構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« A Healthy Patriotism | トップページ | Light a candle together with bottles and cups on the table »

No Cross Ownership、Media for Democracy

テレビの偏向報道に対する、最近にない大規模なデモが発生しているが、新聞がそれを報道しないという奇妙な状況が発生している。新聞とテレビと言うメディアが、癒着してしまったようだ。日本では、テレビと新聞とが系列化してしまった。

米国でもその議論があり、それについて、最近、ある判決があった。市場原理主義は、規制緩和して,競争を支援する形をとりながら、実際には一部の資本でメディアを支配するという手口をとっているが、連邦通信委員会の規則に対して、裁判所がそれを否決したという報道である。下記のリンクから、ご覧頂きたい。

日本でも、小泉・竹中政治の中で、日本のテレビメディアの規制緩和が行われた。今回のテレビ会社に対する空前の批判の背景が,米国における状況と酷似している。米国では裁判所によって是正が行われているが、日本では残念ながら、その機能は期待できないだけではなく、巨悪を眠らせないはずの検察当局が腐敗した現状ではそれも期待することが出来ない。

新聞社とテレビ局との系列化をもう一度見直して、株の持ち合いや人事の交流などを規制する必要がある。

いずれにしても、日本のマスコミが市場原理主義に支配された惨状をどう回復していくかを考える為の参考になる番組である。他山の石。

http://democracynow.jp/video/20110708-2

|

« A Healthy Patriotism | トップページ | Light a candle together with bottles and cups on the table »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/52539439

この記事へのトラックバック一覧です: No Cross Ownership、Media for Democracy:

« A Healthy Patriotism | トップページ | Light a candle together with bottles and cups on the table »