構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 5 | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 7 »

Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 6

Failure in Watchful Waiting

Six. In the weeks before Lend-Lease and its war powers were forced upon the American people, Roosevelt knew definitely of Hitler's determination to attack Russia, and he informed the Russians of it. He should have turned away form the undeclared war on Germany, confined Lend-Lease to simple aid to Britain by way of finances, to buy munitions, supplies and ships, thus keeing within internaitonla law. Statesmanship at that moment demanded imperiously a plicy of watchful waiting.

ルーズベルト大統領は、ヒトラーがロシアを攻撃することを知っていて、ロシアに情報を提供もしていた。ドイツに対する宣戦布告無き戦争を回避するべきであった。貸与法においても、イギリスに対して、金融の方法で、武器を、そのほかの物資や、船舶を購入するとか、国際法を遵守すべきであった。つまり、政治家道は、その事態のなかで、注意深くじっくり待つ政策をとることが必要であった。

« Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 5 | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/53737110

この記事へのトラックバック一覧です: Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 6:

« Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 5 | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 7 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク