構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Freedom of Expression and Critical Heritage | トップページ | Ozawa Ichiro »

Free Mr Nakatsukasa, former Mayor of Hirakata city

中司宏前枚方市長を巻き込んだ事件は、冤罪である。

http://nakatsukashiennokai.web.fc2.com/

上記の支援する会の文章の一部を引用する。

中司宏(なかつかひろし)前枚方市長は無実です。

平成19 年に大阪・枚方市で起きた談合事件は冤罪です。中司宏前枚方市長は裁判で一貫して無罪を訴え、現在、上告審を闘っています。
中司宏前市長と同じく談合罪に問われた小堀隆恒前副市長は無罪が確定し、冤罪事件であったことが証明されました。
大阪地検特捜部が無理やりでっち上げた「中司が小堀に談合を指示した官製談合」とのストーリーは完全に崩れたのです。
裁判では、大林組から中司氏への金銭の授受や接待、選挙応援などの見返りは一切なく、いわゆる官製談合ではなかったことや、中司前市長が就任以来、むしろ積極的に談合防止に努めてきたことなどが認められました。
また、取り調べた検事が長時間にわたって恫喝や脅迫を行い、執拗に調書への署名を迫ったことも明らかになりました。この検事は法廷で、取り調べでは大きな声さえ出していないと嘘の証言をし、最高検通知で一定期間保管しておくべきとされている取り調べのメモも破棄しているのです。
しかしながら高裁は、中司氏が談合防止に努めてきたにもかかわらず、談合を容認したと推認できる、との重大な事実誤認を犯して不当にも控訴を棄却しました。
これについて小堀氏は「中司前市長から談合の指示など何も受けていない。不当な判決で残念だ」とコメントしています。」

|

« Freedom of Expression and Critical Heritage | トップページ | Ozawa Ichiro »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50703759

この記事へのトラックバック一覧です: Free Mr Nakatsukasa, former Mayor of Hirakata city:

« Freedom of Expression and Critical Heritage | トップページ | Ozawa Ichiro »