構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Liberate the totalitarian press club! | トップページ | Economic Hitman »

Political Traps excavated

http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/181908865.html

以下は引用である。当方ブログは、小沢議員を支持も反対もしないが、意図的で事実に反する報道が繰り返されている日本のマスコミの状況は国益に反すると考えられる。いよいよ、陸山事件は、でっち上げの冤罪であることが濃厚になってきた。記者クラブメディアが、総懺悔をしなければならなくなる自体も想定されるようになってきた。自白強要の調書主義もあえなく崩落しつつある。いずれにしても、法の支配が貫徹されなければならず、でっち上げの連中も法の下で、前田検事同様に裁かれなければならない事態も、相当区内時期に訪れるのかも知れない。本当に、大日本は神の国である。

[検察審査会の闇を追及し続ける森ゆうこ議員が、意図的な「反小沢」報道を繰り返す記者クラブメディアを一喝した。21日、国会内で行われた党運営に関する記者会見での一幕だ。

 東京地検特捜部は、陸山会の土地購入をめぐって政治資金規正法違反で大久保隆規元秘書を起訴したものの供述調書を取り下げた。石川知裕議員が検察による自白強要を録音したICレコーダーの記録は証拠採用されることが決まった。検察側の公判維持は困難を極めるだろう。

 西松事件は検察が訴因を変更し裁判そのものが消滅している。小沢一郎元代表をめぐる疑惑は冤罪の色が極めて濃いのである。

 にもかかわらず新聞・テレビは事件発生当初から「小沢真っ黒」とばかりに囃し立てた。検察リークによる虚報を垂れ流したのである。

 森議員は「西松事件の裁判はもうありません。陸山会事件は冤罪です」としたうえで「(社名を挙げながら)マスコミは虚報・誤報の経緯を明らかにし、謝罪して頂きたい」。
 森議員がよく通る声で話すと会場は水を打ったように静まりかえった。30人近くいた記者クラブメディアの記者たちは沈黙するしかなかった。「不都合な真実」を突きつけられたためダンマリを決め込んだと言った方が正確だろう。

 「小沢事件」とは既得権益を同じくする記者クラブメディアと検察が仕込んだデッチあげなのである]

|

« Liberate the totalitarian press club! | トップページ | Economic Hitman »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50668642

この記事へのトラックバック一覧です: Political Traps excavated:

« Liberate the totalitarian press club! | トップページ | Economic Hitman »