構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Crimes in Life Insurance Policy | トップページ | A Conspiracy and maneuvering by the foreign elements »

Mr Kono Taro spoke at Foreign Correspondents Club

Japanese Government is struggling to contain the crisis at the Fukushima nuclear power plant. It was the LDP, former ruling party, which continuously promoted Japan's nuclear policy. Within the LDP, is one politician, who has consistently stood against his party's long-standing pro-nuclear policy.
Mr Taro Kono , Member of the House of Representatives, Liberal Democratic Party,  48, has spoken out publicly against Japan's insistence on nuclear power generation,especially the notorious nuclear fuel cycle program.
Despite the horrifying accident at Fukushima occured in March after the assault of historic tsunami , however, Kono says his party is not yet ready to abandon its support for nuclear power because too many politicians from his party depend on votes and financial support form giant power companies and their affiliates. In fact , Kono says he has been repeatedly pressured to change his stance in the past , but has been able to maintain his belief because he does not need money nor votes form the nuclear power lobby.

Kono spoke about reasons behind his belief that nuclear policy is not for Japan and the difficulties he faced in the past and also discussed the prospect for LDP's chances to regain control of the Government, while refering to the possible candidacy to the post of LDP President in the party's election during coming years and the reorganization of the political structures as a whole in Japan.

The professional lunceheon was held today on (11:30-13:00) 9th August at Foreign Correspondents Club in Tokyo.

http://youtu.be/Ze5rMLMiBu8

http://youtu.be/L2s_In-he5k

http://youtu.be/0oRtdx0KVi8

http://youtu.be/OWyX-ZTS_zM

Quetion and Answer session followed and some of our readers are interested in the details, please trace other threads of Mr Kono's videos in the Youtube uploaded by the Criticalheritage.

http://youtu.be/UgJ5gIOGpD4

河野太郎議員の講演は、論旨明快で、核燃料のリサイクルが確立していないので、原子力に頼ることはできないとするものであるが、冷戦後の経済政策について、市場原理主義を礼賛するような部分があったことには驚いた。同議員の限界をみたように感じられた。今回の福島原発の暴走の背後には、拝金の市場主義があることに何の疑問も感じていないかのような発言であったからである。河野議員は、冷戦後の自民党の立ち位置について、資本主義と民主主義を軸にする日米協調を強調していたが、当の米国が、市場原理主義に席巻されてしまって日米関係が変質してしまったことに違和感を感じていないようであったのは、残念なことである。

しかし、日本のマスコミの取材のカメラが少なかったことには驚かされた。河野議員の歯に衣を着せぬマスコミ批判があったにせよ、こうした記者会見を、無視して報道しないどころか、カメラマンすら派遣しない。大マスコミが河野議員の主張をボイコットしている実態が如実に現れた会見である。日本のマスコミが電力会社の広報宣伝費に屈して支配され、原発批判の意見を採り上げようとしない実態が浮き彫りとなった外国特派員協会の昼食会の会見もようであった。

時事通信の報道は次の通り。「自民党の河野太郎衆院議員は9日、都内の外国特派員協会で記者会見し、「2050年までに原子力から再生エネルギーに移行させる方針を政治が決め、国民が一丸となって努力すれば、達成できるのではないか」と述べ、「脱原発依存」の長期計画を早急に策定すべきだと強調した。
 河野氏は脱原発の手順として、(1)新規建設中止と老朽化原発の順次廃止(2)エネルギー消費量の4割削減(3)再生可能エネルギーの利用拡大―を挙げた。自民党が原発の稼働を当面維持するとの方針を発表したことに関しては、「電力会社に近い人が決めている。しがらみを断ち、世論をくみ取るべきだ」と厳しく批判した。」 


|

« Postal Crimes in Life Insurance Policy | トップページ | A Conspiracy and maneuvering by the foreign elements »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/52435783

この記事へのトラックバック一覧です: Mr Kono Taro spoke at Foreign Correspondents Club:

« Postal Crimes in Life Insurance Policy | トップページ | A Conspiracy and maneuvering by the foreign elements »