構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Kuroshio Culture and Tradition | トップページ | Conspiracy Revisited »

Foreign Intervention and Japanese Defence

前仙台市長の 梅原克彦氏による中国の日本に対する「攻勢」について警告する講演の内容である。外国勢力の間接侵略の実態について、前仙台市長時代の経験を含めての講演である。

① http://youtu.be/Ig4GY9YaPmw

梅原市長(当時)が仙台市と台南市と七夕のご縁で交流をしようとしたら圧力がかかった。

② http://youtu.be/d7Dwef60bGA

新潟に領事館開設と中華街建設構想との出来レース。新潟市の市有地の小学校の跡地に目を受けた中国による取得は幸いにして白紙に戻った。

③ http://youtu.be/yQ3PmVo2LUc

佐渡への拠点作りを目論んでいるのではないか。結構けだらけねこはいだらけの文化交流。水彩画家は中国から帰化した人物である。土地は売却されていないらしい。

④ http://youtu.be/MVBfJE9Bz7k

国家公務員共済組合が、売却したとされる,東京の大使館の隣接地。

⑤ http://youtu.be/kmzEl8nN04E

とりあえず凍結になっている。日本中で,中国が土地を漁っている。

⑥ http://youtu.be/AXG0EIEIKOM

毒入り餃子事件の最中の出来事。何が裏にあるのか、利用できる者は何でも利用する。接待攻勢もある。ハニートラップの可能性すらある。

メディアが報道しない実態について講演した。市場原理主義の破壊に対抗しなければならない。外国勢力の破壊工作に断固対峙しなければならない。

|

« Kuroshio Culture and Tradition | トップページ | Conspiracy Revisited »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/52231766

この記事へのトラックバック一覧です: Foreign Intervention and Japanese Defence:

« Kuroshio Culture and Tradition | トップページ | Conspiracy Revisited »