構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 6 | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 8 »

Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 7

アメリカの歴史の全史を通じてもっとも政治家道が失われたのが、ヒトラーがロシアを1941年に攻撃したときに、共産ロシアをを支援して、アメリカとロシアが非公然の同盟関係になったことである。ブリテンを救うにはアメリカの軍事力が必要であるとする考え方は例え誤った理論であったにしても、どこかに消えてしまった。

ロシアを米国が支援すると言うことは、共産主義が世界に広がることであった。

ドイツとロシアの戦争に米国は巻き込まれるべきではなく、平和が持続するという最大のチャンスがあったのであるが、それをルーズベルト大統領は、その機会を無視して捉えることができなかった。

« Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 6 | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 8 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/53737277

この記事へのトラックバック一覧です: Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 7:

« Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 6 | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 8 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク