構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Political Apathy | トップページ | TPP is against Human Rights »

TPP is a Case for Change of Mind and/or Lying?

あるいは大統領にはなったが、その対抗馬だった、TPPとNAFTAを支持していたヒラリークリントン女史が実質的な大統領になっているのだろうか。これでは、アメリカ国民が、オバマ大統領に激しく失望してしまったことがよくわかる。

日本でも、民主党に期待を寄せて、政権交代があったが、公約を果たさないどころか、小泉・竹中政治よりも市場原理主義の政策が乱発されて、いよいよ政治経済が劣化しているが、どうも、アメリカでも同じことが起きているようだ。

« Political Apathy | トップページ | TPP is against Human Rights »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/53297115

この記事へのトラックバック一覧です: TPP is a Case for Change of Mind and/or Lying?:

« Political Apathy | トップページ | TPP is against Human Rights »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク