構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Mrs Kan Naoto, FCCJ Press Conference | トップページ | Joseph Hardy Neesima »

Tall buildings around the Palace

皇居前広場を散歩した。パレスホテルが改築中である。その他大手町にも高層ビルが林立して、しかもまだ建設中のビルもある。占領軍司令部のあった第一生命ビルも高層化した。その隣のビルも外資ホテルの専用となっている。高層化したビルの窓は、皇居側を目隠しする慎ましさを求める規制が必要であると思うがどうだろうか。丸の内の通りなどは、国際金融資本や外国のブランドもののショーウィンドーが軒をつらねる横柄な俗物のきらびやかな通りになって、ビルもいつのまにか、品のない建築物が増えたように見える。歴史的な建造物もどんどん壊してしまったのだろうか。東京駅前の東京中央郵便局も改築中であるが、その外国人の設計者のデザインも、東京駅の気品を台無しにしやしないかと気になるところである。カンザスシティの施設の屋根の抜けた事件があった前歴のある設計者だと聞く。それから、皇居の中を宮殿の動静をのぞき見させるような高層ビルの設計を野放しにするのが、許されてはいけない。容積率緩和の副作用になるのは頂けない。帝国劇場も、東京會舘もスカイラインの右側に陣取っていて、それなりの景観を保っているのはうれしいことである。

2011_0113_153837cimg0063 2011_0113_153847cimg0064

2011_0113_154044cimg0065

2011_0113_154834cimg0069

2011_0113_154233cimg0067

|

« Mrs Kan Naoto, FCCJ Press Conference | トップページ | Joseph Hardy Neesima »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50586950

この記事へのトラックバック一覧です: Tall buildings around the Palace:

« Mrs Kan Naoto, FCCJ Press Conference | トップページ | Joseph Hardy Neesima »