構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Diet Session | トップページ | Kamei Shizuka »

Radiation and Health

福島原発の暴走で、放射能の拡散が問題になっている。見えないものに対処するには、計測をして、その見えないものの輪郭や規模を捉えることが重要である。しかも、科学的な対処をすることが大切で、感情論に陥ってはならない。感情的な楽観論と同様に悲観論も行けない。恐怖に囚われると人間は金縛りに遭って,理性的な行動を取ることが出来なくなる。市場原理主義は、これまでの動きを見ると、恐怖を与えて,社会の行動を身動きとれないようにする。当方ブログの読者はもうご理解を得たものと思うが、ショックドクトリンと呼ばれる人間の理性を麻痺させ,萎縮させるやり方が、戦争の開始や、こうした災害の後でマスコミなどを動員して,採用されて歴史の一端となったことをご理解のことと思う。

最近、信頼出来る知人から、低レベルの放射線の有用性についての論文を送ってきてもらった。ご関心の向きは、是非、ご一読を願いたい。

「電離放射線(以下放射線とする)にはホルミシスの性質がある。ホルミシスという概念は、メディアにも政府にも一般的に理解されていないのだが、少量なら有益である一方大量では有害、というものである。このような効果は約40種の必須栄養素、全ての薬品、及び他の大多数の物質において生じることが知られている。慢性、急性いずれの放射線被曝にもホルミシスが見られる。」

「radiation_ane_effects.pdf」をダウンロード

「radio_active_waste_and_health_promotion.pdf」をダウンロード

なお、当方ブログは、異論がある学説のようであるし、上記論文を評価する能力を持たないので、ご参考までに紹介することとしたが、科学的な思考が大切であることを改めて強調しておきたい。翻訳の労を執られたうえに、当方ブログに掲載することをご快諾いただいた、上記の知人に感謝する。

|

« Diet Session | トップページ | Kamei Shizuka »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/51951660

この記事へのトラックバック一覧です: Radiation and Health:

« Diet Session | トップページ | Kamei Shizuka »