構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Shock Doctrine with Japanese subtitels 3 | トップページ | Mrs Kan Naoto, FCCJ Press Conference »

Communism and Violence in China

西欧思想としての共産主義が中国に入り込み、文化と伝統を破壊していった血塗られた歴史を忘れてはならない。日本における近年の市場原理主義も、そうした西欧の亜流の暴力的な全体主義の経済思想が、紛れ込んでいることは間違いない。誰が作ったかはわからないが、日本語、英語、中国語で、中国共産党の歴史を批判的に解説する動画像がYouTubeに掲載されている。今年の旧正月は二月三日であるが、その春節を前に、一度見て勉強することも、寒い冬をやり過ごす時間の使い方かも知れない。ノーベル平和賞の受賞者は獄中にある。日本でも何人かの政治犯が、獄中にあることは皆様ご存じの通りである。

動画像はリストになっているので、順番にご覧になっては如何だろうか。

http://www.youtube.com/view_play_list?p=12301B79A3D4EF63

|

« Shock Doctrine with Japanese subtitels 3 | トップページ | Mrs Kan Naoto, FCCJ Press Conference »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50581660

この記事へのトラックバック一覧です: Communism and Violence in China:

« Shock Doctrine with Japanese subtitels 3 | トップページ | Mrs Kan Naoto, FCCJ Press Conference »