構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Mahorobajapan 27, 28 and 29 | トップページ | メルパルク大阪 »

Air raid from China

1941年7月23日のことである。下記のリンクは、史実を世界に発信する会の記事へのリンクである。日本本土爆撃案が実行され,日本が真珠湾攻撃に引き込まれていく。ベトナム戦争の時も、トンキン湾事件で、やられたような仕掛けをして大量に反撃する。謀略である。日本は真珠湾を卑怯に攻撃したことになっているが、本当にそうだろうか、そうではない。単に自衛の戦争だったのではないのか。東京裁判とは何なのか。

http://hassin.org/01/opinion/984

「2010年7月8日 木曜日

一、 日米和平交渉が行われていたさなかの、昭和一六年七月二三日、アメリカ大統領ルーズベルトは、陸海軍長官の連名で提出された中国に長距離爆撃機を供与して日本本土爆撃を行う計画案に、OKのサインをした。一二月八日の真珠湾攻撃の五か月前のことである。これは実質的に対日戦の開始を意味しており、日米戦は明らかにアメリカによって開始されたものなのである。対日石油輸出全面禁止が八月一日に行われたのは、従って、アメリカの対日戦争の一環であったことが分かる。

二、 アメリカがフライングタイガーという義勇軍を中国に派遣して実質的に対日攻撃をしていたことはよく知られている。しかし、これはルーズベルトの承認の下、モーゲンソー財務長官が宋子文中国特使との間で合意したアメリカの国家戦略としての対中軍事援助の一環なのである。この計画の具体案の推進はルーズベルトの特別補佐官ロークリン・カリーが担当し、陸軍、海軍を巻き込んで大きな計画に進めていった。一六年五月一五日、ルーズベルトはカリーに書簡を送り、航空機を含む対中支援計画を進めるよう指示しているのである。

三、 かくしてカリーが立てた戦略は「日本本土の工場群を破壊して、弾薬をはじめとする軍需品と経済機構の維持に要する必需品の生産を損なわしめる」目的で、五〇〇機の作戦機(戦闘機三五〇、爆撃機一五〇)を一〇月三一日までに供給するものである。中国の航空基地から長崎、神戸、大阪、東京などとの距離を示す表、B17、ロッキード・ハドソンの攻撃圏内の目標が示されている。勿論フライングタイガーによる大量のパイロットの派遣も含まれており、実質アメリカによる日本本土攻撃である。なおカリーはVENONA文書によって、コミンテルンのスパイであることが確認されていることも付け加えておこう。

四、 カリーの計画は陸海軍合同委員会に提出され、「合同委員会計画JB-355」として承認された。この計画が、陸海軍長官によってルーズベルトに提出され、七月二三日に承認されたということである。したがって、順調に行けば一〇月か、一一月にはアメリカ人(実質米軍)パイロットなどが乗ったB17による日本本土爆撃が行われるはずであった。実際には、ヨーロッパ戦線が急を告げたために、爆撃機がヨーロッパ向けに回さざるを得なくなり、計画が遅れることになった。中国空軍と称するB17の日本本土爆撃が行われなかったのはそのためである。勿論そんなことをしても、目標に到達する前にほとんど撃墜されていただろうが。

五、 事情で実施が遅れたとはいっても、七月二三日、ルーズベルトが日本本土爆撃計画を承認していたという事実は変わらない。日本攻撃を開始したこの日から五ヵ月後の一二月八日、日本は大反撃の攻撃を真珠湾で行った。明らかな自衛権の行使である。日本が侵略者であるなどというのは真っ赤なウソである」

ご参考まで。

他にも戦後に発掘された資料も出ている。これまたご参考まで。http://rationalrevolution.net/war/fdr_provoked_the_japanese_attack.htm

|

« Mahorobajapan 27, 28 and 29 | トップページ | メルパルク大阪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/52286215

この記事へのトラックバック一覧です: Air raid from China:

« Mahorobajapan 27, 28 and 29 | トップページ | メルパルク大阪 »