構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Freedom Betrayed--An Introduction 2 | トップページ | Unnecessary Privatization »

Freedom Betrayed--An Introduction 3

"Finally, after waiting for close to half a century, we now have Hoover's massive and impassioned  account of American foreign policy from 1933 to the early 1950s. Thanks to the efforts of George H. Nash , there exists an unparalleled picture of Hoover's world view, one long shared by many conservatives. Nash's thorough and perceptive introdution shows why he remains America's leading Hoover scholar." Justus D Doenecke, author of Storm on the Horizon: The Challenge to American Intervention, 1939-1941

"A forcefully argued and well documented alternative to, and critique of, the conventional leberal historical narative of America's road to war and its war aims. Even readers comfortable with the established account will find themselves thinnking that on some points the accepted history should be reconsidered and perhaps revised." John Earl Haynes, author of Spies: The Rise and Fall of the KGB in America

フランクリン・ルーズベルトの時代にホワイトハウスを差配した共産主義者の人脈がどのような政策決定をしたのか興味は尽きない。フランクフルト学派の二段階革命論が実行に移されたとする見方がある。日本を戦争に引きこみ、ドイツに宣戦を布告する、結果として、ソ連を支持する。ソ連に対して、巨額の援助を行ったことは間違いない。ルーズベルトの時代のアメリカは、共産主義を支援する政権であったのだ。フーバー大統領の回顧録の詳細を読んで行くことが必要である。

 

« Freedom Betrayed--An Introduction 2 | トップページ | Unnecessary Privatization »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/53713913

この記事へのトラックバック一覧です: Freedom Betrayed--An Introduction 3:

« Freedom Betrayed--An Introduction 2 | トップページ | Unnecessary Privatization »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク