構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Hoover's Magnum Opus | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 12 »

Freedom Betrayed--Lost Statesmabship 11

第11番目のルーズベルトの壮大な過ちは、1943年1月のカサブランカにおいて、無条件降伏を要求したことである。米軍の助言も、チャーチルの助言も聞き入れずに、新聞の一面の見出しを狙った。敵の軍事作戦と宣伝担当の耳に入って、ドイツ、日本、イタリアとの戦争を長引かせた。ところが、実際の戦争の終わりには、日本とイタリアには、譲歩したのである。ナチスをなくさない限り、平和はないしたから、ドイツの和平への希望を失わせただけであった。戦争を苦々しく終えたために、ドイツを再建する構造となるものが失われてしまった。

« Hoover's Magnum Opus | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 12 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/53765988

この記事へのトラックバック一覧です: Freedom Betrayed--Lost Statesmabship 11:

« Hoover's Magnum Opus | トップページ | Freedom Betrayed--Lost Statesmanship 12 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク