構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Political Prisoners in North Korea 2 | トップページ | Defend and Protect National Infrastructure and Resources »

Mary's Boy Child

ベラフォンテのクリスマスの歌である。心に沁みる。「人は、永遠に生きることができる。何故ならクリスマスの日があるから。」と、歌う。実は、当方ブログは、昨夜、とある何百人も集まったパーティーでこの歌を唄った。タキシードを着ていったから、そんな機会があるような感じがして、歌手になったような気分で歌った。場所に不足はなかったし、昨日は、天皇誕生日であったから、日本人はそのためにこそ生きることができると、心を込めた。拍手があって、お褒めをいただいたが、まあ、気合いは入っていた。

Man will live forevermore because of Chiristmas day.

« Political Prisoners in North Korea 2 | トップページ | Defend and Protect National Infrastructure and Resources »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/53559053

この記事へのトラックバック一覧です: Mary's Boy Child:

« Political Prisoners in North Korea 2 | トップページ | Defend and Protect National Infrastructure and Resources »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク