構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« 百寿紅 | トップページ | Postal Services Reform BillーBulletin »

A Candle Light

近くに古道具屋のような店が出来て、そこで、ガラスのランプを200円で買った。蝋燭は、もう何年も,おそらく十年以上前に買ってしまったおいたものがあったので、点けてみた。暑い夏の夜に、暗い夜を照らしている。撮影してYouTubeにアップしたが、音楽だけは、本当のプロの音楽で,なんとモーリスジャールのBGMとなっている。当方ブログのお遊びの動画像であるが、蝋燭、塩、シャボンと,自らをすり減らして、周りを明るく、味付けして、汚れを洗い落とす点では、蝋燭の光はどこかに宗教的な意味合いを感じる。一灯一隅、万灯照国の気概もどこかに感じることが出来る。講釈は別にして、ともあれ、動画像をお楽しみ下さい。左側の紫の生け花は、友人から頂戴したタイからの蘭である。

|

« 百寿紅 | トップページ | Postal Services Reform BillーBulletin »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/52449601

この記事へのトラックバック一覧です: A Candle Light:

« 百寿紅 | トップページ | Postal Services Reform BillーBulletin »