構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« A New Homepages | トップページ | The Craft Beer in Japan »

An old-growth Norwegian Wood

村上春樹の小説、ノルウェーの森が映画化された。監督は、ベトナム系のフランス人である、トラン・アン・フン(Tran Anh Hung)監督である。ノルウェーの森を映画化しようと、もう十五年前には心に決めていたという。小説自体が出版されたのが、1987年のことであったから、出版されてから、七年が経ってフランス語に翻訳されて、その小説のあらすじに魅力を感じて映画化を決意したという。が、原作者の同意を得られずに時間が経ったが、昨年九月のベニス国際映画祭で、発表された。

ノルウェーの森の小説は行間に本が著者と読者とを結びつける魅力が隠されていると述べている。映画監督としては、どちらかと言うと長い文章が好みで、映画の場合には、短い文章に当たるのが、リズムを中心とする音楽を入れて、長い文章に相当する場面では、メロディーを重視することになると言う。

ノルウェーの森は、もちろん、ビートルズの音楽から、小説の題にしたものであるから、音楽がどう表現されているのか興味深い。

|

« A New Homepages | トップページ | The Craft Beer in Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50665604

この記事へのトラックバック一覧です: An old-growth Norwegian Wood:

« A New Homepages | トップページ | The Craft Beer in Japan »