構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Media is watching you. | トップページ | Air Force »

National Day

建国記念の日だ。東京は雪。屋根瓦が白くなっている。

政治の混沌が続いている。外国勢力も、リーマンの破綻でおとなしくなっていたが、またぞろ暗躍している気配だ。その最たるものが、民主党の菅内閣だ。国民の政権交代に寄せた期待を完全に裏切り、小泉・竹中政治以上の新自由主義の政策を実行しようとしている。郵政民営化などの見直しはどこかに置き忘られて、郵政の経営はどんどん悪化しているが、私物化の手先をした残党が羽振り良く居残っている。烏天狗は失せろ。財政は根拠のない赤字財政論が巾を効かして、緊縮財政で官僚支配となり、日本を経済的に破壊する政策が、まことしやかに実行されようとしている。自民党にいた政治家が民主党の内閣に入り込むなど茶番としか言いようがなく、さらには、例の長期信用銀行事件で、立法をせずに、瑕疵担保付の資本をハゲタカ外資にまんまとさらわれた時の愚鈍な元閣僚を重要ポストにつけるなど、見境のない外国追従の迎合が行われている。極めつきは、TPPと言われる、誰も知らなかった日本破壊の協定の話が横行しだしたことだ。

陰謀は続くはずはない。「大日本は神の国なり」と喝破する北畠親房の神皇正統記の書き出しが聞こえてくるかのようである。

畏友、山崎行太郎氏が、菅内閣の八百長について書いている。http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20110211/1297414234

マスコミも同罪で、政治の欠陥を隠すために、事件を針小棒大に仕立てて、新聞・テレビと騒ぎ立てて、物事の本質を隠している。すっかり、意見が報道されなくなった。エジプトの反乱を北京では報道していないようだが、日本もそれほどまでにはなっていないにしても、相当劣化して不自由な国になりつつある。マスコミは、外国情勢の報道・分析の使命を放棄したのではないか。たわいもない井戸端会議を番組に仕立て上げて、お茶を濁して多額の広告収入を得るという不当な商売に手を染めてきているのではないか。

建国記念の日であるから、日本が多元的な国であることを改めて心に留め置く必要がある。権力者は征夷大将軍の地位すらあれ、権威にひれ伏すことがその役割である。大日本の特徴である。日本国王にならないかとの外国の帝国の誘惑は悉く破滅の道を辿っている。

今日は雪だが、日は一日ごとに春に向かう。冬来たりなば春遠からじ。支那のように日本には易姓革命の思想はないが、それでも、人は天誅を下さずとも、その如月の望の頃と考えるようになる人士が出てくる。売国の政権は、3月の節句の頃まで持たないだろうと当方ブログなどは楽観的に考えているが、読者諸兄はどう見ているのだろうか。

当方ブログは、降り積む雪の静けさの中で、国体の本義について静かに思いを凝らし、悠久の伝統に対する尊敬を新たにして、世界の中で、日本の自立・自尊と国家の革新を画策する日として、建国記念日を祝いたいと思う。

|

« Media is watching you. | トップページ | Air Force »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/50839559

この記事へのトラックバック一覧です: National Day:

« Media is watching you. | トップページ | Air Force »