構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Vertical Writing Testing | トップページ | Chinese Invasion and Conspiracy »

Vertical Writng Testing 2



 
 数字の0をゼロと読むのは、外国流の読み方ですが、いつの間にか変だとも思わなくなっています。それは、零式艦上戦闘機を、「ゼロ戦(ファイター)」と読んだのは、外国の敵側が、そう名付けたからであって、日本ではレイ式かんじょうせんとうき、と読んでいました。最近の郵政民営化でも、口座のレイをゼロと読ませています。振り込みのコンピュータが、他の銀行で使っていた外国製の中古であったのが原因かも知れませんが、日本語をわざわざ英語にする当たりは、外国勢力の影響が全面に出た、頭隠して尻隠さずの、滑稽な話です。支店を,地名などではなく数字にして、例えば018と言う支店をつくって、ゼロイチハチと読ませるなど、ちぐはぐです。レイイチハチとの読み方では、現金支払機が操作できないようになっています。0を外国語で読むように強制しています。郵政民営化が文化や伝統をないがしろにする杜撰さで、外国の影響下で行われたことをうかがわせるひとつの例です。(例で、令でも、霊異でもありません。)


縦書きの実験をしましたが,いかがでしょうか。コメントをお寄せ頂ければ幸いです。




|

« Vertical Writing Testing | トップページ | Chinese Invasion and Conspiracy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/52727664

この記事へのトラックバック一覧です: Vertical Writng Testing 2:

« Vertical Writing Testing | トップページ | Chinese Invasion and Conspiracy »