構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Saving the Sun from the assault of TPP | トップページ | Japan spoiled by the Arrogant Master »

Save Niigata

3月13日(日)新潟で、中国領事館の移転問題についてデモがある。

下記は、主催者からの情報である。ご参考まで。

【新潟:中国領事館移転問題抗議デモ】
日時 3/13(日)
集合場所:新潟市石宮公園(新潟駅万代口)
時間11:30 開始である。 
主催は、「日本侵略を許さない国民の会」で、新潟市が、万代小学校跡地(約1万5000平方メートル)を中国総領事館に売却しようとしていることに反対する集会である。万代小学校跡地売却に反対する署名を募集している。署名用紙は、http://bit.ly/edMsbd 

■経緯
一昨年、中国共産党政府は沖縄に中国総領事館を作ろうとしておりましたが、「総領事館に中国軍関係者や情報機関の人間が常駐すれば、米軍や尖閣諸島を監視する前線基地になる懸念が生じる」(平成21年3月3日読売新聞)として日本政府はこれを断り、その後、新潟への設置案が浮上して、その後、昨年6月万代島ビル内に在新潟中国総領事館が出来る(同ビルには、韓国・ロシアの総領事館もある)。 昨年8月中旬、3~5年の内に自己所有の総領事館の建設を計画しているため、旧万代小学校跡地(約5000坪、東京にある総領事館よりも大きい)の購入を希望する旨、中国側から新潟市に依頼。
中国総領事館は新しい領事館が完成するまで、中央区西大畑の建物を借り上げた。昨年10月15日の西大畑の住民説明会では「60対0」の圧倒的多数で住民は「移転反対」であったにも拘らず、それを無視して10月22日頃に移転を開始し、10月25日頃に完了。 昨年10月末、「中国領事館問題を考える市民の会」が万代小学校跡地売却に反対する署名の募集を開始。昨年12月、万代小跡地売却の熟慮求める請願が1万4227人分の署名とともに新潟市議会へ提出される。(この請願は採択されず、現在、継続審議となっている)
市役所や市議の自宅に売却に反対する電話やファクスが相次いだ事により、篠田昭新潟市長は一旦、土地売却を凍結するも、昨年12月定例会終了後の会見で、「中国に売却する方向で動きたいと思っている。」と述べ、土地売却の方針に変わりはない考えを示す。

■問題点
領事館は当然、治外法権(特定の外国人が滞在国の法律や裁判権の適用を免れる特権)です。新潟市の中心にある広大な土地が、新潟市民が自由に入ることさえ出来ない治外法権となります。尖閣諸島の追突事件後の中国の対応、現在獄中の中国の民主活動家・劉暁波氏が授与したノーベル平和賞に対しノルウェー政府に取った強硬な報復の態度を見た時、わが国とはまったく違う国際ルールを無視した価値観や国家観を中国共産党政府は持っていることが判ります。 政府・党・軍・財閥・政治警察・武装警察」が一つにまとまった全体主義国家の中国の領事館を、新潟市の中心地に5000坪もの広さで置くことが適切なのでしょうか。中国は「善人の国」ですか。いいえ「全体主義の国」です。外国からの要望には最大限努力し、住民の不安や心配や圧倒的反対を無視するようでは、何のための市政なのか分かりません。旧万代小学校跡地の中国総領事館への 売却反対!


新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題(Wikipedia)
http://p.tl/JMkH 

在新潟中国総領事館移転問題 まとめ @ ウィキ
http://www43.atwiki.jp/niigataccp 

産経新聞の記事
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110118/crm11011808530108-n3.htm

|

« Saving the Sun from the assault of TPP | トップページ | Japan spoiled by the Arrogant Master »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/51077723

この記事へのトラックバック一覧です: Save Niigata:

« Saving the Sun from the assault of TPP | トップページ | Japan spoiled by the Arrogant Master »