構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« The Fourth Article | トップページ | End of Arrogance »

Stop TPP

署名をお願いします。外国政府に直接TPP反対を主張します。25000人の参加で、請願が成立します。それにしても、日本を属国化するために参加しようとする日本の民主党政府はおかしな政府ですね。

http://wh.gov/Po5

やり方は、http://notpp.jp/wh.htmlに日本語で書いてあります。

序文

We petition the Obama administration to: STOP 1%-led TPP negotiations and defend the rights of his own people, NOT bankers and corporate America.

(オバマ政権はTPP交渉を止め、銀行家や巨大企業などの富裕層1%のみの利益ではなく、自国の普通の人々の権利を守っていただきたい。)

        本文
TPP (Trans-Pacific Partnership) is a secretive, super free trade pact covering 24 fields including medicine, insurance, finance, investment, labor and government procurement, allowing corporations to exploit ordinary people. This is economic colonization by corporations. This trade pact puts the interests of corporations above that of the citizens of signatory nations. It enables corporations to sue governments if their profits are threatened by government action to protect citizens. If TPPA is introduced, jobs will be lost, the price of medicine and insurance fees will go up, wages will get lower, working conditions will erode, the environment will be degraded, and the gap between the rich and the poor will widen for all member nations! Stop TPPA of 1%, by 1%, for 1%!
TPP:環太平洋協定(環太平洋戦略的経済連携協定)は、交渉内容が秘匿されている、医療・保健・金融・投資・労働および政府公共事業など、24分野に渡る超自由貿易です。これは、大企業があらゆる意味で普通の人々の搾取を可能にすることが前提の条約です。これは大企業による経済的植民化策といえます。 TPPにより、締結国政府の自国民を守るための法律が、もし他国籍企業の利益を損ねるようであれば、他国籍企業は締結国を訴えることができます。 訴えがあると、世界銀行が投資家の利益のみを基準として裁判を行います。 TPP条約が導入された場合、雇用はますます減少し、薬の値段は上がり、保険料も値上がりし、低賃金を余儀なくされ、労働環境も悪化します。環境は破壊され、貧富の格差がますます広がるでしょう。 1%の、1%による、1%のためのTPP条約はやめてください!

« The Fourth Article | トップページ | End of Arrogance »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/54564289

この記事へのトラックバック一覧です: Stop TPP:

« The Fourth Article | トップページ | End of Arrogance »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク