構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« The Last Samurai | トップページ | Vertical Writng Testing 2 »

Vertical Writing Testing


ブログを縦に書くにはどうしたらいいか、判りませんが,実験をすることにしました。ちゃんと出来ますかどうか判りませんが、試してみることにします。なぜ、そんなことを実験するかというと、祖国とは国語だ、ということで、縦書きをすることが、表記の原則で、読みやすいからとの理由もあります。表札、名刺,賞状、遺言、詩歌、式辞、等は、縦書きにすべきですし、恋文が横書きでは、味気ないことです。タイプライターがない時代には、平仮名にしようという論者が現れたほどの日本語が、コンピュータのおかげで、問題なく、表現できることになりました。横書きの外国製のソフトで、それに併せている向きがありますが、縦書きにもコンピュータの力で出来るはずです。そうすると、日本の文化を守ることにつながります。当方ブログでも,どこかで書きましたが、子供の頃から外国語で洗脳して、日本の文化や伝統を破壊しようとする動きがあります。東京で,子供達が、乳母車に乗せられて、屈強な白人の教師が?ついて英語を使うことを強制して、何かサイボーグをつくるかのような非人間的な光景を見たことがあります。そうした勢力と闘うためにも、日本語の縦書きを守ることが必要です。それだけではなく、目の動きが自然になりますから,健康のためでもあるでしょうか。,以上試しに打ち込みましたが、さて縦書きになるでしょうか。お楽しみに。一太郎のワープロソフトは、もともと縦書きですが、ワードも縦書きにしてほしいものです。当方ブログが知らないだけでしたらごめんなさいです。

出来ました。成功です。一人で拍手しています。

|

« The Last Samurai | トップページ | Vertical Writng Testing 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/52727255

この記事へのトラックバック一覧です: Vertical Writing Testing:

« The Last Samurai | トップページ | Vertical Writng Testing 2 »