構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Kuroshio 40 | トップページ | Structural Destruction »

Kuroshio Culture and Tradition

月に2回ずつ黒潮文明について書きためている.

いよいよ40回目の文章を加える。正月は休みだから、次の掲載は一月中旬になる。

ハマユウを題にした。黒潮の流れに、世界に広がっている植物である。日本の列島は、黒潮に乗ってかすめるだけだが、例えば、伊勢志摩と済州島との交流をはっきりとさせている植物である。今回は、私事の要素が加わっているので、筆がなかなか進まなかった。参考文献にした、中西弘樹著「海から来た植物」(2008年、八坂書房)には、大いに助けてもらった。感謝する。それにしても、日本には、色々なことを考えている人がいるものだ。ハマユウの艶やかな花は、黒潮の女の強さと、歌を生む力を象徴しているようだ。ネットに、田中一村の絵が、ハンカチのデザインとなって掲載されていたので、それを挿絵にしている。赤い方の花は、ひぎりと言う名前の植物だそうだ。

 これまで、書いた黒潮文明論が、リンクも飛び飛びになり、書いた本人すらどこに文章が残っているのか判らない位になったので、いちいち検索するのも面倒であるから、整理して下記にまとめて掲示するようにした。

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-1.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-2.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/kuroshio-3.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-4.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/kuroshio-5.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-6.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/kuroshio-7.html

⑧ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-8.html

⑨ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/kuroshio-9.html

⑩ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-10.html

⑪ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/kuroshio-11.html

⑫ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/kuroshio-12.html

⑬ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-13.html

http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/kuroshio-14.html

⑮  http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-15.html

⑯ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/kuroshio-16.html

⑰ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-17.html

⑱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/kuroshio-18.html

⑲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-19.html

⑳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/kuroshio-20.html

㉑ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/kuroshio-21.html

㉒ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-22.html

㉓ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/kuroshio-23.html

㉔ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-24.html

㉕ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/kuroshio-25.html

㉖ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-26.html

㉗ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/kuroshio-27.html 

㉘ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-28.html

㉙ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/kuroshio-29.html

㉚ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-30.html

㉛ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/kuroshio-31.html

㉜ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/kuroshio-32.html

㉝ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-33.html

㉞ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/kuroshio-34.html

㉟ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-35.html

㊱ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/kuroshio-36.html

㊲ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/kuroshio-37.html

㊳ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/kuroshio-38.html

㊴ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/kuroshio-39.html

㊵ http://tokyonotes.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/kuroshio-40.html

 黒潮の流れに着想を得た、民族文化論を目指している。学者の検証ではない。黒潮が洗う島々の岸辺の人々の生活について、過去、現在、未来と想像しながら、自由奔放にと心得ている。ささやかではあるが、 しかし確固として揺るぎのない共同幻想の一端を担いたい、神がかりになっても、害を与えない話であるから、どこからも指図をうけることはしないが、科学的な探求心を基本に据えて書きたいとの気持ちはある。センチメンタルな回顧談であるとか、事大主義的な、文化優越論ではない。むしろ、黒潮文明の広がりは想像以上に大きく、その中での民族文化論であるから、必然的に謙遜になり、自らを客観的な観察の対象とする皮肉も併せ持っている。

さて、コメントをお寄せ頂ければ幸いだ。ただ、誹謗中傷は、黒潮の民とは無縁であるから、厳にお断りする。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« Kuroshio 40 | トップページ | Structural Destruction »

コメント

連載40回の節目おめでとうございます。
お疲れさまです、というところでしょうか。
毎回連載の方を楽しみにしております。

ハマユウが黒潮の流れで温暖なアジアに分布するのは日本人の歴史でもあり、花とともに交流したであろう人や唄の交流を感じられます。
伊勢志摩から済州島までにわたる花の分布。
ハマユウが宮崎の県花であることを不勉強ながら初めて知ることができました。

体調の方も回復されてこられたのでしょうか。
これからもますます鋭い言論、母なる黒潮の文明論楽しみにしております。

ハマユウ -Wikipedia-
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%82%A6

投稿: syomu | 2010年12月18日 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50311663

この記事へのトラックバック一覧です: Kuroshio Culture and Tradition:

« Kuroshio 40 | トップページ | Structural Destruction »