構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Privatization Conspiracy | トップページ | Discard the Fake Postal Privatization »

Uighur and China's Nuclear Devastation

中国は、ウイグルのロプノールにある核実験場において、46回、総爆発出力22Mt(広島原爆の約1370 発分)の核実験を行ったが、 中国は核実験の被害状況を公表せず、現地調査も許可しないため、被害状況は長い間不明のままであった。

1992年にウイグル人のアザト・アキムベク、ユシュムベク・ムフリーシが世界核被害者大会で被曝の状況を訴え、1998年にはイギリスのチャンネル4が「Death on the Silk road」というウイグルの被曝についてのドキュメンタリーを放送した。さらに2008年、札幌医科大学の高田教授がカザフスタンのデータとRAPS計算式により分析した結果、この実験による死傷者の総計が100万人以上にのぼると推論し、中国共産党の極秘資料によると75万人の死者が出たと言われている。

核実験の中でも「地表核爆発」は、砂礫などの地表物質と混合した核分裂生成核種が大量の砂塵となって周辺および風下へ降下するため、空中核爆発と比べて核災害の範囲が大きくなる。(日本に飛来している黄砂にも放射能が含まれていると言われており、気象庁の研究所などが長期に亘って観測してきている。データの詳細と解説が公表されて然るべきである。)中国はウイグル人居住区で、避難勧告も出さないままに核実験を行った。蛮行である。

土曜日に、東京・横浜の近郊において、日本ウイグル協会の主催で、そのドキュメンタリー「Death on the Silk road」を上映する会合がある。当方ブログの読者でご関心の向きは、参加をおすすめする。場所などの詳細は、次のリンクから日本ウイグル協会に進んで、ご覧下さい。

http://japanuyghur.blog52.fc2.com/blog-entry-57.html

|

« Privatization Conspiracy | トップページ | Discard the Fake Postal Privatization »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/51962526

この記事へのトラックバック一覧です: Uighur and China's Nuclear Devastation:

« Privatization Conspiracy | トップページ | Discard the Fake Postal Privatization »