構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« A half million views | トップページ | Takenaka Heizo and Criminal Prosecution »

Suzuki Muneo and Justice

12月6日に共同通信との単独インタビューの記事がなんと広島の中国新聞社が掲載していた。ご参考まで。

「消費期限はまだ残っている」 収監前に鈴木氏 '10/12/6

 収監される新党大地の代表

鈴木宗男

すずき・むねお

元衆院議員は6日までに共同通信の単独インタビューに応じ、検察捜査への強い危機感などを語った。

 ―収監前の心境は。

 真実が明らかにならず、何とも言えぬ悔しさと無念さがある。「鈴木ありき」の事件だった。検察の暴走、青年将校化は、民主主義の危機だと感じている。

 ―特捜捜査の問題は。

 検事は司法試験に合格し勉強しているから自分でストーリー、シナリオをつくり、それに合わせて関係者を脅し誘導して都合の良い調書を取る。私の事件でも「家族に捜査が及びますよ」と脅された人がいた。

冤罪

えんざい

をなくすため、特捜事件は可視化すべきだ。

 ―事件当時、外務省の極秘公電漏えいの見返りとして主任分析官だった

佐藤優

さとう・まさる

氏に飲食代を提供したとの疑惑も出た。

 見返りに飲食代を渡したことはない。検察は(佐藤氏への)贈賄容疑で捜査したが、事件にならなかった。佐藤氏は(当時の)事務次官に言われて公電を持ってきただけだ。ただ、歴代総理は私を経由して佐藤氏に日ロ外交のため、内閣官房機密費を渡していた。

 ―刑期終了後も5年間は選挙に出られない。

 逆に自由に動ける面もある。北方領土問題はライフワークで、与えられた環境で死ぬまでやっていきたい。

 ―日ロ外交の打開策は。

 まず2島返還を認めてもらい、残り2島も話し合いのテーブルに着かせればいい。現実的にやっていくしかない。決断できるのは強いトップリーダー。それは小沢一郎民主党元代表だ。

 ―今後の活動は。

 逮捕され天国から地獄に落ちた。がんも患った。もう権力闘争はいらない。私の役目は権力に打ちのめされた人に「負けるな、生きていればいいことがある」と発信すること。賞味期限は終わったかもしれないが、消費期限はまだ残っている。あきらめない。これからも闘っていく。

|

« A half million views | トップページ | Takenaka Heizo and Criminal Prosecution »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50336121

この記事へのトラックバック一覧です: Suzuki Muneo and Justice:

« A half million views | トップページ | Takenaka Heizo and Criminal Prosecution »