構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Bill Richardson goes to North Korea | トップページ | Sweet Freedom »

Korean Peninsula

Fccj_a_meeting Gavan McCormack,
Emeritus Professor, The Australian National University
Hideshi Takesada,
Professor & Executive Director, The National Institute of Defense Studies
Haruki Wada
Professor Emeritus, The University of Tokyo

attended a luncheon speech held at the Foreign Correspondents Club Tokyo on December 15th.

The background of the holding the session is described as follows:

Last month the two sides of the Korean Peninsula came closer to full-scale conflict than at any time since the 1953 armistice that ended the war between them. Although both sides have pulled back from the brink, they remain in a state of hair-trigger tension amid florid saber rattling by Pyongyang and warnings from Seoul that it has reached the end of its patience.

The latest crisis was sparked by the shelling of the southern island Yeonpyeong, Pyongyang says the shelling – aimed at a military base – was provoked by military exercises on the southern side. Undeterred, Seoul plans more drills in the area.

The international media has concluded that the spat was another sign of the growing irrationality of the North's crumbling regime, but is that the only side to the story? The disputed Northern Limit Line, where this and several other clashes have taken place, was unilaterally drawn up by the Americans and has never been accepted by Pyongyang because it hugs the coast line of North Korea rather than continuing westerly along the 38th parallel. Pyongyang maintains it merely wants this dispute settled and a non-aggression pact from the United States.
 
興味深い議論であったが、

オーストラリア国立大学のマコーマック教授http://japanfocus.org/-Gavan-McCormackは、Japan Focusに既に色々な意見を表明している。北朝鮮は、一貫して戦争状態にあって、米国との不戦を確認しない限り解決は困難では無いかと指摘していた。http://japanfocus.org/-Wada-Haruki/3458

武貞秀士、防衛研究所統括研究官は、http://www.nids.go.jp/research/profile/anzen/03-takesada.htmlスライドを示しながら英語で説明したが、英語がなかなかわかりにくくむしろ日本語で通訳を使用した方が明快であったと思われることは残念である。私見であることを再三にわたって強調していたが、こうした会合ではむしろ誤解を招きかねない。北方の限界線を北朝鮮もこれまで認めてきたと解説は、重要な指摘である。

和田教授は、http://japanfocus.org/-Wada-Haruki北朝鮮の砲撃は、島の居住地区にも着弾するものであり、従来の抑制した反撃の範ちゅうを超えているのではないかと指摘した。また、北朝鮮の核兵器戦略を解説した。朝鮮半島の安定の為に日本が仲介の一歩を踏み出すべきではないのかとの意見があった。

|

« Bill Richardson goes to North Korea | トップページ | Sweet Freedom »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50319051

この記事へのトラックバック一覧です: Korean Peninsula:

« Bill Richardson goes to North Korea | トップページ | Sweet Freedom »