるようになりました。更新もしやすい
ものになりましたので、最新情報、主張をどんどん載せていきたいと
思います。URL も新しくなりました。
     
         http://hassin.org
    
是非とも皆さんにご覧いただき、ご活用いただくとともに、ご意見、ご提言
をいただければ幸いです。

また、発信する会は心ある有志の皆さんからの浄財を唯一の頼りとして運営
されております。皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

平成22年12月10日」

North East Asia

Professor Kent E. Calder, Director, The Edwin O. Reischauer Center for East Asian Studies, School of Advanced International Studies, Johns Hopkins University spoke at the Foreign Correspondents Club in Tokyo on December 9th to discuss his new book,  "The Making of Northeast Asia". 2010_1209_123558cimg0172 2010_1209_123621cimg0173 2010_1209_124256cimg0174

He described that the regin has continued to be the most rapidly growing economies on the globe and its economic transactions size is far greater than the Southeast Asian countries counterparts figures. The interests of three major nuclear powers and two of the world's largest economies converge around the pivot of the Korean peninsula, and insecurity in the region  is conspicuous in the recent years as a political-economic paradox including the North Korean dictatorship, nuclear development and succession dynamism. His book focuses on the prospects for Northeast Asian cooperation within the context of both Asian and the Asia-Pacific regional relationship. The book can be a clue to think about the possible future course of the American foreign policy and can be an answer to the question whether the U.S. is still seeking dominant power position on both shores of the Pacific Ocean, an American  imperial cruise and venture which was started since the turn of the previous century.

Professor Calder is now Director of the Edwin O. Reischauer Center for East Asia Studies in Washington, D.C. and taught formerly at Princeton University. He worked in Tokyo as a Special Advisor to the U.S. Ambassador to Japan.

Senkaku islands 2

中国はなぜ尖閣を取りに来るのか、と題した単行本が出版された。例によって、当方ブログの参考図書館(といっても、アマゾンにリンクを貼っているだけの代物だが、このブログの左側の下の方に掲出している)に、掲載した。特に、第二章は、尖閣諸島は日本固有の領土である、との題で、茂木弘道氏が執筆している。題一章は検証ドキュメントとして、2010年9月の漁船体当たりの尖閣事件の顛末を記述している。藤岡信勝氏が担当している。第三章は、加瀬英明氏と石平氏との対談、第四章が田久保忠衛教授と平松茂雄氏との対談で、中国の狙いは清朝版図の復活かとして、第五章は、川村純彦元海将補と軍事評論家の佐藤守先生との対談となっている。第六章は西尾幹二先生と、高市早苗議員との対談となっている。今回の事件で何が起きたのか、どのような対処が必要であるのか、その背景はなにかなどなどと、考えるための参考書としては簡明にまとまった本である。おすすめの一冊である。

Senkaku islands

尖閣諸島は日本の領土である。新たな論拠が主張されている。ご参考まで。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1152

Independence of Japan and Postal Crime to be disclosed

植草一秀著、日本の独立の書評が掲載された。http://www.tsushin-bunka.co.jp/?p=902

ご参考まで。下記に転載する。

“郵政民営化”の企み暴く著書

 郵政改革法案の審議が足踏みする中、小泉・竹中両氏が描いた民営化の魂胆が暴かれつつある。11月下旬、『日本の独立―主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘―』(植草一秀著/飛鳥新社)が出版された。この中で、郵政民営化をめぐる分析がなされている。
 本の主題は、「対米従属派」が牛耳ってきたわが国の戦後政治を主権者国民勢力が刷新しなければならないと訴えるものだが、第二部「小泉竹中政治の大罪」で「郵政米営化・郵政私物化」「『かんぽの宿』不正払い下げ未遂事件」を約40ページにわたって考察している。
 同書によれば、竹中氏が進めた四分社化を伴う民営化構想のポイントは、資産の分割と人員の配置にあった。資産分割では郵便事業に必要な不動産だけが郵便事業会社に配分され、残りがすべて、郵便局会社と親会社の日本郵政に配分された。人員は、ゆうちょ銀行とかんぽ生命への配分が最小化された。
 この設計の狙いを、次のように推論する。
 ゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式は100%売却される。買い手にとっては、張り付く人員が少ないほど取り扱いが容易だ。外資が株式を取得すれば、国民資金300兆円の支配権は外国資本に奪われる。
 郵便事業はユニバーサルサービスを維持するために、黒字化が難しい。郵便事業は国営に戻すことが想定されていたのではないか。金融二社の全株式を売却して郵便事業を国に返すと、残るのは郵便局会社。ここに郵便事業に必要な不動産以外の全不動産が残る。
 政府が株式の3分の2を売却する時点では、大量の人員を抱えており、株価は低いまま。この安い株式を2分の1以上買い集めて日本郵政を支配した後、人員整理をして郵便事業を国に返す。
 すると、人員の少ない巨大不動産保有会社になる。外資が株式を買い集めていれば、巨大な不動産会社を手中に収めることができる。株価も人員整理で大幅に上昇する。
 すべては、外国資本への利益供与のために動いていたと推察される。実に明快な説明だ。
  「かんぽの宿」売却をめぐる分析では“出来レース”だったことが如実に浮かび上がる。「かんぽの宿」79施設の簿価は、2006年3月期以降に急激に引き下げられた。郵政民営化関連法が成立(05年10月)した直後である。
 ▽03年4月=1726億円▽04年3月=1620億円▽05年3月=1535億円▽06年3月=672億円▽07年3月=326億円▽公社閉鎖時=129億円▽08年3月=125億円▽同9月=123億円
 安値売却を主張する人々は、「かんぽの宿」が年間40~50億円の赤字だったことを挙げる。なおかつ、雇用維持条件が付けられていたから、109億円は適正価格だと主張する。
 ところが、08年3月期の事業収支赤字は5億円に過ぎず、10年3月期には10億円の黒字計上が見込まれていた。40~50億円の赤字計数は人為的に創作されたものだと著者。
 そもそも「かんぽの宿」は加入者福祉施設で営利事業ではない。福祉目的で赤字になるように料金が設定されていたのであり、収益事業への転換は極めて容易だったと見ることができる。
 オリックス不動産に課された雇用維持条件は、「3200人の従業員の中の620人の正社員の中の550人について、一年に限って雇用条件を維持する」というものだった。施設を買い取ってすぐに事業を始めるには人手が必要である。550人の雇用義務は、雇用を守るためではなく、オリックス不動産の事業運営のために設定された可能性が高いと指摘する。
 入札では第二次提案にオリックス不動産とHMI社が最終的に残った。ところが、締め切り後に、目玉の世田谷のレク施設売却を日本郵政が突然中止する。その結果、HMI社が辞退し、応札企業はオリックス不動産だけになった。HMI社を辞退させるために同施設を除外したと推論する。
 11月21日、国土交通省が「かんぽの宿」売却前に不動産鑑定評価が不適当に安くなったことを調査する方針を示した。これは同書の発表で非難が広がるのを避けるためではあるまいか。
 民営化の闇に光が当たり始めたのは、識者の勇気ある告発によるのかも知れない。
(南下軍の喜)

True Story of Pearl Harbour

インペリアル・クルーズという題で、テオドア・ルーズベルトの太平洋への拡張に向かう米国の帝国主義的拡張政策について書いた単行本がベストセラーになった。ハードカバーがよく売れて、ペーパーバックの廉価版が発売になっている。残念ながら、邦訳はまだ出版されていない。著者のジェイムズ・ブラッドリー氏が、真珠湾攻撃の記念日に当たって、論文を寄稿している。当方ブログは、必ずしも、同氏の見方に同調する者ではない。真珠湾攻撃が実は、日本の汚い謀略に満ちた奇襲ではなく、おびき出されたものであること、日本の勢力圏をアメリカが認めていたなどとの指摘に共感する

http://www.thedailybeast.com/blogs-and-stories/2010-12-06/pearl-harbor-anniversary-james-bradley-on-americas-meddling-with-china-/

米国は、日本と中国とを天秤にかけている。日本は大東亜戦争を闘ったのであるが、著者は中国をめぐって日米が争ったとの見方をとっている。米国が日本の側なのか中国側なのか、どちらの側についているのかを観察する上では貴重な指摘である。また、オバマ大統領の最近の歴訪の見方や、対中国政策の方向なども興味深い。当方ブログの皆様のご参考までに、未定稿ながら翻訳を試みた。一部不明なところもあるので、ご容赦願いたい。もっと正確や訳になるとのご意見は、歓迎するので、コメント欄にでも投稿していただきたい。なお、上記の新聞記事のリンクであるが、米国読者のコメントが興味深い。日本からも、投稿して議論を闘わせることが必要である。当方ブログの読者の皆様、米国の新聞紙上で、堂々と日本人なりの味方で、真珠湾攻撃の議論に参加されるのも一興である。

真珠湾の真の教訓

真珠湾攻撃の記念日に当たり、私達の父親の旗を書いたブラッドリー氏が、米国は如何なるやり方で、テディ・ルーズベルトの時代にアジアに介入して行ったのか、そして、何故、アジアに再び介入して危険な戦争ゲームをしようとするのか解題する。

私の父親である、ジョン・ブラッドレーが、硫黄島で二つの米国国旗を掲げることになったのは、今日で69回目の記念日を迎える真珠湾攻撃が原因である。私はいつもそう思ってきた。しかし、私の父も知らなかったと思うが、88年前に、米国海軍は、硫黄島を、中国を目標とする海軍の活動を展開する可能性のある地域として、目をつけていた。1853年に、米国は北太平洋に、これまでない最大の海軍兵力を見せるために海軍の軍艦を派遣した。数世紀にわたって、日本、朝鮮、支那は互いに平和な関係であった。1853年の海軍の目的は、後の日本の総理大臣が表現したように、日本を「アメリカの太平洋における浮沈空母」にして、近隣の中国における影響力を増大する為の競争をすることであった。アメリカの一般国民に対する説明は、海軍は、日本の海岸で座礁した米国捕鯨船に対する誤った取り扱いを是正する為の人道的な任務であるとした。園二十年後の1873年には、日本は最初の近代的な軍事兵力による海外展開として、台湾を攻略した。その理由付けとしては、支那を強迫して、日本が沖縄の島々を中国の周囲を回る軌道から取り外すことであった。この考えは、アメリカの南北戦争の退役した大将であった、日本外務省の最初のお雇い外国人であった、南北戦争の退役大将であったアメリカ人が発案している。言い訳としては、沖縄の民間人を台湾人が迫害しているというもので、日本の出兵は米国製の船に乗り、米国人の顧問と一緒に出帆している。1894年、朝鮮半島における「平和と安定」を推進するとして、新しい軍事国家日本が、支那を攻撃したことに、米国は喝采を送っている。1905年には、テオドア・ルーズベルト大統領は、秘密裏に日本の指導者に対して、「日本によるアジア版のモンロー宣言」を創り上げるように促している。米国がカリブ海周辺に至高の権益があるように、日本海軍が、黄海周辺の至高の権益を日本海軍が獲得することを奨励した。議会にも国務省にも連絡しないで、テオドア・ルーズベルト大統領は東京で、憲法違反の秘密条約を結んで、日本の軍隊が朝鮮を押さえ、「日本によるアジアのためのモンロー宣言」を開始することに合意している。後に、どちらが中国をコントロールするか、米国と日本との間で諍いになったときに、戦争が勃発した。フランクリン・ルーズベルト大統領は、日本の海軍の真珠湾攻撃は、37年前の朝鮮や台湾の港湾を攻撃したやり方と同様の方法に範をとった奇襲攻撃であったことを理解しないままで、真珠湾への攻撃を非難した。1904年に日本の最初の有名な奇襲攻撃が行われた報道を聞いたテオドア・ルーズベルト大統領は、「私は、日本の勝利を欣快に思う、その理由は我々のやり方を日本がやっているからである」と秘密裏に記録している。

米国海軍は、テオドア・ルーズベルト大統領のアジアにおけるゲームのやり方を、続けている。この6月に、北朝鮮が発砲して三人の中国民間人が北の国境で殺された事件があったが、ワシントンは、この事件を些細な事件と見た。11月には、北朝鮮は四人の南の韓国人を殺害した悲劇が起きたが、オバマ大統領は、中国を威嚇して、数万の兵隊、数千隻の艦艇、数十億ドルのハイテク兵器を中国の沿岸に派遣した。米国海軍の攻撃の槍の軍事力の一端をみせたにすぎない。米国が記録的な財政赤字の中で、海軍は、中国を取り囲むようなアジアの同盟国と共に、戦争ゲームを行って、数十億ドルを使っている。たしかに、オバマ大統領は、最近のアジア歴訪のについて、中国を取り囲む戦略であるとして、中国の周りの、アジアの民主主義国のみを訪問するものであり、訪問した各地で北京批判を行った。中国は米国に対して軍事的な脅威を与えていない。人口は米国の五倍であるが、軍事力に、米国の十分の一しか使っていないし、米国とは対照的に、中国は国境の外に兵力を駐留させていないし、自ら選択して戦争を引き起こすことをしていない。最近、中国の執拗な反対を超えて、ペンタゴン、米国国防総省は、台湾に対する65億ドル相当の兵器の供与を認可した。米国民が、中国から離脱した島の防衛の為に数十億ドルと使ったにしても、「米国は台湾を信頼できる形で守れない」と、アトランティック誌の全国特派員であり、 新米国安全保障センター上級研究員のロバート・カプラン氏は、ワシントンポスト紙に意見を表明している。中国は、台湾を平和裏に、利益のある貿易関係に織り込んで、毎週250便もの航空路線が飛び交う関係にした。米国の権益に対して中国が軍事的な行動を起こす可能性が低いことを認めないで、ワシントンは、貧しい、中国の同盟国の北朝鮮から散発的な砲撃を受けてそれにとらわれている。北朝鮮では、数百万人が昼飯の為に木の葉をゆでて食べているが、それは、北京の不愉快なくらい近いところで、高価な戦争ゲームをすることが一つの理由である。もし、中国の原子力潜水艦の艦隊がニューヨークやワシントンの近くの水域で発見されたとしたら、米国人はどう感じるだろうか。中国は、第三世界の新興国ではない。中国は、人類の歴史の中で最も豊かな国であった。およそ400年前に、中国は産業革命の機会を逸失したのだ。しかし、その昔の経済的はチャンピオンは、また昔の然るべき地位に戻りつつあることを観察している。オバマ大統領は、米国の輸出を五年で倍増したいとしているが、上海にあるアメリカ商工会議所の会頭のロバート・ロッシュ氏は、中国の潜在力は非常に大きいので、中国の輸入市場が一パーセント増えることは、113億ドル相当の輸出増になり、雇用では、七万五千人の増加に当たると、指摘している。頭のいいセールスマンは、長続きのする友情を続ける。中国は十万人の留学生を米国に送っている。一万三千人の米国人学生が中国には留学しているだけだ。明日から初めて、スプートニクのような危機を感じて迅速に行動するのであれば、中国にもっと数千人の学生を送って北京官話を勉強させて、世界最大の経済大国として位置を占めることが必要である。中国でアメリカの高卒の学生が一年間にて友人を作るのに、一万一千ドルかかるだけである。アメリカ軍が戦争ゲームをして、中国に対してスパイ活動をするよりも安上がりではないだろうか。米国海軍は、硫黄島を1853年には、対中国の橋頭堡として考えることをやめて、近くの父島を選択した。ちなみに、1944年に、21才の若い海軍操縦士であった、後の米国大統領となった、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュが、捕虜となって処刑されることを免れた島である。「私は、米国が太平洋の両岸で支配的なパワーになることを見たい」とテオドア・ルーズベルト大統領はかつて述べたことがあるが、私の母は、硫黄島から帰ってからの四年間というものは、寝ている間に父親が泣いていたが、何故泣くのかその理由がわからなかったと言った。北太平洋での戦争ゲームが全て終わっても、おそらく、米国人は夜に泣く理由がわからないのではないだろうか。

ジェームズ・ブラッドレー氏は、フライボーイズ、我々の父親の旗の著者であり、硫黄島に米国国旗を掲げた英雄の一人の息子に当たる。硫黄島の関係の著者は映画化された。現在、ニューヨーク州在住。 

 

www.thedailybeast.com/blogs-and-stories/2010-12-06/pearl-harbor-anniversary-james-bradley-on-americas-meddling-with-china-/ Real Lesson of Pearl Harbor

The

By James Bradley

On the anniversary of the Pearl Harbor attacks, Flags of Our Fathers author James Bradley explains how the U.S. under Teddy Roosevelt first meddled in Asian affairs--and why we're playing a dangerous game in doing so again.

I always assumed that my father--John Bradley--had raised two American flags on the island of Iwo Jima because of the Japanese attack at Pearl Harbor 69 years ago today. But unbeknownst to my dad, 88 years before Pearl Harbor, the U.S. Navy had eyed Iwo Jima as a potential staging area for naval operations aimed at China.

In 1853, U.S. Navy warships entered the North Pacific with the largest show of naval power the area had ever seen. The three neighboring countries--Japan, Korea, and China--had been at peace with one another for centuries.

The Navy's goal in 1853 was to make Japan into what a Japanese prime minister later called "America's unsinkable aircraft carrier in the Pacific" in order to compete for influence in nearby China. The pretext given to the American public was that the Navy was on a humanitarian mission to halt mistreatment of American whalers shipwrecked on Japanese shores.

Twenty years later, in 1873, Japan launched its first modern overseas military foray--an invasion of Taiwan. The rationale was to threaten China, thus allowing Japan to wrest the island of Okinawa from China's orbit, an idea cooked up by the Japanese foreign ministry's first foreign employee--a retired American Civil War general. The excuse was that the Taiwanese had abused Okinawan civilians. The Japanese invaders sailed on American-made ships with U.S. Navy advisers. In 1894, Americans applauded as a newly militarized Japan attacked China to promote "peace and stability" on the Korean Peninsula.

Then in 1905, President Theodore Roosevelt secretly urged Japanese leaders to develop a "Japanese Monroe Doctrine for Asia." Roosevelt encouraged the Japanese navy to seize "a paramount interest in what surrounds the Yellow Sea, just as the United States has a paramount interest in what surrounds the Caribbean." Unknown to Congress and his own State Department, Theodore Roosevelt agreed to a secret, unconstitutional treaty with Tokyo allowing the Japanese military to seize Korea and initiate their Japanese Monroe Doctrine for Asia.

When the United States and Japan later quarreled over who would control China, war broke out. President Franklin Delano Roosevelt condemned that day of infamy, not realizing that the Japanese navy had modeled their Pearl Harbor attack after a similar surprise naval operation in Korean and Chinese harbors 37 years earlier. In 1904, when word of Japan's first infamous sneak attack reached him, President Theodore Roosevelt wrote secretly, "I was thoroughly well pleased with the Japanese victory, for Japan is playing our game.

The_flag_of_our_fathers 

U.S. Marines raise the American flag atop Mt. Suribachi, Iwo Jima, on this Feb. 23, 1945. (Photo: Joe Rosenthal / AP Photo)

The U.S. Navy is continuing Theodore Roosevelt's game in Asia. In June, North Koreans fired on and killed three Chinese civilians on their northern border and Washington viewed it as a minor incident. In November, when North Korea tragically killed four South Koreans, President Barack Obama led the China-bashing and dispatched thousands of warships, tens of thousands of troops, and billions of dollars of high-tech weapons to the coast of China.

And that's just the tip of the U.S. Navy's spear. At a time of record American deficits, the Navy is spending billions of dollars on "war games" with Asian allies ringing China. Indeed, on his recent tour of the region, President Barack Obama mimicked this military encirclement strategy as he visited only "Asian democracies" surrounding China, while criticizing Beijing at every stop.

China presents no military threat to the U.S. With almost five times the population of the U.S., China spends less than one tenth as much as America on its military. In contrast to the U.S., China has no troops stationed outside its borders and wages no far-flung wars of choice. Recently the Pentagon--over China's wary objections--authorized the transfer of $6.5 billion in weapons to Taiwan. Even with the billions we have spent supporting China's breakaway island, Robert D. Kaplan--senior fellow at the Center for a New American Security and national correspondent for The Atlantic--noted in The Washington Post: "The United States cannot credibly defend Taiwan." China has peacefully woven Taiwan into a web of profitable trade relationships, with more than 250 airline flights between the two countries each week. Rather than admitting the unlikelihood of Chinese military action against American interests, Washington seized upon potshots from an impoverished Chinese ally--North Korea--where millions boil tree bark for lunch as a reason for hugely expensive war games in waters uncomfortably close to Beijing. Imagine our feelings if a fleet of Chinese nuclear submarines were discovered in waters near New York and Washington. China is not a third-world country rising. China was the richest country in the world for most of human history. About 400 years ago, China stumbled when it missed the Industrial Revolution. Now we are witnessing the world's traditional economic champ returning to its accustomed rank.

President Obama wants to double American exports within five years. Robert Roche--chairman of the Board of Governors for the American Chamber of Commerce in Shanghai--recently pointed out: "China's potential is so great for U.S. exporters that capturing one additional percentage point of China's import market translates to $11.3 billion in additional exports and over 75,000 American jobs."

Smart salespeople make lasting friendships. China sends about 100,000 students a year to study in the United States, while only about 13,000 American students go to China. If starting tomorrow, America reacted with Sputnik-urgency to learn the Mandarin language and sent many more thousands of American students to China, we would be well positioned in what will be the largest economy in the world. It costs only about $11,000 for an American high-school student to spend one year making friends in China, much more cost effective than armed American troops playing war games on the outside and spying on China.

The U.S. Navy rejected Iwo Jima as a staging area in 1853, and instead chose neighboring Chichi Jima, where George Herbert Walker Bush--a 21-year-old U.S. Navy pilot--would barely escape execution in 1944. " I wish to see the United States as the dominant power on the shores of the Pacific Ocean," Theodore Roosevelt once said. My mother told me that for the first four years after he returned from the battle of Iwo Jima, my father cried in his sleep but she did not understand why.

After all the games in the North Pacific, maybe we never will.

 

James Bradley is the author of The New York Times bestsellers Flyboys and Flags of Our Fathers and the son of one of the men who raised the American flag on Iwo Jima. He lives in New York.

 

www.thedailybeast.com/blogs-and-stories/2010-12-06/pearl-harbor-anniversary-james-bradley-on-americas-meddling-with-china-/

Who liberated the Asia?

Independence of Japan

2010_1206_175745cimg0161

2010_1206_175853cimg0162

12月6日午後6時過ぎから、東京神田神保町の日本教育会館一ツ橋ホールで、植草一秀氏の新著「日本の独立」の刊行記念講演会が開催された。講演の演題は、「冤罪(無実の罪)と国家の暴力ー対米隷属勢力を排して日本は独立すべきだ」である。一ツ橋ホールは、三階にあるから、会場まで一階から螺旋状の階段に入場者が並び、受付は本を購入する人と、聴講のみの人とに分かれていたが、満員御礼で、キャンセル待ちで、並んでいる列もあったのにはびっくりした。出版社の飛鳥新社が主催していたが、入場整理で開演時間が少し遅れるほどの盛況であった。当方、植草氏の講演が終わるとすぐに中座したが、野次のひとつとばない立派な大盛況の講演会であった。それだけに、政権交代に対する期待が全く裏切られている状況に対する国民の怒りがひしひしと伝わってくるような講演会であった。当日の午後には、鈴木宗男氏の収監があり、時代が暗黒の時代にタイムスリップしていくかのような雰囲気の中で希望が掲げられ、暗夜に灯をみるような講演会でもあった。
 
 要すれば、民主党の政権交代が激しい攻撃を受けて対米隷属勢力に権力を奪取されてしまったこと、政権交代の意義が失われて振り出しにもどったことや、平成維新を達成する総力を結集するためにも、真実を知ることが必要であること、更には、日本の警察・検察・裁判所制度の近代化が必要であるとした。具体的には、七つの課題があり、①法の下の平等が守られていない。②罪刑法定主義が守られていない③適正な手続きが厳格に守られていない④警察・検察に裁量権が付与されている⑤無罪推定原則が無視されている⑥公務員の守秘義務が守られていない⑦裁判官の独立性が確保されていない、ことを列挙した。講演の内容については、これまで同氏のブログや著書を読んでいる読者には既に理解されていることと思うが、講演自体を含めて後日ネットで公開されると主催者は説明していた。

植草一秀氏のブログのアドレスは、次の通りである。念のため。http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

Justice distorted

鈴木宗男氏が収監される日の朝の明治神宮である。参拝を終えた鈴木氏の即席の会見である。まほろばJapanの撮影した映像である。

収監直前の検察庁の前での取材模様は、田中龍作氏が書いている。

http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/172124252.html

Angry Hair

亀井静香先生の髪が逆立っている写真がある。田中龍作ジャーナルに掲載されている。郵政民営化の虚妄を見直さない菅内閣に対する怒りが表現している。http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/171665353.html

False Charge and brutal accusation

下記の、「「改革」を掲げた私はいかにして罪に陥れられたか」の記事は、産経新聞社が発行する雑誌正論の平成21年8月号に、被告となった中司氏本人が執筆した記事である。中司氏は、産経新聞社政治部の敏腕の記者であった経歴がある。本年11月25日に開催された、日本の司法を正す会に招かれて出席して、元枚方市副市長の小堀氏とともに、取り調べの不当などについて説明している。中司氏は、21年に執行猶予付の有罪判決を受けて、即日控訴したが、今年の11月18日の二審の大阪高裁も、控訴を棄却したので、最高裁に直ちに上告している。副市長は、調書を取られなかったために無罪となっている。下着を血で染めるような、取り調べをやって調書をとり、人間を罪人に貶めていくやり方は、破綻している。日本は全体主義の暴力国家ではない。法の支配があり、権力と権威とが分離した希有の国である。検察官僚の横暴と堕落が許されてはならない。裁判所の怠慢もまた見逃されてはならない。

当方ブログは、中司元市長を支援する。中司氏のブログは、中司宏の航海日誌と題している。http://d.hatena.ne.jp/nakatsuka1956/ 当方ブログの読者の皆様のご一読と中司氏への激励をお願いしたい。

http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0907/ronbun2-1.html

■「改革」を掲げた私はいかにして罪に陥れられたか--------------------------------------------------------------------------------
密室の取調室で受けたこの屈辱は忘れられない。検察の“自戒”なくして司法の正義なし

前枚方市長 中司 宏

「主文、被告人を懲役一年六月に処する。三年間その刑の執行を猶予する」--平成二十一年四月二十八日午後一時三十分、大阪地裁六〇三号法廷に、樋口裕晃裁判長の乾いた声が響いた。大阪・枚方市の第二清掃工場(現東部清掃工場)の建設工事をめぐる談合容疑で、大阪地検特捜部が同市役所を捜索してから二年近くが経っていた。

 裁判で一貫して無罪を主張し「いつか真実が分かってもらえる」と自分に言い聞かせて闘ってきたが、一審でその願いは叶わなかった。その悔しさと、厚い壁の向こうにある「司法」というシステムへの強い不審の念を抱きながら、私は裁判所を後にした。

■杜撰なシナリオ

 この手記を書くにあたり、逮捕、起訴、そして一審有罪判決という現実の前に、まず市民のみなさんに深くお詫びしたい。愛するまち枚方が“談合のまち”と揶揄されるのは耐えられないほど悲しい。なぜなら、その談合をなくそうと懸命に取り組んできたことが仇になったのが、この事件の真相だからだ。

 だが、自分の無実を証明するためにこの手記を書くのではない。我が国が法治国家である以上、たとえ困難な道であろうとも、自らの潔白は今後の上級審で勝ち取っていかなければならない。私がこの手記で明らかにしたいのは、検察捜査のあり方や取り調べの不当性、そしてそれを許している裁判のシステムについてである。

 事件と向き合うことは辛いが、敢えてそれらをひもとき、正義を標榜する検察とはどういう集団なのか、その組織が国家権力を背景に、一個の人間の運命をどのように玩ぶのかをぜひ知ってもらいたい。なぜなら、これはひとり私だけの問題ではなく、誰にでも起こりうる問題だからである。

 日本の刑事裁判の有罪率は九九・八%以上と非常に高い。この数字をどう見るのか。検察捜査が優秀なのか。裁判所が検察寄りなのか。それとも裁判のシステムそのものが、被告人に不利な状況を生んでいるのか。この手記を読まれる方々に考えてもらいたい。

 本題に入る前に、枚方の談合事件とはどんな事件だったのか、振り返ってみる。発端は、平成十九年五月二十九日、大手ゼネコン大林組の元常務や大阪府警捜査二課の警部補らが逮捕されたことだった。当時の新聞記事はこう伝えている。

 《大阪府枚方市発注の清掃工場の建設工事をめぐり、談合が行われた疑いが強まり、大阪地検特捜部は二十九日夜、競売入札妨害(談合)容疑で、共同企業体(JV)で工事を受注した大手ゼネコン「大林組」大阪本店の元常務執行役員で顧問、森井繁夫容疑者(六三)や大阪府警捜査二課所属の警部補、平原幸史郎容疑者(四七)ら六人を逮捕した。談合事件にからんで現職警察官が逮捕されるのは極めて異例。(中略)調べによると、森井容疑者らは平成十七年十一月十日に制限付き一般競争入札が行われた「(仮称)第二清掃工場建設工事」で、大林組と浅沼組のJVが落札できるように談合し、公正な入札を妨害した疑い》(平成十九年五月三十日付の産経新聞大阪版朝刊)

  逮捕された大阪府警の平原氏は、談合捜査のエキスパート。度々表彰された優秀な警察官で、私が市の入札制度を改革するにあたり相談に乗ってもらった人物だ。枚方市では、一般競争入札の導入、予定価格と最低制限価格の公表、郵便入札や電子入札の実施、入札監視委員会の設置など、談合できない仕組みづくりに取り組んできたが、その幾つかは平原氏のアドバイスによるものだった。

 談合捜査のプロで法律を熟知している平原氏から「清掃工場で談合されている」と指摘され、未然に防ぐためにアドバイスを受けたのがこの事件の本質である。まさか談合を捜査するベテラン刑事が陰で談合を仕切り、大林組から多額の金銭を受け取っていたとは想像すらできなかった。

 ところが検察は、この談合に市が深く関わっていたとみて、二日後の五月三十一日に副市長を逮捕する。

 《大阪地検特捜部は三十一日、競争入札妨害(談合)容疑で副市長の小堀隆恒容疑者(六〇)を逮捕した。現職警察官が立件された異例の談合事件は、市のナンバー2が関与した「官製談合」に発展した》(六月一日付の同紙朝刊)

  当時は分からなかったが、検察の最終ターゲットは市長である私だった。しかし、私と大林組とのつながりが出てこないので、私が小堀氏を“連絡役”にしていたとの構図を描き、私を追い詰めるための“駒”として小堀氏を逮捕、「次は市長か」「市役所ぐるみか」との世論作りに利用した。小堀氏には本当に苦労をかけたが、後述のように無罪判決で潔白が証明された。そんな杜撰なシナリオで強引に捜査が進められ、七月三十一日を迎えることになる。

 《大阪府枚方市発注の清掃工場建設をめぐる官製談合・汚職事件で、中司宏市長(五一)が談合に関与した疑いが強まり、大阪地検特捜部は三十一日、競売入札妨害(談合)容疑で中司容疑者を逮捕、保釈中だった元府警捜査二課警部補、平原幸史郎被告(四七)を大手ゼネコンから一千万円の賄賂を受け取ったとする収賄容疑で再逮捕した。一連の事件は市トップの刑事責任追及とともに、「談合・汚職捜査のプロ」が絡む新たな汚職事件に発展した。中司容疑者はこれまで開いた記者会見などで談合への関与を一貫して否定。逮捕後の調べに対してはあいまいな供述をしているという》(七月三十一日付の同紙夕刊)

■虚偽だらけのリーク

 以上が、私が逮捕されるまでの経緯と新聞が伝えた事件の概要である。産経新聞を引用したが、どの新聞もほぼ同じ内容だ。なぜなら記事は全て検察情報をもとに書かれているからである。そしてこの“大本営発表”を鵜呑みにした記事により、検察にとって都合の良い世論が形成されていく。例えば、右の記事のうち《(中司容疑者は)逮捕後の調べに対してはあいまいな供述をしている》との記述は全くの虚報である。この記事が書かれた時点で私ははっきりと容疑を否認し、あいまいな供述などしていなかった。後に無罪が確定する副市長の小堀氏も、一貫して否認していたにもかかわらず「容疑を認めた」と書かれた。検察側の情報操作で記事が作られ、世論が動かされていくのだ。

 別の新聞に「大林組から頻繁に接待」「ほぼ毎月の時期も」と大見出しで書かれたこともあった。大林組から接待を受けたことなど一度もなかっことは検察も認めており、裁判でも全く争われていない。過去二十余年にわたる政治活動で大林組から一円の政治献金を受けたことも、選挙の応援をしてもらったこともない。それを承知で偽情報がリークされ、私に対するダーティーなイメージだけが積み重ねられ、一人歩きしていった。

 金銭の授受も便宜供与もなく、談合容疑だけで現職市長が逮捕された例は過去にない。このため、最高検は私の逮捕に反対だったと聞く。しかし、現場の特捜部の巧みなリークにより「逮捕もやむなし」との世論が形成された。見事な情報操作というほかないが、正義を標榜し強大な権力を持つ検察に、このような手法が許されて良いのだろうか。

 問題は“大本営発表”を流すマスコミ側の事情にもある。私自身、かつて新聞記者だった経験から推測できるが、検察の意向に沿った記事を書かなければ検察庁詰めの記者は出入り禁止になり、以後一切取材ができなくなるのだ。現実にこの事件で、ある社が特捜幹部の流した情報と異なるニュースを独自取材でキャッチして報じたところ「言うとおりにしないと出入り禁止だぞ」と怒鳴られたという。

■人間性破壊の取調室

 平成二十年十月二十一日、大阪地裁で私を裁く公判が始まった。強制捜査から一年五カ月が経ち、大林組の元役員二人と元大阪府警の平原氏は、すでに有罪判決を受けていた。その判決を下した裁判長が私の審理も担当するという、いわば外堀が埋められた状況であった。

 主な争点は、私が価格を害する目的で受注調整を依頼し、談合を共謀したのかという点。そして、厳しい取り調べで署名させられた私の供述調書に任意性があるのか、という点だった。

 私の無罪を証明することが本稿の目的ではないので詳述は避けるが、検察が主張する私と大林組の接点といえるのは、市長在任の十二年間で二回だけである。

 一回目は、平成十一年十二月に大阪市内のホテル会議室で森井氏らと三十分ほど会った時。清掃工場の入札が行われる六年も前のことで、当時はまだ地元の反対運動が激しく、入札どころか清掃工場ができるかどうかさえ危ぶまれていた。しかし検察は、この時に私が談合を容認する「天の声」を出したと主張する。

 二回目は、その四年後の平成十六年一月、平原氏が私に無断で会食の席に森井氏を呼んで鉢合わせた時だが、このさい工事の話が一切出なかったことは検察も認めている。

 一方、私の供述調書の任意性についてであるが、残念ながら私は、連日の過酷な取り調べに耐えられず、検事がシナリオ通りに作成した調書に無理やりサインさせられてしまった。今さら悔やんでも悔やみきれないが、自分が弱かったとしか言いようがない。だがもし私のような状況に追い込まれたなら、ほとんどの人がサインしてしまうのではないだろうか。それほど検察の取り調べは理不尽かつ非道であり、法治国家の枠を逸脱していた。

 検事の常軌を逸した取り調べの中身について、私は当時、弁護士から差し入れてもらった日記形式の「被疑者ノート」に細かく記載していた。密室で何が行われたのか、以下、被疑者ノートの記述に沿って詳述する。

 ノートは逮捕三日後の八月三日に届いたため、七月三十一日から八月二日までのページは記憶をもとに記載し、三日以降は毎日、深夜に及ぶ取り調べの後に書きとめた。

 初日から検事は、容赦なく机を蹴り、怒声を張り上げた。容疑を否認する私の供述に対しては、「ありえない」「嘘をついている」と全く聴く耳を持たなかった。その時の検事の言葉を書きとめたノートの『取調官の態度・言葉』の欄には、「検察をナメるのか」「最低のハリボテ人間」などと激しい表現が並ぶ。

 罵倒はさらに続いた。

「もっと上の立場になって必ずもう一度捕まえてやる」「どんな悪い人間か世間に知らせるぞ」「逃げることは絶対に許さん」「軽く一年は保釈されないぞ」「手錠をつけたまま法廷に出る姿を見てもらえ」「口だけの卑怯者」「馬鹿か子どもだ」「ほとんど病気で気がおかしい」「認めないなら丸裸にして追求する」…  日を追ってエスカレートする言葉の暴力に、私は徹底的に打ちのめされ、ずたずたに引き裂かれ、恐怖に苛まれた。その時の気持ちも、私はノートに綴った。八日の欄にはこう書いている。

「昨日は再スタートの相談に乗ると言っていたのに、今日は洗いざらい悪を出してやると脅してくる検事の精神に狂気を見た。権力とは恐ろしい。自分だけが正義だと思い込んでいる」「怒り狂って顔の相が変わる。怖い形相になって怒鳴りまくる。机を叩いて荒れ狂う。自分たちが社会正義だと驕り、何でも許され、徹底的にやる、という誤った認識の集団だ」…  検事は、私自身を罵倒するだけでなく、弁護士についても激しく罵った。弁護士への信頼感を崩すため、不信感を植え付ける言葉を連日浴びせてきたのだ。私はそれをノートの『弁護人について聞かれたか』の欄に書きとめた。「弁護士は能力がない」「馬鹿か詐欺だ」「嘘をつかれ騙されている」「嘘をつく弁護士を信頼するのは宗教だ」「(反検察の)キャンペーンのモルモットにされているだけ」…

■仕掛けられた罠

 とうとう私は、何を言っても聞き入れられないので、黙秘することを告げた。すると検事の形相が変わり、立ち上がって机を叩いて怒鳴りつけ、怯える私を残して取調室から出て行った。すかさず事務官から「検事はSなので何をするか分からない」「謝った方がいい」と言われた。今から思えば検事と事務官の見え透いた連携プレーなのだが、そんなことも見抜けないほど心が消耗していた。

 こうして時が経つにつれ、次第に心が壊れ、そして、もう何を言っても無駄だ、という諦めの思いが募ってきた。

 気弱になった私に、検事は罠を仕掛けてきた。逮捕容疑とは何の関係もない市長選の収支報告書の記載について「書き方がおかしい」と“搦め手”から執拗に責めてきたのだ。収支報告書は、会計が選管に記載方法を確認して作成しており、何ら誤りがないのは明らかだった。にもかかわらず、関係者が家宅捜索までされ、連日長時間にわたる取り調べを受けた。そのことは私に重くのしかかっていた。

「今すぐにも動く準備ができている」「上はカンカンに怒っている。地検と対決するのか」と脅された私は、抵抗する気力をなくしてしまった。《何の罪もない小堀氏を逮捕した検察のことだから、このまま調書にサインしなければまた罪のない人間が次々と逮捕される》と、本気で恐れた。検事の権力乱用を前に私の精神は疲弊し、不安や恐怖に心が支配され、正常な判断ができなくなっていた。この地獄の苦しみは経験したものにしか分からない。私は保釈後もしばしばうなされ、夜中に飛び起きた。法廷で当時の状況を訴えたとき、思わず涙が溢れてきた。

 こうして私を追い込み、黙秘権も認めず、怒鳴り続けた検事だが、法廷では平然と「(取り調べで大きな声を出したことは)ございません」と言ってのけた。取調室で「偉くなってどこまでも追いかけてやる」と脅した若い検事が、法廷で堂々と嘘を並べる。その姿のどこに「正義」があるというのか。法の番人であるべき検事が偽りの証言をし、それが認められるのなら、果たしてこの国の「正義」は守れるのだろうか。

■下着を血に染めて

 人間性を破壊する過酷な取り調べは、後に無罪が確定する元副市長の小堀氏にも行われた。というより小堀氏の取り調べは拷問のようにさらに熾烈を極めた。腎臓ガンで右腎を摘出している上、前立腺肥大で手術を予定していた同氏は、逮捕三日目に尿が出なくなり三九度の高熱が続いた。太いカテーテルを手荒に挿入されたので出血が止まらず、下着が血で真っ赤に染まった。それを訴えると紙オムツが渡されたが、たった一枚だけだったので、血で汚さないよう間にチリ紙を挟んで使ったという。

 私は取り調べを受けた検事から、小堀氏のことについて「拘置所で死なれては困るから保釈した」とはっきり聞かされた。正義の名の下に無実の者が命まで脅かされたのである。

「二度と枚方に住めなくしてやる」「家族も外を歩けなくするぞ」と深夜になるまで脅す検事の怒鳴り声や、椅子、机を蹴り飛ばす音があまりにも大きく、拘置所の近隣住民から苦情が出るほどだったと、法廷で小堀氏は証言した。検察は、大林組側から小堀氏に金が流れていると邪推し、「叩けば埃が出る」式の強引な捜査を行ったのだった。

 人権を無視した取り調べは、談合と収賄の疑いで逮捕、起訴された前大阪府議会議員、初田豊三郎氏に対しても行われた。初田氏もガンで左の腎臓を摘出し、高血圧と不眠症を抱えながら勾留されたが、まともな薬も与えられず、連日の深夜に及ぶ過酷な取り調べに意識が朦朧とする中で、否認しているにもかかわらず、検事が作った調書に無理やりサインさせられた。同氏は裁判で無罪を主張したが、有罪判決を受けて控訴している。

 以上が取り調べの実態である。こうした取り調べが行われるのは、検察が上意下達の厳しい官僚組織だからといえる。一旦走り出した捜査の方向が間違っていると誰かが疑問を持ったとしても、面子を重んじる旧態依然の官僚組織ではマイナス意見は抹殺され、誤った方向を止めることはできない。そうした体制の中で担当検事は必死でシナリオ通りの自白調書を取ろうとする。その結果、足利事件のように、無実の者が非道な取り調べによって無理やり自白させられ、人生を踏みにじられ、心身に深い傷を負わされることが現実に起きるのである。

 無理やり自白を迫る過酷な取り調べの実態については、自白偏重といわれる日本の裁判システムの中で、これまで見て見ぬ振りの状態が続いてきた。この体質が冤罪を生んできたといえる。この現実を改めるため、取り調べの様子をビデオで撮影する「可視化」の導入について、真剣に検討する必要があろう。

■もう一つの使命

 捜査権と起訴権をあわせ持つ巨大な国家権力を背景に、裁判では検察が、根こそぎ押収した資料の中から被告人に不利な証拠だけを提出し、被告人に有利な証拠があっても表に出さない。弁護側は、提示された他にどんな証拠資料があるのか分からない中で公判に臨むしかなく、全ての資料が共有化されなければ公正な裁判にはならない。

 一方、裁判官と検事との間には「判検交流」という人事交流がある。裁判所と検察庁は互いに独立し、チェックする機能を持つ組織でなければならないが、このような人事システムが、双方のもたれ合いの温床となっているとの指摘も少なくない。

 冤罪は悲惨だ。足利事件では、DNAの再鑑定を怠ったため、被害者は十七年余も獄につながれ、その間に両親を亡くした。汚名が晴れても、失われた時は戻らない。

 私もまた、全てを失った。逮捕前の私は、全国に先駆けて市政にマニフェストを導入し、行政評価システムを実施して財政再建を果たし、収支のバランスシートを公表した。清掃工場とともに長年の懸案だった火葬場の整備や、第三次救命救急センターの誘致なども手がけた。福祉や環境施策に力を入れたほか、教育改革をはじめ数々の改革を成し遂げたという自負がある。

 しかし、その誇りや積み上げてきた信用は一瞬にして吹き飛んでしまった。捜査の着手から逮捕されるまでの二カ月間というもの、朝夕の通勤時はもちろん、深夜に至るまで報道陣に家の周りを包囲され、どこへ行くにも追いかけられた。激しいメディアスクラムで、私の神経はかなりすり減っていた。

 かつての新聞記者としての経験から、マスコミ対応には十分に気を配り、求められるまま何度も記者会見を開いて状況を説明し、その都度関与を否定した。できるだけオープンにしようと、元最高検検事を委員長に、市独自の調査委員会を設置した。

 結局、そうした行動が裏目に出て、特捜部の“虎の尾”を踏んだ。捜査中なのだから、おとなしく謹慎するか、事件の責任を取って辞職していれば検察のメンツが立ち、逮捕には至らなかったかも知れない。

 しかし私は、逃げることより闘うことを選んだ。

 最後に、私を支えていただき、応援していただいている方々に言いたい。

 私はこれまで、生まれ育った枚方市を笑顔があふれる住み良いまちにすることが、私に与えられた使命だと思っていた。事件の舞台となった清掃工場も、人口四十万人のゴミ処理に不可欠の施設だ。いわゆる“迷惑施設”としての性格から周辺住民の激しい反対運動にあい、歴代市長が整備を先送りしてきたが、古いプラントが老朽化し、着手しなければならない状況にあった。そこで私は、地元住民の理解を求め、反対の嵐の中を何度も説明会に出向いて頭を下げた。地域の整備や環境対策を約束し、施設の規模と事業費を大幅に縮小するため焼却ゴミ半減計画も打ち出した。そうまでして長年、職員と一緒に苦労を重ねて整備を進めてきた施設だったのだ。

 その建設工事で談合に加担するなど、自分自身を否定するに等しい行為ができるはずもない。もちろん、大林組にいかなる受注調整を頼んだことも、大林組から受注の依頼を受けたことも、いわゆる「天の声」を出したことも一切ない。少なくともそれだけは、改めて訴えておきたい。

 事件を通して多くのことに気付かされた私は、今、枚方市のまちづくりと同時に、もう一つの使命を自らに課そうと決意している。司法の「闇」の部分、とりわけ検察による誤った国家権力の行使をなくし、真に正義を標榜する検察に立ち戻れるよう、私のこの辛い経験を人に伝え、広く訴え、改革を促していきたい。これ以上冤罪を出さないために。

Distorted Justice

大阪地検特捜部の捜査資料改ざん・隠蔽事件があった。厚生労働省の元局長の村木氏は、郵便料金不正事件で無罪を勝ち取った。読売新聞が、歪んだ正義という、コラムをつくり、検察OBや刑事の弁護士や、専門家に検察の再生の所用せんについての記事を連載した。その第1回に登場したのが、福祉財団理事長の元特捜検事の堀田力氏の記事であった。大阪と東京の特捜部の捜査手法に違いがあったとの述べていたので、備忘録代わりに記事の一部を引用して記録にとどめておく。10月16日号のの39ページに掲載された記事の一部である。

「検事時代、大阪と東京の両方の特捜部に在籍したが、捜査手法に違いがある。東京では調べに当たる検事同士は話をしてはいけない。全体の構図と供述は主任しか知らず、資料ももらえないので、一線の検事はストーリーに沿った調書を作成しようにも、誘導のしようがない。一方、取り調べの前に資料をもらえ、検事同士連絡を取ってもよいのが、大阪。容疑者の一人が自白をすれば、それが他の検事にも伝わり、手っ取り早く他の容疑者からも話を聞き出せる。」「ただ、私が大阪地検に在籍したころは、上司への報告は非常に厳しく求められた。当時の特捜部長は自ら拘置所にも来て、土日も休まず検事たちの調べに付き合った。」「特捜部を解体して喜ぶのは歪んだ政治家や悪質な経済人だ。例えば20件のうち一件でもいいから摘発することで抑止効果が出る。特捜部でなくてもよい。専門班でも、米連邦捜査局(FBI)のような独立組織でもよいから、権力の中枢を摘発する捜査機関は絶対に必要だ。」

A Financial Criminal

「日銀エリートの「挫折と転落」」と題する、単行本が出版された。当方ブログは、神田の三省堂書店で、積み上げられている中から一冊買った。副題は、木村剛「天、我に味方せず」とある。本の帯には、小泉純一郎と竹中平蔵に翻弄された「徒花(あだばな)」の悲劇と書いてある。国内初のペイオフ発動となった日本振興銀行の経営者としてやってきた犯罪の背景を鋭く追求した本である。塀の中に落ちた「竹中プラン」の寵児の転落の物語である。著者は、有森隆氏であり、版元は、講談社である。とりあえず、当方ブログの参考図書館にリンクをはった。ご一読を勧める。価格は1680円である。

同書の内容等については、次の様な解説がある。ご参考まで。

「金融改革の旗手」と持てはやされ、ビジネスモデル崩壊とともに司直の手に落ちた木村剛の功罪を問う。
「金融改革の旗手」はなぜ、司直の手に落ちたのか?

小泉政権時代の2002年、木村剛は竹中平蔵金融担当相のブレーンとして金融庁顧問に就任。「金融再生プログラム」(竹中プラン)の推進役として、華々しく登場した。木村は日本銀行出身のエリートとして、遅々として進まない大手銀行の不良債権処理に警鐘を鳴らし続けてきたが、金融再生プログラムによって不良債権比率を半減させるノルマを課し大手銀行を攻め立てる。その一方で、大手銀行の貸し渋り貸しはがしによって打撃を受ける中小企業へのセーフティネットとして立ち上げた日本振興銀行では経営に参画し、株式を買い増してオーナーの座に収まった。

小泉首相、竹中金融相をはじめ、元日銀総裁の福井俊彦、金融庁長官の五味広文などを後ろ盾にして、まさにわが世の春を謳歌した。そんな木村が規制改革の名の下に改革利権の果実を口にしたために、経済界などでは「平成の政商」と呼んで批判した。

その木村が、金融庁の検査に対して迂回融資が立証されるおそれのある電子メールを削除した検査忌避の疑いで逮捕された。その瞬間、これまで木村をバックアップしてきた大物たちは、掌を返すように突き放した行動を取った。特に、木村が創設し、自ら理事長を務める会員制金融セミナー倶楽部「フィナンシャルクラブ」の最高顧問を務めていた竹中は、主宰する「チーム・ポリシーウォッチ」のホームページから木村の顔写真を削除したほどだ。
著者の有森隆氏については次のような説明が裏表紙に掲載されている。経済ジャーナリスト。1945年生まれ。1969年、早稲田大学文学部卒業。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。
著書には『社長力』『経営者を格付けする』(以上、草思社)、『創業家物語』『銀行の墓碑銘』(以上、講談社)、『ヤクザ・カンパニー』『銀行の犯罪』『銀行・証券・生保 破局のシナリオ』(以上、文春ネスコ)、『ネットバブル』『日本企業モラルハザード史』(以上、文春新書)、『秘史「乗っ取り屋」』(だいわ文庫)、『銀行消滅』(上下巻)、『企業舎弟 闇の抗争』『無法経済の主役たち』『黒い経済人』『戦後六〇年史 九つの闇』『闇の系譜ーヤクザ資本主義の主役たち』(以上、講談社+α文庫)などがある。」 以上、ご参考まで。

20 News Selection for 2010

霞ヶ関の行政情報をまとめる、時評と言う雑誌がある。創刊50周年とあるが、霞ヶ関20大ニュースの題で、12月号に掲載している。独断で選ぶと銘打っているが、おもしろい。重要性から来る順番ではないようだ。

①支持率低下の中菅政権発足、されど逆風は一層強く

②期待の新成長戦略、その効果の程は?

法人税の引き下げが含まれているが。今後の税制改正に注目

③検察審査会、小沢氏をいよいよ法廷に

政治家が強制的に起訴されるのは初めて。検察審査会の信頼性と権限の所在もまた問われることになった。

④暴行、賭博・・地に墜ちた日本の国技

名古屋場所はテレビ中継ナシ。天皇賜杯の自粛

⑤クロマグロ禁輸否決、国際交渉における勝利

禁輸に賛成43,反対72 クロマグロの8割を一国で消費する日本への風当たりは依然強い

⑥教科書ページ大幅増、ゆとりと敢然訣別へ

学力が低下が顕著となり、向上を期待する

⑦核持ち込みに関する密約の存在を認定

⑧小党乱立の夏、予想通り参院は与党惨敗

⑨上海万博開幕、入場者七千万人超

7300万人の入場者 上海のインフラ整備進む

⑩猛威をふるう口蹄疫、大量殺処分に発展

4月20日に口蹄疫発覚、三ヶ月間で、なんと合計29万頭近い牛と豚が殺処分された。

⑪迷走の挙げ句、辺野古周辺で閣議決定した普天間問題

ぶれる総理の象徴。 鳩山総理の座を辞する原因

⑫「はやぶさ」帰還、子供達の話題に

2003年に打ち上げられた小惑星探知機が七年ぶりに帰還した。世初の月以外の天体物質の採取

⑬記録ラッシュの猛暑、各地に影響及ぼす

⑭逃げ得は許さず、130年ぶりの刑法転換

公訴時効の、十二の犯罪を対象に廃止。

⑮止まらぬ円高、日銀が六年半ぶり為替介入

日本の単独介入、人民元の切り上げの障害になるとの非難もある。

⑯長寿社会の闇?全国各地に存否不明の高齢者

⑰局長無罪、大阪地検の自作自演が明るみに 

検察組織自らが無辜の市民を犯罪者にしたてあげると事件。前代未聞か。他でもあったのではないか。

⑱尖閣沖の漁船衝突、反日デモに発展

⑲ジェネリック医薬品推進へ、大きな前進の年

2010年から13年にかけて、特許期限がくる。

⑳インドとEPA締結、久々の外交的前進

10月25日、日本としては、12カ国目の締結国

海外編

①ギリシャの財政難、EU支援で合意

②オバマ流の改革は不況に勝てず、茶会に大敗

3月23日に医療改革法成立、国民の医療保険制度の導入。中間選挙における敗退。

③遺伝資源の利益配分めぐり、COP10にしこり

Blimp over the sky in Tokyo

飛行船が飛んでいた。ゆらゆら飛んでいた。

Innocent Politicican will be in jail

Kuroshio Culture and Tradition

月に2回ずつ黒潮文明について書きためている.

39回目の文章を加える。

海幸、山幸の神話は意味深である。元々海を司取っている海幸は兄である。兄から釣り針を借りた山幸は、その釣り針をなくしてしまう。剣を溶かして釣り針をつくって返しても受け付けない。なぜ、そうなのか。想像がふくらむ。山幸は、海神の娘と一緒になって、海をも支配してしまう。壮大な黒潮の流れを想像しない訳にはいかない。但し、想像がたくましくなりすぎたのかも知れないが。

 これまで、書いた黒潮文明論が、リンクも飛び飛びになり、書いた本人すらどこに文章が残っているのか判らない位になったので、いちいち検索するのも面倒であるから、整理して下記にまとめて掲示するようにした。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-11.html

⑫ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/kuroshio-12.html

⑬ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-13.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-14.html

⑮  http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-15.html

⑯ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-16.html

⑰ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-17.html

⑱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-18.html

⑲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-19.html

⑳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-20.html

㉑ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/kuroshio-21.html

㉒ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-22.html

㉓ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-23.html

㉔ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-24.html

㉕ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-25.html

㉖ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-26.html

㉗ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-27.html 

㉘ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-28.html

㉙ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-29.html

㉚ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-30.html

㉛ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-31.html

㉜ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/kuroshio-32.html

㉝ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-33.html

㉞ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-34.html

㉟ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-35.html

㊱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-36.html

㊲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/kuroshio-37.html

㊳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/kuroshio-38.html

㊴ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/kuroshio-39.html

 黒潮の流れに着想を得た、民族文化論を目指している。学者の検証ではない。黒潮が洗う島々の岸辺の人々の生活について、過去、現在、未来と想像しながら、自由奔放にと心得ている。ささやかな共同幻想の一端を担いたい、神がかりになっても、害を与えない話であるから、どこからも指図をうける糊塗はしないが、基本には科学的な探求心を据えておきたいとの気持ちがある。

黒潮文明の広がりは想像以上に大きい。山の人が、海と結びついて、元々の海の民に取って代わった可能性はある。

さて、日本の国の成り立ちにご関心の向きは、コメントをお寄せ頂ければ幸いだ。ただ、誹謗中傷は、黒潮の民とは無縁であるから、厳にお断りする。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

Kuroshio 39

海幸彦山幸彦物語考

 海幸と山幸の物語は道具を取り替え、山幸が海幸から借りた釣針を失くしてしまう。山幸は泣く泣く海中に戻り、鯛がくわえた釣針を見つける。海神から、潮の満ち干を起こす玉と、洪水を起こす力を土産にもらう。元々は、山を拠点としていた山幸が、海神の娘を娶ることで力を備え、元々の海を司っていた、しかも兄である海幸を従えるようになるという複雑な筋書きの神話である。釣針をなくして、山彦が自分の剣を溶かして、針千本を作って返そうとして謝っても海彦が受け取らないのは、何故だろうかと考えていたが、その失った針がやはり、鉄でつくった針ではなく、鹿や猪の骨でつくった針でもなく、ましてや硬い木や香木でつくった針でもなく、夜光貝の殻でつくった針でもなく、人骨で出来た針を想像する。日本では、鹿骨でつくった釣針が知られているが、ハワイ島の南端の先史遺跡では、人骨の釣針がしかも組み合わせ式の釣針として、五千本もの遺物として大量に発掘されている。しかも一様の形ではなかったという。イースター島では、人骨による釣針が普通につくられていて、西洋の宣教師が入るようになってやめた。普通は真珠貝の釣針が多く、おそらく水中ではきらきらと光を反射し魚を惑わすような擬餌針(ルアー)も重宝されているが、ニュージーランドや、イースター島などの真珠貝が余り育たないようなところで、骨を合わせた釣針が発達した。人骨の針は、茶色の干からびたような色であるから、表層の魚を捕まえるのではなく、堅牢な素材として大型の魚をつりあげる為に重宝されたに違いない。ハワイには、骨を取られそうになった男が逃げ込める安全な場所の話や、結婚するために釣針を要求され、父親が足を切って息子の願いを叶えた凄惨な伝説があったそうだ。死者を埋葬して、十三回忌等の時が満ちた頃に、白骨を潮(うしゆ)の水で洗って墓にしまい直すのが南島の習慣だったから、海彦が先祖の形見に釣針をこしらえて大事にしていた可能性はある。単に魚を捕る目的でもなく、呪い(まじな)の装身具にしていたのかも知れない。横須賀市にある縄文初期の時代の遺跡である夏島貝塚から鹿や猪の骨で出来た釣針が出土しているが、ハワイの釣針と酷似している。材質に違いはあっても、ハワイの組み合わせ釣針の形と見分けがつかないという。夏島貝塚は炭素分析で七千年から九千年前と特定されているが、ハワイの場合には千年前そこそこの産物だから、日本の釣針の方が古い。余談であるが、夏島貝塚では、愛犬埋葬の習慣が確認されている。海彦の大切な釣針が、陸地から遠く離れた海神の宮の鯛の魚が引っ張っていって残っていたとの筋書きに矛盾はなく、犬、豚、鶏の明らかに東南アジア起源の動物が三種の家畜として南の島に渡り骨が発掘されているから、鉄の釣針が広がる以前に鳥や豚の骨で海幸が製作した釣針が、縄文の頃から舟や魚で太平洋のあちこちに運ばれたにちがいない。

 伊勢海老の偕老同穴の話を先回書いたが、海老の天敵はタコである。タコとりの漁具で有名なのが、鼠の囮(ねずみ おとり)と呼ばれる、子安貝をつけた釣針である。褐色の斑がある子安貝の一種から卵形の切片を切り出して椰子の葉の葉肋(ろく)を縛り付けて、鼠の尻尾のように針をつきだしているタコ釣りの道具である。子安貝は、タコ釣りに使われるだけではなく、イカ釣りの囮にもなる。子安貝は別の呼び方で宝貝とも呼ばれる。東アジアの一大産地は宮古島の近くの大珊瑚礁(チービシ)で、清朝西太后がネックレスに使っている油絵が、米国ボストンのハーバード大学燕京(えんちん)研究所の会議室に掲げられていたことも記憶にある。

 宝貝に紐をつけてタコをおびき出すのは今でも有効な漁法である。支那人は宝貝を装身具や貨幣には利用したが、鮹(たこ)の伝統料理はない。鼠の囮は、遠くに針を投げる釣竿とは異なり、手探りでタコやイカをおびき出す感触が魅力である。特に、暗夜にガス燈を点して、珊瑚礁の潮だまりを歩けば、色を変えて囮に飛びかかるタコを捕ることができる。イカはまるで湧き出るように数多く繁殖するから、イカの豊穣の海を烏賊海(いきやうん)といい、墨を吹きかけられないように、囮の紐は注意深くたぐることになる。

 珊瑚礁の内側(ラグーン)の海の畑に当たる場所がイノーであることも先回書いたが、徳之島の井之川(いのかわ)は、イノーに注ぐ川のある集落の名前である。島の一番高い山が、井之川岳だから、海の豊穣が山の高みに結びついていることを端的に表現している。井之川の隣の裏手の集落が久志(くし)で、そこの珊瑚礁の浅瀬で、石打ち漁が行われた。大綱引きの時のような網が浅瀬に張られて、板つけの丸木舟(さばに)から、石を木の皮で出来た紐を結わえて海面を叩くと魚は追われて、網が狭められていく。亜熱帯ではシュロの葉で網を作るが、太平洋の島々では、勿論椰子の葉でつくる。村の長が公平に分ける。紀州の錦あたりの初夏にかけての黒潮を回遊するブリの捕獲と分配が、全員参加で大敷網を維持する株分けの組合方式で行われているのと同じように、集落は総出の追い込み漁を楽しんだ。原始共産の黒潮の海の収穫祭だった。    (つづく)

Foliage inTokyo

Tyranny of Distance

2010_1202_080546cimg0157 2010_1202_080324cimg0153

上記の写真は、東京のスーパーマーケットで配布されていた、お歳暮の案内の裏表紙である。おもての表紙には、カニのつめをぐつぐつゆでている鍋料理の写真があり、見栄えがいいし、「贈っても、頂いてもうれしい商品を40%最大割引で承ります」等と威勢がいい。ところが、裏表紙には、離島不可という文字を緑の囲いにいれて、このマークのついた商品は下記の地域にはお届けできません等と書いてあるのは頂けない。

スーパーの会社の名前は、相撲の世界から採ったとかも知れないが、横綱ではないから、大手の会社ですぐ判る。最近開店した店で、「離島不可」のカタログは入手したが、賑わっている。

しかし、これほどまでに、はっきりと、マークまでつくって、離島不可とのラベルを貼ってすげなくすることも珍しいのではないだろうか。離島に送ることには、送料が余計にかかりますとか、距離別の料金表にするとか、時間がかかって、例えば冷蔵が不十分になるのでお問い合わせくださいとか、何とかしおらしく、言い訳がましく書いてあるのが、普通であるが、「離島不可」と威猛々しく表示してあるカタログを見たのは、当方ブログにとっては初めての経験である。

要すれば、格差社会を意図的に作り上げようとする市場原理主義の露骨な表現である。自分たちが中央で、その他の遠いところは、離れ島で、遠いところにはカネがかかるので送らない、色々と手配することも面倒くさいので、やらない。斬って捨てて、効率の良いところだけを商売の相手にして何が悪いと居直る商法である。金儲けをして何が悪い。ちゃんと表示をしてあるから、その方がコンプライアンスやらとで、細かく説明してあるではないか、どこが法律に違反しているのかなどと主張することは間違いない。離島不可と緑色の字で書いてあるから、赤い字で印刷しているわけではないから、まだ良いなどと、理由を色々とあげつらうに違いない。

当方ブログが言いたいのは、小さきものへ、あるいは東京から遠く離れた島々に、お歳暮のひとつを何とか送ろうとする気概が失せたのだろうかとの疑問である。多少値段が高くなっても、全体の中では僅かのコストであるから、それをお客様全体で負担して、ならしていったのが、今までの日本の商売の志の高さではなかっただろうか。船で送れば時間がかかるのであれば、コストがかさんでも飛行機を使って間に合うようにして送ったのではなかったのか。配達と納期に間に合わせるためにはいろんな工夫をした。離島であれば、台風の季節に船が運航しなければ、飛行機のチャーター便を使ってでも、供え物を送らなければ、運送会社の資格などないし、相手にもされなかった。祖先を大切にする沖縄などでは、お盆の祭りの為のお餅を間に合わせることを怠ったら、運送会社の資格もないと言われるだろう。東京には、さてさて、そうした離島から出稼ぎに来て、年老いてもう送る親や親戚もいない時代になったから、こんな離島不可のマークをつくっても文句のひとつも出ないのだろうか。一灯一隅、万灯照国であることを亡きものにしょうと画策・狂奔しているのだろうか。

そうだろうか。日本の津津浦々の生活の安寧を、ただ、会社の都合で、金が儲からない地域だから切り捨て対象にするとして、麗々しく離島不可のマークをつけて乱すことを企てるのであれば、拒否しようではないか。抵抗勢力とまたラベルを貼られて攻撃されるかも知れないが、相手の拝金主義は世界的には退潮に向かっているし、フランス風に言えば、レジスタンスにはなる。

大英帝国の時代に遡らずとも、最近まで、日本の位置するアジアの呼び方を極東などと言っていたが、その発想である。日本が、極東に位置しており、そこで、いろんな「不可」の烙印を押されていたことを忘れたかのような話である。

お届けできない地域を列挙しているが、東京にいる、その地域の係累のある日本国民はまず、このお歳暮の「離島不可」をどうお考えになるだろうか。当方ブログは、離島という言葉自体が尊大であると考えている。

念のため、その会社が勝手に決めている地域は次の通りである。

北海道・道内離島(利尻郡、礼文郡、苫前郡の天売島、焼尻島)

新潟県・佐渡市、岩船郡(粟島浦村)

東京都・伊豆諸島(大島町、利尻村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村)、小笠原諸島(小笠原村)

島根県・隠岐郡、長崎県・対馬市、壱岐市、長崎市(伊王島町、高島町)、南松浦郡(新上五島町)、五島市、西海市、松浦市(鷹島町、福島町)、北松浦郡(小値賀町)、平戸市(大島村)、佐世保市(宇久町)

鹿児島県・大島郡、鹿児島郡(三島村、十島村)、熊毛郡・薩摩川内市(上甑町、下甑町、里町、鹿島町)、出水郡(獅子島)、奄美市、西之表市、

沖縄県・本島を除く地域(石垣市、宮古島市、八重山郡、島尻郡(北大東村、南大東村、粟国村、久米島町、渡名喜村、伊平屋村、伊是名村、座間味村、渡嘉敷村)

その後に、麗々しくも、万が一カタログ有効期間中に市町村合併の対象になった場合は上記を旧呼称として参照頂き、配送の可・不可について変更の可能性がありますのでその都度お問い合わせ下さいとかいてある。三百代言のような漏れのない鉄面皮の注釈がついている。

ユニバーサルなサービスをやめさせて、こうした市場原理主義の拝金商法があたかも良いことのように考えて、一君万民の分け隔てのない日本を破壊しようとする勢力が力を取り戻しつつあるようだ。このカタログの「離島不可」というサービスの暴力は、氷山の一角にすぎないだろうし、今度の国会でも郵政民営化の見直しや、他の市場原理主義の政策の改廃がすっかり停滞しているが、拝金主義の破綻を糊塗しようとする強欲勢力がまだまだ暗躍していることを透かして見せるようなカタログである。むしろ、市場原理主義は破綻して、世界の潮流はその修復に向かっている。時代遅れのカタログに「拝金の市場原理主義不可」とのラベルをデザインして貼り付けたいところだ。

An Monument Underground

The Return of Keynes

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク