構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« True Nature of Life | トップページ | Villains should be summoned »

Japan at its Zenith

2011_0117_191205cimg0076

There was a dinner at the Foreing Correspondents Club of Japan at Yurakucho, Tokyo、 with the author of the book, "Imperial Japan at its Zenith: the wartime celebration of the Empire'sw 2600th anniversary.". The  book was  published by the Cornell Unviersity Press, and now  is translated into Japanese and published under the title "紀元二千六百年(1940年):消費と観光のナショナリズム”.

(その本にご関心の向きの為に、当方ブログ参考図書館、と言っても左の欄のアマゾンへのリンクでしかないが、そこに掲示した。)

Author is Mr. Kenneth J. Ruoff, Professor of History and Director of the Center for Japanese Studies, Portland State University.

FCCJ Homepage introduced the event at its address: http://www.fccj.or.jp/node/6311

"Understanding Japan's Imperial House:
The Concept of the Unbroken Imperial Bloodline"(bansei ikkei).

Japan's imperial family prides itself on being the world's longest continually existing monarchy. According to "The Chronicles of Japan" (Nihon Shoki) its lineage can be traced back to 660 BC with the accession of Emperor Jimmu. Emperor Akihito is recognized as the 125th monarch, but holds no political power following the revision of the Imperial Household Law in 1947.

Historians have neglected to feature the period just before Japan's surrender. A mass, nationalistic celebration of the 2600th anniversary of the Japanese monarchy was staged throughout 1940. It was designed to boost nationalism and devotion to the emperor, and to support imperial expansion. Kenneth Ruoff, an authority on Japanese modern monarchy, examines that period, Japan's invention of its national history, and the complex relationship between the homeland and colonies in his new book.

His first book "The People's Emperor: Democracy and the Japanese Monarchy, 1945-1995" (Harvard, 2001), was awarded the Osaragi Jiro Prize, regarded the Japanese equivalent to the Pulitzer Prize. Its English and Japanese editions sold 20,000 copies.

Ruoff, Professor of History and Director of The Center for Japanese Studies, Portland State University, will visit the club to speak on this little-known Japanese version of the Nuremberg Rally, and is willing to share his thoughts on other issues related to the Imperial Family.

紀元二千六百年の行事のことを研究していることの意味合いはなにか、太平洋戦争に引きずり込まれていく日本のナショナリズムの高揚について考えるよい機会であった。著者の言うように、ドイツのニュルンベルグのヒトラーの集会と同じようなものであったのか、あるいは、二千六百年の皇紀がインドネシアの独立文書に使われている意味合いが何なのか、色々と考えさせる。当方ブログの筆者は、数年前に宮崎の友人のつてで、今は平和台公園と名前が変わっている八紘一宇の塔を訪れた事があるが、それほどの壮大な塔ではなかった。在外の日本人が石や瓦や建築材料を寄進しているが、質素なものである。柏手を打つと焦点にこだまが帰ってくる物珍しい趣向があったくらいであるが、ともあれ、壮大なものではない。当時の列強の建造物からすれば、誠にささやかなものであった。ニューヨークのエンパイアステートビルは一年で国威発揚の為に建てたのではなかったのか。景気対策で、ロックフェラーの資金で、国際連合ビルも戦争の後を見通して建てさせたのではなかったのか。日本には、褒め殺しとの表現があるが、日本が一番になったとほめられてその気になったら、貿易摩擦で散々叩かれたことがあったが、その手法が採用されていたのかも知れない。2600年祭の大集会にしても、どんどん押し込まれてやむにやまれぬように仕掛けられていった形跡はないだろうか、TPPなどの大戦略に日本が又巻き込まれようとしているときに、日本の側でも、紀元2600年祭について考究することは、国益を貫徹して、国体の本義を守り抜く為にも重要であり、過去の話ではなく、文字通り現代の対処策である。

|

« True Nature of Life | トップページ | Villains should be summoned »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50691112

この記事へのトラックバック一覧です: Japan at its Zenith:

« True Nature of Life | トップページ | Villains should be summoned »